毛穴・角栓

鼻の角栓は綿棒とオイルで誰でも簡単!キレイ!つるつる毛穴!

更新日:

olive-oil
皮脂の分泌が過剰なTゾーンの毛穴トラブルの悩みは尽きません。

特に、鼻に角栓が詰まった状態=いちご鼻でお悩みの方は多いでしょう。

そんな、鼻に詰まってしまってなかなか取れない角栓を、綿棒とオイルを使った簡単なケアで角栓を除去する方法がよく落ちると人気です。

この記事では、そのやり方とオイルと肌質の相性などについて、まとめていきます。

鼻の角栓を綿棒とオイルを使用した除去方法

woman

角栓をオイルと綿棒で綺麗にする〜準備編〜

美容用オイル

使用するオイルは、しっかりと美容用に精製されたものを使用しましょう。

油は油に溶けやすいという性質を利用したものなので、一般的に用いられるオリーブオイルでなくてもOKです。

一般的にオリーブオイルが用いられる背景には、安価で、台所などにもあって、我々に身近なオイルだからでしょう。

また、油は酸化するため、古いものの使用は避けましょう。

綿棒

綿棒は、風呂上がりに耳に突っ込むヤツで、OKです。

どうでもいいですが、耳掃除というのは基本、不要らしいです。

むしろ、掃除すると汚れを耳の奥に追いやって、詰まらせてしまう事になり、逆効果みたいです。

どうでもいい豆知識でした。

蒸しタオル

これは、綿棒&オイルケアの前に、毛穴を開かせるために必要です。

蒸しタオルの前に、予めメイクなどは落としておきましょう。

角栓をオイルと綿棒で綺麗にする〜実践編〜

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、タオルを水で濡らし、40秒ほどチンして、蒸しタオルを作ります。

そして、程よい暖かさになったら顔に乗せ、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックス♪

あまり熱すぎると乾燥しますので、時間や回数など、ご自身の肌の状態を見ながら行って下さい。

②:綿棒にオイルを含ませ優しくクルクル!

鼻の角栓にオイルを馴染ませるため、オイルを塗ったら少し馴染むまで待ちましょう。

その後、オイルを含ませた綿棒で優しく、気になる部分を角栓よ消えろ!と念じながらクルクルとマッサージしましょう。(ゴシゴシほじくるのはNG)

終わったら、ティッシュやキッチンペーパーで優しく拭き取りましょう。

③:優しい洗顔&保湿

軽く拭き取ったら、肌に残らないように洗顔をしましょう。

その際、ふわふわの泡で優しい洗顔を心がけ、ゴシゴシ擦るのはやめましょう。

そして、洗顔後は出来るだけ早く保湿をしておしまいです。

以上が、基本的な、蒸しタオルとオイル、綿棒を使った角栓ケア方法になります。

角栓をオイルと綿棒で綺麗にする〜解説編〜

角栓になぜオイルが効く?

角栓とは、角質(70%)と脂質(30%)が混ざったもので、この30%の脂質にオイル成分が作用し、汚れを浮かせることで、綿棒で軽く擦るだけで落ちたり、その後の洗顔の際に落としやすくなるということです。

なので、オリーブオイルに限らず、美容用オイルであれば基本的に何でもOKです。

脂性肌の人には向かない?

純オイルを使用しますので、クレンジングオイルなどのように、界面活性剤が使用されていないため、どうしてもオイルの残存が懸念点になります。

言わば、自らが脂性肌状態を作り出しているようなものですね。

オイルが残れば、それはニキビなどの肌荒れの原因になりますし、そのオイルをしっかり落とそうと、強い洗浄力の洗顔料を使用すると、今度はそれにより肌の内部乾燥を招きます。

このオイルを用いた美容法は、そのオイルが残存したとしてもそれがかえってメリットになるような人が用いるスキンケア方法です。

これに限らず、純オイルを用いた美容法は、その点をよく考えた上で行って下さい。

毎日でもOK?

美容オイルであれば、塗るだけであれば毎日でもよいのかもしれませんが、マッサージや綿棒を使うのは、週に1回にしましょう。

というのも、マッサージや綿棒などは、少なからず肌への負担となりますので、毎日行うとターンオーバーを促進させてしまい、その積み重ねがシミなどにつながってしまう可能性があるからです。

なによりも普段のスキンケアが一番重要!

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさない、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点が重要です。

つまり、ターンオーバーの周期に自らが干渉しないということです。

そして、この両者に密接に関わるのが、手や洗浄料が直接肌に触れる洗顔とクレンジングです。

綿棒やオイルを使ったスキンケアをする前に、洗顔とクレンジングを徹底的に見直し、ターンオーバーを正常化させ、皮脂の分泌をコントロールすることが、毛穴トラブルや肌荒れを根本から治す唯一の改善策と言えるでしょう。

まとめ

というわけで、毛穴の黒ずみ・角栓を綿棒とオイルで綺麗にする方法でした。

脂性肌の人は、それが原因で毛穴トラブルを引き起こしている可能性が高いので、火に油を注ぐ形となり、あまりメリットが無いかもしれません。

逆に、乾燥肌の人は、オイル成分がメリットを生む可能性があるため、試してみる価値はあるかもです。

毛穴トラブルはすぐに治そうとせず、ターンオーバーの周期を考えながら、ゆっくりと少しずつ改善させていくようにしましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.