冬の行事 季節の行事

ことわざ「一富士二鷹三茄子」の縁起が良いとされる由来や意味!続きがある?

投稿日:

eagle
新年、初夢に出てくると縁起が良いと有名な「一富士二鷹三茄子」ですが、どう言った意味があり、なぜ縁起が良いのかご存知でしょうか?

また、一富士二鷹三茄子で終わりではないこと知っていましたか?

続きの、「四扇五煙草六座頭」についてもお話しします。

ことわざ「一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭」の由来や意味

Mt.huji

ことわざ「一富士二鷹三茄子」の由来や意味とは?なぜ縁起が良いとされる?

「一富士二鷹三茄子」は、初夢にみるととても縁起が良いと言われています。

縁起の良い順番は、一が富士山・二が鷹・三が茄子です。

由来となる諸説は2つあり、一つ目は、駿河国の高いものを順にあげたものです。

もう一つが、徳川家康が好んだものが富士山、鷹狩り、初物の茄子という説です。

富士山には、「無事」、「不死」で、鷹は、「高い」、茄子は「成す」という語呂に引っ掛けています。

また、由来として言われているのがこの2つです。

一富士二鷹三茄子の由来①

駒込富士神社があり、この神社は東京都文京区本駒込に存在しており、江戸時期における富士信仰の拠点の一箇所として現在もお富士山の愛称で親しまれているようです。

その他、駒込富士神社の周辺には鷹匠(たかじょう)屋敷が存在していた他にも名産品として駒込茄子もあったそう。

一富士二鷹三茄子の由来②

現在の静岡県の中央部にあたる徳川家の緑の地である駿河国(現在の静岡県)では、富士山と愛鷹山、初物の茄子の価格が高かったことから伝わっていったという説。

「一富士二鷹三茄子」の続き「四扇五煙草六座頭」の由来や意味とは?

一富士二鷹三茄子の続きがあること知っていましたか?

「四扇五煙草六座頭(しおうぎ ごたばこ ろくざとう)』です。

意味として、扇は富士山のように末広がりだということ、煙草はお酒とともに、祭りや祝い事など人々が集う席に欠かすことの出来ないもので、座の雰囲気を盛り上げてくれる。

また、煙が天に昇っていく様子を意味しています。

座頭については剃髪した琵琶法師座に所属する者のことを指しており、毛がないを、「怪我ない」という縁起の良い意味にかけているようです。

縁起の良い順番としては、4番目に扇・5番目に煙草・6番目に座頭となります。

さらに、一富士二鷹三茄子と、四扇五煙草六座頭は互いに対応しており、次のようになります。

富士」・「」:形状が末広がりで子孫繁栄や商売繁盛を意味します。

」・「タバコの煙」:上昇していくため、運気上昇を意味します。

茄子」・「座頭」:両方とも毛がないことから、怪我ないと、家内安全を意味します。

一富士二鷹三茄子のような良い初夢を見るには?

年末年始はどこの地域でもかなり冷え込みますので、眠りも浅い状態となります。

ですので、寒い夜は38度〜40度くらいのお風呂で温まり、お風呂から出てすぐに就寝するのではなく、およそ1時間後に眠ると深い眠りにつけますので、お試しあれ!

その他、見たい内容の夢を紙に書き出したり写真を眺めることで夢に出て来やすくなるようです。

文字より画像の方が頭に入りやすいので一度試してみてくださいね!

それから一番大切なことは生活習慣の見直しです。

良い夢を見るためには、質の良い睡眠をとる必要があり、特に気をつけたいのが「光」と「食事」です。

ですので、朝はしっかりとカーテンを開け、朝日を取り込み夜は暗いところで過ごしましょう。

就寝30分前には、テレビやパソコン、スマホやゲーム機の操作を終了してブルーライトを避けてください。

まとめ

一富士二鷹三茄子の意味や、またそれに続く、四扇五煙草六座頭の意味も理解することができたかと思います。

一富士二鷹三茄子と、四扇五煙草六座頭の関連性もありましたし、全て夢に出てこないかなと思ってしまいます。

そのためには、質の良い睡眠をとるように、日頃から気を使ってあげるといいかもしれません。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.