毛穴・角栓

毛穴の黒ずみが綿棒とオイルでも全然取れない原因と対策

更新日:

strawberry
毛穴開きや黒ずみ・角栓の詰まりなど、毛穴にまつわるトラブルの悩みは尽きません。

特に、皮脂の分泌の多い、Tゾーンには毛穴トラブルが絶えません。

この毛穴トラブルのケア方法として、美容オイルやクレンジングオイルと綿棒での角栓ケアがよく落ちると話題になりました。

それを目にして、試してみたという方もおられるでしょう。

しかし、その中で効果テキメン!の人もいれば、全然取れないじゃんという方もいると思います。

どうして、同じケア方法をしているのに、効果がある人とそうでない人と出てきてしまうのでしょうか?

そんなわけでこの記事では、オイルと綿棒でのケアで、いちご鼻=鼻の角栓の詰まりが綺麗に取れない人の肌の状態はどうなっているのか、考えていきたいと思います。

いちご鼻の黒ずみ・角栓が綿棒とオイルで綺麗に取れない原因と対策

woman

美容オイルやクレンジングオイルと綿棒を使った角栓ケア

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、水で濡らしたタオルをレンジで40秒ほどチンし、程よい温かさになったら2〜3分、あったか蒸気でリラックス♪

熱すぎたり、何度もやり過ぎると乾燥しますので、肌の状態を見ながら行なってください。

②:美容オイル・クレンジングオイルでマッサージ

マイルドクレンジングオイル

次に、美容オイルやクレンジングオイルを鼻の黒ずみ・角栓の気になるところに塗り、馴染ませます。

注意点として、使用するオイルは美容用に精製されたオイルを使用しましょう。

クレンジングオイルは、鉱物油・石油系のオイルを使うと乾燥しますので、基剤となるオイルの質には拘りましょう。

そして、少し置いたら、綿棒や手で優しくマッサージしましょう。

綿棒でグリグリ、手でゴシゴシすると、肌に刺激となり、炎症を起こしますので、ごっそり落とそうとせず、少しずつ綺麗にしていくことを心がけましょう。

終わったら、ティッシュやペーパータオルで軽く拭き取りましょう。

③:洗顔&保湿

クレンジングオイルであれば、界面活性剤が含まれていますので、そこまで肌への残存を気にする必要はありませんが、美容オイルなどの純オイルを使用した場合、注意が必要です。

乾燥肌の人であれば、そのオイルが多少残ったとしても、乾燥に油分を補うというメリットがありますが、脂性肌であれば肌への残存は自らが脂性肌状態を作り出すことになり、ニキビなどの肌荒れを引き起こす可能性が高まります。

まず大前提として、美容オイルなどの純オイルを用いての美容法は、そのオイルが肌に残ったとしても、それが逆にメリットとなるような肌質の方が行うケアですので、その意味で、脂性肌の人が純オイルでのオイルマッサージを行うメリットはあまりないかもしれません。

そして、その残ったオイルを落とそうと洗浄力が強い洗顔料を使用すると、今度はそれが肌の内部脂質を洗い流し、肌の内部乾燥=インナードライを招きます。

また、保湿のための化粧品も、毛穴を引き締めるには収斂化粧品がおすすめ!みたいに言われますが、揮発性の高い液体の気化熱を利用して肌を引き締めますので、その液体が気化する際に肌の水分も道連れにし、肌が乾燥します。

このように、美容オイルと綿棒を使ったケアといっても、使うものややり方、その後のケア方法によって、肌を傷つけたり、肌を乾燥させたりする可能性を内包していますので、その内容によって効果が異なるというのは当然のことですね。

というわけで、まず一点目は、そもそもやり方や使うものが肌に合っていない、間違っているということです。

次は、オイル成分が角栓に作用していない可能性です。

角質がカチカチでオイルが作用しない

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成されていると一般的に言われますが、この割合は人によって異なるようです。

なので、脂質がこの程度の割合またはそれ以上であれば、オイル成分がしっかりとこの脂質部分に作用し、汚れを浮かせ、マッサージや洗顔などで落ちる可能性が高まりますが、もし、角質の割合が上記以上であれば、オイルの効果があまり作用しないため、全然取れないのです。

もうこうなってしまえば、無理やり圧迫して押し出すケアやピンセットで摘まみ出すケアに走ってしまいますよね。

そして、それを繰り返す負のループに陥ってしまうのです。

なぜ、角質重視のカチカチ角栓になってしまうのかというと、毛穴内部で大量に表皮細胞が生成されているからです。

表皮細胞は炎症が起こったり、無理やり剥がしたりするとターンオーバーを促進させ、表皮細胞を増殖させます。

なので、まずは皮脂の分泌を抑えることと、ターンオーバーの周期に自らが干渉しないこと、この2点が極めて重要です。

皮脂の分泌を抑えるとは?

皮脂は毛穴トラブルを引き起こす主原因です。

というのも、皮脂の分解生成物である高級脂肪酸の働きが免疫系を活性化させ、炎症反応が起こり、それによりターンオーバーの亢進状態が引き起こされているからです。

なので、何よりもまずターンオーバーを促進させる因子である皮脂の分泌をコントロールすることが、毛穴トラブルを根本的に治すためには必要なのです。

ターンオーバーの周期に干渉しないとは?

これは普段のスキンケアで心がけて欲しいことです。

ターンオーバーの周期に干渉するとは、角質を無理やり剥がしたり、肌内部の脂質を洗い流すことで、肌が本来持っている代謝機能の働きを自らが損なわせているということです。

そもそも私たちが目指すべき肌の状態とは、正常なターンオーバーにより生成される、セラミドやNMFなどの脂質などを充分に含んだ細胞を角質層に並ばせること=ちょっとやそっとの刺激ではビクともしない肌のバリア機能を構築することです。

毛穴トラブルが気になると除去したりしてすぐに治そうとしてしまいますが、そもそもターンオーバーの周期は最短でも28日ほどかかるので、肌トラブルがそんなにすぐに治るはずがそもそもないのです。

まして、何年もかけて現在の肌状態になっていますので、地道に少しずつ、着実に治していくしかないのです。

他の原因としましては、角栓の詰まりではなく、毛穴のシミ=メラニン毛穴である可能性もあります。

角栓毛穴ではなくメラニン毛穴

メラニン毛穴とは、毛穴にできるシミですので、オイル&綿棒ケアで改善されるはずがありません。

これはシミですので、シミ対策をしないと改善されませんので、鼻に角栓が詰まっておらず、表面がざらついていないにも関わらず毛穴が黒ずんでいる場合は、メラニン毛穴を疑ってみてください。

メラニン毛穴は、紫外線やストレス、慢性的な毛穴の炎症などが原因で起こります。

シミであるという点で、日頃から紫外線対策などの予防が重要です。

まとめ

というわけで、いちご鼻が美容オイル・クレンジングオイルと綿棒でケアしても全然綺麗にならないのは、やり方やカチカチ角栓が原因かも!という内容でした。

肌に何かトラブルが起こると、肌ばかりのケアに注力しがちですが、内面から引き起こされる肌トラブルというものも多いものです。

むしろ、その肌ばかりに注力してしまうケアが過剰なスキンケアになってターンオーバーを促進させているかもしれませんので、注意しましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.