冬の行事 季節の行事

正月飾りの時期は?いつからいつまで飾る?処分方法・捨て方は?

投稿日:

syougatu
お正月飾りといえば、門松や鏡餅、しめ縄や羽子板、破魔矢などですね。

羽子板と破魔矢はお子様のいるご家庭では飾りますが、そうでない家庭ではなかなか飾る機会がないですので、門松、しめ縄、鏡餅が主ではないでしょうか。

これらのお正月飾りと呼ばれるものは、いつ頃から飾り始めて、いつ頃片付けるのか、曖昧な方もいらっしゃるかと思いますので、今回は、飾る時期と片付ける時期のお話をします。

正月飾りの飾り方や片付ける時期や処分方法・捨て方

syougatu

お正月飾りの飾る時期・片付ける時期は?

門松

kadomatu
玄関先に飾る門松は、唐の時代の中国で、長寿の象徴である松を飾ったことが由来とされています。

天にいる神様(歳神様)が地上に降りて来る際に、門松を玄関先に置くことで、神様の目印となります。

門松は、「私たちの家は、神様を迎え入れる準備万端です!」という意味があります。

飾る時期はクリスマスが終わり28日ごろまでには飾ります。

29日では、29日『二重苦』、『苦が待つ(末)』といい、あまりよくない日とされ、避けられています。

30・31日は大晦日なので、一夜飾りを思わせる、神様に無礼であるとされています。(30日は旧暦の大晦日)

なので、28日までには飾りましょう。

末広がりである8(八)のつく日に飾るのが縁起がよろしいですね。

片付ける時期としては1月7日の松の内の前日の夕方か、翌日7日がよいでしょう。

「縁起物を天に帰す」という意味を持つ「左義長」で焼いて処分するのが良いとされています。

門松に関する詳しい内容は以下の記事をチェック!

kadomatu
門松とは?意味や由来は?赤松(雌松)・黒松(雄松)の置き方は?

お正月、店先や自宅の玄関などに飾られる「門松」は、お正月飾りの中でもドンと存在感がありますよね。 ところで、その門松を飾る意味ってご存知ですか? そして、門松の見た目はいかがでしょうか。 どうして切り ...

続きを見る

しめ縄

simenawa
しめ縄には、「神様を祀るのに、ふさわしい神聖な場所です」という意味があります。

しめ縄にはいくつか種類があり、牛蒡注連(ごぼうじめ)や輪飾り、玉飾りがあり、それぞれ飾る場所と意味合いが違ってきますので、自分に合ったものを飾ってください。

飾る時期は、12月28日〜1月7日です。

取り外しは、1月7日で1月15日の『どんど焼き』で焼き納めしてもらいましょう。

しめ縄に関する詳しい内容は以下の記事をチェック!

simenawa
しめ縄の意味とは?玄関・神棚への飾り方や種類は?処分方法は?

お正月が近づく年末ごろには、スーパーなどで注連縄(しめなわ)を多く見かけますね。 ご自宅、または勤務先などにも飾りますね。 新年に、いろんなところで見かける注連縄ですが、どのような意味を持つかご存知で ...

続きを見る

鏡餅

kagamimoti
鏡餅は、鏡と関係があります。

昔から鏡に神様が宿ると言い伝えられているため、神事に欠かせない道具として使われてきました。

太古の鏡は鏡餅のように暑くて丸い形をしていたことから、お正月に神様が地上に降りて来る際の神様の居場所として、鏡の代わりに形がよく似ている鏡餅が用いられるようになったのです。

この鏡餅は、12月13日〜28日に飾るのが良いとされており、28日は末広がりの8がついている事から縁起が良いとされています。

そして、1月11日に下げ、家族揃って食べると良いと言われています。

鏡餅・鏡開きに関する詳しい内容は以下の記事をチェック!

kagamimoti
鏡餅の飾り方や飾る場所は?みかんや干し柿など飾り物の意味や由来は?

みかんと餅を重ねた姿が特徴的な”鏡餅”は、お正月飾りの定番です。 そんなお正月に欠かせないのが鏡餅ですが、みなさんはどのような飾り方をしていますか? 飾り方や飾る場所、また、裏白などにも意味があります ...

続きを見る

kagamimoti
鏡開きの日とはいつ?意味や由来は?やり方は?残ったお餅の活用法は?

お正月にお供えする「鏡餅」ですが、どのような意味があってお供えしているのか、ご存知ですか? そして、いつまでお供えする必要があるのでしょうか? また、お供えしていた鏡餅を下げることを「鏡開き」といいま ...

続きを見る

羽子板

hagoita
羽子板は、女の子の生まれたご家庭に贈る風習があります。

羽子板は、7世紀ごろ、宮中で行われていた毬杖(ぎちょう)遊びが起源です。

室町時代には、羽根つき用と飾り用とに分けられます。

絵柄は、道成寺・浅妻・汐汲・まり飾り・藤娘などがあり、それぞれ意味も異なります。

飾る時期は、12月中旬、しまう時期は1月15日がよいでしょう。

しかし、初正月の場合は12月中旬〜1月下旬までの長い期間飾っておくのも良いとされています。

縁起物ですので、1年中飾っておきたい方はそれでも良いとされています。

羽子板に関する詳しい内容は以下の記事をチェック!

hagoita
羽子板の意味や由来!初正月にどちらの親が買う?飾る場所・時期は?

赤ちゃんが産まれた翌年のお正月は「初正月」となります。 女の子の赤ちゃんだった場合、初正月のお祝いに贈るのは羽子板です。 この記事では、初めての女の赤ちゃんで初正月がよくわからない方に、羽子板はどちら ...

続きを見る

破魔矢

hamaya
男の子が生まれたご家庭で飾ります。

昔は、お正月に藁縄焼きを丸めて作った破魔を射落して、この年を占うということをしていたようです。

奈良時代には、射礼や大射と呼ばれる儀式が行われるようになり、平安時代には追儺と呼ばれる鬼や悪魔を退治するという意味を込めて行われるようになりました。

的を「ハマ」、矢をハマ矢、弓はハマ弓と呼びます

飾る時期は、12月13日以降であればOKです。

しかし、29・30・31日はお正月前でバタバタ慌しくなっている最中ですので、この時期に準備をすることは神様にも失礼に当たるようなので、避けたほうが無難です。

そして、長くても1月15日までに片付けるのが良いでしょう。

破魔矢に関する詳しい内容は以下の記事をチェック!

hamaya
破魔矢・破魔弓とは?方角や置き場所など飾り方は?処分方法は?

お正月に神社で授かる「破魔矢」について、どのくらい知っていますか? 男の子が生まれて、初めて迎えるお正月には破魔矢を贈る風習がありますが、それはなぜでしょうか? この記事では、破魔矢の由来や、置き場所 ...

続きを見る

まとめ

お正月飾りは、日にちを守るだけではなく、飾る場所もきちんと掃除し、清めてから新しい年を迎えるとより一層気持ちも違います。

しかし、必ずしも絶対この日でなければならない!と、堅苦しく行うことはぜず、各家庭の都合で行っても良いと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.