毛穴・角栓

いちご鼻に綿棒とオイルで行うケアの効果を格段に高める賢いやり方

更新日:

olive-oil
いちご鼻は目立つし、化粧でも隠しづらく、とても厄介な肌トラブルの一つですよね。

しかも、Tゾーンは皮脂腺が多く分布するため、なかなか改善方法がなく、どうすれば良いのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

鼻の角栓をオイルと綿棒で綺麗にするケアが所々で紹介されていますが、そのケアは肌質によっては、毛穴トラブルを悪化させてしまうかもしれません。

この記事では、いちご鼻にオイルと綿棒で除去するケアのやり方と注意点について、あれこれまとめていきたいと思います。

いちご鼻には綿棒とオイルで除去するケアのやり方と注意点

woman

綿棒とオイルで除去するケアのやり方は?

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

タオルを水で濡らし、40秒ほどレンジでチンし、ちょうどいい温かさになったら2〜3分、蒸気でリラックスタイム♪

熱すぎると肌が乾燥しますので、注意!

②:オイルを塗ってマッサージ!

次に、オイルを塗りますが、すぐにマッサージはせず、少し待って肌に馴染ませます。

ここで使用するオイルは、しっかりと美容用に精製されたオイルを使用しましょう。

そして、肌に馴染んだら、優しくマッサージしましょう。

終わったら、ティッシュやペーパータオルで優しく拭き取ります。

③:洗顔&保湿

オイルが肌に残らないように、洗顔をします。

洗顔は、柔らかいモコモコの泡で優しく洗いましょう。

そして、終わったら時間を空けず、すぐに保湿しましょう。

以上が、基本的なオリーブオイルを利用した角栓ケアになります。

この角栓ケアをする際の注意点をまとめていきます。

いちご鼻とは?

まず、いちご鼻とは、鼻に角栓が詰まった状態がいちごのように見えることから、そう呼ばれています。

その角栓ですが、これは角質(70%)と脂質(30%)で構成されており、オリーブオイルなどのオイル成分がこの脂質に作用することで、汚れを浮き上がらせ、落とすやすくなるということですね。

確かに、綿棒&オイルでのケアは、角栓がよく落ち、毛穴パックで角栓を無理矢理剥がす系のケアよりはよっぽど肌に優しいケア方法です。(綿棒でゴシゴシはもちろんNG!!)

しかし、このケア方法がお気に入りの人にも知っておいてほしいのが、毛穴開きや角栓、黒ずみの根本的な原因が皮脂によりもたらされるということです。

オレイン酸と毛穴トラブル

毛穴トラブルは主に、皮脂による炎症=肌荒れが毛穴の出口付近(毛孔部)で起こることで、表皮細胞が増殖することが原因です。

というのも、皮脂の主成分であるトリグリセリドは、ニキビの原因菌と言われるアクネ菌の酵素によりオレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解されます。

そして、このオレイン酸は、表皮細胞内をプラスの電荷に偏らせる働きがあり、これがシグナルとなり、免疫系が反応し、連鎖的な炎症反応が起こります。

これをカバーするべく、表皮細胞が過剰に増殖しますが、正常なターンオーバーの周期ではないため、細胞に脂質や酵素などが不足した状態ものが次々と出来上がります。

セラミドやNMFなどの脂質が不足しているため、細胞は萎縮・硬化し、肌の内部乾燥が垢となって剥がれ落ちる際の酵素の働きを弱めます。

当然、萎縮・硬化した細胞は、スムーズな角質の排出を阻害し、角質が毛穴内部に滞留するようになります。

そして、肌の内部乾燥状態が皮脂の過剰分泌を促し、これらの相互作用により、最終的に毛穴を塞ぐ角栓ができ、蓋がされたことで酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子(Christie-Atkinson-MunchーPeterson factor)という毒素を産生するようになり、今度はこれに対する免疫反応から連鎖的な炎症反応が起こり、ニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂が毛穴の炎症を引き起こし、ターンオーバーを促進させる因子として何よりもまず働いているのです。

純オイルを用いた美容法と肌質

綿棒&綿棒でのケアもそうですが、しばしば純オイルが用いられますが、純オイルは当然界面活性剤が使用されていませんので、しっかりと洗顔をしたとしても肌に残存する可能性があります。

オイルが肌に残るとは、いわば脂性肌状態を自らが作り出すことになり、それが角栓や黒ずみなどの毛穴トラブルやニキビなどの肌荒れを悪化させる要因になり得ます。

実際、毛穴が目立つ人の皮脂には不飽和脂肪酸が多く、またオレイン酸を皮膚に塗布したところ、角化異常を起こし、肌荒れを起こしたという実験結果もあります。

ヒト頬部毛穴の目立ちと肌状態

オリーブオイルの主成分はオレイン酸なので、それが肌に残存すれば、角化異常を起こし、肌荒れを起こす可能性が高まります。

つまり、純オイルを用いた美容法とは、まずその大前提として、そのオイルが肌に残存したとしても、それが逆にメリットとなるような人が行う美容法なのです。

なので、確かに毛穴の角栓などはきれいになるかもしれませんが、根本的に治すという意味では、脂性肌の人がこのような美容法に手を出すのはあまりメリットはないかもしれません。

それよりも、今の皮脂が過剰な状態を改善することの方が根本的な解決に繋がります。

皮脂の分泌をコントロールすることが重要

皮脂が何よりもまずターンオーバーを促進させる因子として働いているということは、その皮脂をこれ以上過剰分泌させないことが重要です。

上にも書いた通り、肌の内部乾燥は、これ以上の肌内部からの水分の蒸散を防ぐために、皮脂の分泌を促します。

なので、洗顔やクレンジングにより、肌内部の脂質を洗い流さないことが重要です。

もう一つは、角質を無理やり剥がさないことです。

角質を過剰に剥がしてしまうと、その剥がれた部分の表皮細胞の生成が過剰になりますので、普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点を徹底して守ることが重要なのです。

他にも、皮脂の分泌に強く関係するのが、性ホルモンや対ストレスホルモンなどのホルモンバランスです。

睡眠の質の低下もホルモンバランスを崩しますので、注意しましょう。

また、皮脂の主成分がトリグリセリドであるので、高糖質・脂質食は皮脂の分泌を促します。

脂性肌の方は、まず洗顔とクレンジングの基本的なスキンケアと基本的な食生活・生活習慣などを見直しましょう。

まとめ

というわけで、いちご鼻にオリーブオイルと綿棒で除去するケアは効果があるのか?についての内容でした。

このケアは、確かに肌にダメージを与えずに綺麗にはできますが、毛穴トラブルを治すという点ではむしろ悪化させる危険性をはらんでいます。

それよりも、皮脂が過剰に分泌されてしまう要素を一つずつ潰していくことが治すという意味では重要なことです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.