冬の行事 季節の行事

初正月に女の子は羽子板・男の子は破魔矢でお祝いする意味や由来は?

投稿日:

hamaya
「初正月」は、赤ちゃんが生まれてから初めて迎えるお正月のことですが、どのようなことをするのか知っていますか?

初正月をお祝いすることになった由来、また、男の子と女の子の祝い方の違いや内祝いを踏まえてお話しします。

初正月の由来や羽子板・破魔矢の意味

hagoita

初正月とは?

初正月は、赤ちゃんが生まれてきたご家庭で、初めてお正月を迎えることを言います。

医療が現在のように発展していなかった頃には赤ちゃんが成人を迎える年齢まで生きていることが困難だったために、病気や災難から赤ちゃんを守るためお正月を盛大にお祝いしたことが始まりです。

その昔からの風習で、現在は魔除けや厄払いの意味を込めて、身内や親戚でお祝いします。

初正月は何をする?

初正月には、男の子には破魔矢。女の子には羽子板を飾ることが定着しています。

男の子に破魔矢を送る理由は、日本では古くから様々な行事で弓矢をならす事で魔除けの道具として考えられてきました。

江戸時代には、「健やかに、強くたくましく育って欲しい」という祈りと魔除けを願って、初正月に破魔弓や破魔矢を贈る風習が出来たようです。

また、弓は昔から男性が使うとされていたため、初めて迎えるお正月に男の子に贈られます。

女の子が羽子板を送ることの理由は、羽子板の羽根が伝染病を媒介する蚊を食べるトンボに見立てられて、蚊に刺され病気にならないようにという気持ちが込められています。

羽子板にもいくつか種類があり、「道成寺ー末広がり浅妻ー願いが叶う汐汲ー幸せ汲むまり飾りー健やかに美しく藤娘ー良縁を願う」などです。

破魔矢も羽子板も、魔除けや厄除けとした意味合いがあります。

hamaya
破魔矢・破魔弓とは?方角や置き場所など飾り方は?処分方法は?

お正月に神社で授かる「破魔矢」について、どのくらい知っていますか? 男の子が生まれて、初めて迎えるお正月には破魔矢を贈る風習がありますが、それはなぜでしょうか? この記事では、破魔矢の由来や、置き場所 ...

続きを見る

hagoita
羽子板の意味や由来!初正月にどちらの親が買う?飾る場所・時期は?

赤ちゃんが産まれた翌年のお正月は「初正月」となります。 女の子の赤ちゃんだった場合、初正月のお祝いに贈るのは羽子板です。 この記事では、初めての女の赤ちゃんで初正月がよくわからない方に、羽子板はどちら ...

続きを見る

破魔矢や羽子板、誰が買う?お祝い金は?

一般的には母方のご両親から買ってもらうようですが、最近は父方の祖父母や両親が子供のために買ったりと、特に決まりはありません。

また、地方によって独自の風習があるかと思いますので、各自で用意してもいいと思います。

お祝い金に関しては、最近は送る習慣は少なくなっているようですが、孫の場合はお祝い品やお祝い金を送ったりもしますが、甥や姪にはお祝い金を包まないケースも多くなっています。

贈る金額は大体5000円から1万円程度です。

頂いたお祝い金のお返しは、これもかたい決まりはありません。

しかし、祝い金を頂いた場合は令状を添えてお返しをすると良いですね。

頂いたお祝い金の1/3〜1/2を目安にしましょう。

この時、お返しの場合には内祝いとして水引の熨斗をかけて赤ちゃんの名前だけで送ります。

破魔矢・羽子板を飾る時期

頂いた、または自分たちで購入した際に飾る破魔矢と羽子板は、12月13日の正月事始めに飾り始めます。

お飾りは12月31日の一夜飾りや12月29日の苦立てを避けて飾るようにします。

飾りを片付ける時期は、どんど焼きや左義長と言われる火祭りのある1月15日です。

縁起物だからと、1年中飾りたいという人もいるかと思いますが、それでもOKだそうです。

お清めの意味でも、飾る場所をきちんと掃除して飾るようにしましょう。

破魔矢と羽子板の価格帯は?

破魔矢と羽子板は、初正月には欠かせないものだとわかったかと思います。

では、価格はどのくらいなのかいくつかご紹介します。

人形の館 石倉 壁掛け11号

美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院 開運煌彩福亥破魔矢

秀光人形 押切もえデザイン

人形の久月 コンパクトミニ豆羽子板

まとめ

初めて赤ちゃんが迎えるお正月には、男の子なら破魔矢を、女の子なら羽子板を飾り健やかな成長を願って厄除けを!

最近はなかなか破魔矢や羽子板を購入する方は減っているように思います。

しかし、昔からの風習を大切にするのも悪いものではありません。

長く長く続く初正月の歴史を、いつまでも続けていけたらいいなと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.