冬の行事 季節の行事

旧正月とは?2019年はいつ?日本はなぜ廃止?沖縄に今も残る行事とは?

投稿日:

Lunar New Year
日本でのお正月は、ご存知の通り1月1日です。

しかし、お正月は暦によって異なることをご存知でしたか?

現在、日本のお正月は新暦の元旦から始まりますが、日本以外のアジア地域でのお正月は「旧正月」です。

今回は、この旧正月について時期や意味、またなぜ日本ではお祝いしないのかなどお話しします。

旧正月とは?2019年はいつ?日本はなぜ廃止された?沖縄に今もなお残る旧正月の行事とは?

Lunar New Year

旧正月とは?

旧正月とは、「旧暦」のお正月のことを言い、現行の暦であるグレゴリオ暦(太陽暦)の新暦以前の暦が旧暦となります。

旧正月は、旧暦に基づくとされており、旧正月がお祝いされる東南アジアの国々では中国暦が使用されていました。

日本の旧暦もこの中国歴の一種だとされています。

新暦であるグレゴリオ暦は、太陽暦ですが、旧暦である中国暦は「太陰太陽暦(太陰暦)」と言います。

太陽暦

太陽を基準とした暦。

地球が太陽を周回する日数を換算し、できたものです。

太陽暦は農耕に向いていると言われますがこれは、太陰暦の方が歴史は古く、太陰暦に基づき、種まきや季節の移り変わりが決められたためだそうです。

太陰暦

太陽暦とは真逆で、月を基準とした暦です。

月の満ち欠けを基準に、日数を区切る暦です。

太陽暦と太陰暦の日数

太陽暦は1年365日、4年に1回閏年がきます。

太陰暦は、月の満ち欠けによって日数を切ります。

ひと月平均29.5日。

このことから、太陰暦の1年間の日数は29.5×12は354日となり、3年に1度閏月を入れ、1年が13ヶ月になる年があります。

日本はなぜ旧正月にお祝いをしない?

暦が現在の新暦に変更された明治6年は、大正時代も終わりを迎える頃くらいまでは、日本もお正月は旧正月に行っていました。

では、いま日本ではなぜ旧正月はお祝いしないのでしょうか?

これに関しては、詳しいことははっきりとわかりませんが、旧正月は休みではないからという理由が一番の理由かもしれません。

現在の暦通りに年末年始に休みが設定されていますので、現在の暦通りのお正月(新暦)でお祝いした方が良いという感じですね。

しかし、沖縄県や奄美ではいまでも旧正月を祝う地域はあります。

沖縄に関しては、2月に南部の糸満市は街全体が旧正月を祝います。

糸満市は、海んちゅのまちであり、2月初旬から海の神様が祀られている「白銀堂」の鳥居にも新年を迎えるため、しめ縄が飾られます。

旧正月に行う不思議な風習?

(沖縄の)旧正月の朝、朝一番に若水を組むところから始まります。

沖縄では、新正月・旧正月問わずに、若水を組みに行くという風習が残っています。

若水には、魔除けの意味があると、言い伝えられており、多くの方々が水を汲みます。

日本は新正月でお祝いすることが多いので、旧正月でお祝いする際でもお年玉は新年にまとめて渡すことが一般的です。

<日本の旧暦スケジュール>
・2019年2月5日に旧正月

<旧正月を行う国>
・中国・・・2月7日〜13日

・香港・・・2月8日〜10日

・台湾・・・2月7日〜12日

・韓国・・・2月7日〜10日

・シンガポール・・・2月8日〜9日

・マレーシア・・・2月8日・9日

・ベトナム・・・2月7日・11日

国により、華人系の多いマレーシアなどでは、旧正月前後に有給を取得して長期休暇を取る人が多くなってきているようです。

まとめ

旧正月と新正月では、太陽と月の周回する日数で決まるということ、昔から自然はいろんなことを教えてくれていたんだなと思わされました。

そして、日本もかつては旧暦だったことも驚きでした。

1年が13ヶ月なんて、なんだか面白そうですね!

誕生日は13月4日です!みたいな!笑

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-冬の行事, 季節の行事

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.