毛穴・角栓

角栓をピンセットで除去するケアがおすすめできないNGな理由

更新日:

tweezers
毛穴トラブルは1、2を争う程、悩みの多い肌トラブルの一つです。

特にTゾーンは何もしなくても皮脂が過剰に分泌されるので、鼻や頬の辺りには毛穴トラブルが絶えません。

そんな毛穴トラブルに対し、ピンセットを使ったケア方法がありますが、それは本当に毛穴トラブルに対して効果があるのでしょうか?

この記事ではピンセットを使った毛穴の角栓の除去のやり方とその後のケア方法、肌への影響や効果などについて、あれこれまとめていきたいと思います。

鼻の毛穴の角栓をピンセットで抜く抜き方と肌への効果・影響

woman

ピンセットを使った角栓の除去方法とその後のケア

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、水で濡らしたタオルを40秒ほどレンジでチンし、蒸しタオルを作ります。

それが程よい温かさになったら、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックス♪

熱すぎると肌が乾燥しますので、注意!

②:美容オイルやクレンジングオイルでマッサージ

マイルドクレンジングオイル

次に、角栓が気になる部分にオイル塗り、馴染んだら優しくマッサージをします。

綿棒やピンセットなども駆使して、気になる角栓は取り除きましょう。

その際、肌を傷つけると炎症を起こすので、何もかも取り除くというような取り方ではなく、取れそうなものだけを除去するようにしましょう。

③:洗顔

どろあわわ

オイルをティッシュやキッチンペーパーなどで拭き取り、洗顔をします。

洗顔はモコモコの泡で優しく洗いましょう。

また、この際、クレイ洗顔料などを使うと、さらに角栓を綺麗にする効果があるでしょう。

④:保湿

RED B.A スムージングセラム

洗顔後はなるべく時間をおかずに保湿をします。

というのも、洗顔後は皮脂が除去された状態ですので、何もしないでいると肌内部からすぐに水分が出て行ってしまいます。

それを防ぐために、保湿はなるべく早くしましょう。

なお、ここでも毛穴を引き締める収れん効果のある化粧品を使うと、開いた毛穴が閉じ、より目立ちにくくなります。

というわけで、以上が、基本的な、角栓除去方法です。

ぶっちゃけ、ピンセットを使うタイミングはいつでもよく、気になったらピンセットを使って抜けばいいだけなのですが、今回は一般的な毛穴除去方法と絡めて説明をしました。

では、このピンセットを使ったケア方法は、果たして毛穴トラブル改善に効果があるのでしょうか?

ピンセットを使った角栓除去の効果と影響

角栓とは、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、美容オイルやクレンジングなどでのケアは、この脂質にオイル成分が作用することで、汚れを浮かせ、角栓が取れる可能性が大きくなるわけです。

しかし、この割合は人によって異なり、脂質がこれよりも多い人もいれば、角質が多いという人もいます。

なので、角質が上記以上に多い人の場合は、オイルを用いたケア方法があまり効きません。

いわゆる、角栓が取れないという状況ですね。

そこで登場するのが角栓を無理やり圧迫して押し出したり、無理やり引っこ抜くケアです。

いわば、角栓除去の最終手段とも言える除去方法です。

これは確かに、大量の角栓が取れるでしょう。

しかし、鏡を見ると、その除去した部分がぽっかりと穴が空いているのが見えるでしょう。

ここで、角栓の役割とは、毛穴に蓋をすることで、汚れや細菌などの侵入を阻害=外部刺激から肌を守る働きにより、炎症などが起こらないようになっているのです。

毛穴の数は大人から子供までその数に差はほとんどなく、それが開いているか、何かが詰まっているかで、目立つかどうかの違いを生んでいるのです。

毛穴レスと言われるような肌の綺麗な方でも自分と同じか、逆に多いというケースもあるのです。

そして、ピンセットや角栓プッシャーなどを使用すると、当然、肌を傷つけてしまうケースもあり、あらゆる点で、肌の炎症を起こしやすくなります。

炎症が起これば、表皮細胞の過剰生成が行われ、正常なターンオーバーの周期よりも短い周期で生成された細胞は、セラミドやNMFなどの脂質、垢となって剥がれ落ちる際に角質細胞と細胞間脂質との間の結合を解く分解酵素の量も不足しています。

これらの細胞で角質層が形成されると、肌内部に水分を保持する能力が欠落していますので、隙間から水分が蒸散します。

それを防ぐために、皮脂が過剰に分泌され、これが肌表面をコーティングします。

また、これらの細胞は萎縮・硬化しているため、スムーズな角質の排出を阻害し、加えて、肌内部の水分量の低下が分解酵素の働きを弱めます。

すると、角質が滞留し、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴の内部はどんどんと狭くなり、いずれ角栓となって毛穴を塞ぎ、毛穴が塞がれると今度は、酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はこれに免疫系が反応し、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、角栓は除去しても、そのやり方を間違えれば、ただ角栓を生み出すことにしかならないということです。

表皮細胞の増殖を促すという点で、脂質の少ない、カチカチ角質たっぷりの手に負えない角栓へと悪化させてしまう可能性もあります。

そして、何をしても取れないので、無理やり除去するケアをする〜という無限ループに陥ってしまいます。

なので、角質を無理やり剥がすことで角栓を除去するケアを行なっている人は、いますぐやめましょう。

では、どのようなケアをしたら良いのでしょうか?

毛穴トラブルは皮脂をコントロールすることが重要!

先程、角栓の除去は表皮細胞の増殖と皮脂の過剰分泌を促すと言いましたが、この皮脂がとても厄介な働きをしています。

というのも、皮脂自体が表皮細胞を増殖させる働きがあるのです。

そして、これが毛穴トラブルの根本原因だと言われています。

これだから、皮脂の分泌が過剰であるTゾーンに毛穴トラブルが絶えないのです。

では、皮脂を過剰分泌させてしまう原因は何があるでしょうか?

肌の内部乾燥

上に書きました通り、肌の内部乾燥はそれを防ぐために皮脂が過剰分泌されますので、日頃のスキンケアでは、肌内部の脂質を洗い流さない事が極めて重要なことです。

そして、その危険性を孕んでいるのが、洗顔とクレンジングです。

もちろん、肌の乾燥は大気の乾燥などの影響もありますが、手や洗浄料が直接肌に触れる洗顔とクレンジングが肌の内部乾燥の主原因です。

汚れを落とすとは、基本的に水では落ちない油性の汚れですので、それを落とす際に肌内部の脂質も洗い流してしまうのです。

なので、汚れを落とすことは、常に肌の乾燥と隣り合わせなのです。

洗顔やクレンジングは毎日行うスキンケアなので、慣れで行なっている部分が多いかと思いますが、肌に最も負担をかけるものの一つですので、新たに学び直すつもりで、洗顔とクレンジングを徹底的に見直しましょう。

ホルモン

皮脂の分泌を司るのはホルモンなので、ホルモンバランスの乱れは肌荒れに直結します。

肌のコンディションに影響を与えるものは、主に性ホルモンと対ストレスホルモン、成長ホルモンです。

皮脂をコントロールする、肌質を変えるという意味で、これらのホルモンバランスを正常化する事が最も重要な事でしょう。

そして、その過剰なホルモンに対して、体の内側と外側から何ができるのか。

これは人それぞれの癖みたいなものなので、それぞれが自分と向き合う必要があると思います。

高糖質・高脂質食

皮脂の主成分はトリグリセリドなので、高糖質・高脂質食が皮脂の過剰分泌を生むことは間違いないです。

食事の際に、リパーゼの活性を阻害する黒烏龍茶を飲みましょう。

たらふく食った後に飲むと意味ないので、食べながら飲みましょう。

あと、黒烏龍茶飲むから多少食う量増えてもOK〜♪みたいな感覚だと、これまた意味ないです。

当たり前ですが(笑)

このように、皮脂の分泌をコントロールする上で、様々なアプローチが図れます。

どこかを変えれば、それに伴いどこかが変わる、それによりもたらされる効果のほどは人それぞれ異なると思いますので、それぞれ悩みながら、あれこれ試してみてください。

まとめ

というわけで、ピンセットを使った角栓の除去は皮脂の過剰分泌と表皮細胞の増殖を促すので、綺麗にはなるかもだけど、結果的に意味がないという内容でした。

ターンオーバーの周期は最短でも28日ほどなので、そもそもそんなに早く肌トラブルが治るはずがないのですよね。

毛穴トラブルもすぐに綺麗になることはありませんので、気長に少しずつ、そして着実に、綺麗にしていきましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.