毛穴・角栓

綿棒とオイルでも全然ダメ!取れない原因から学ぶ正しい毛穴ケア!

更新日:

oil
鼻は皮脂腺が多く分布することから皮脂の影響を強く受け、毛穴トラブルが起こりやすいです。

その毛穴トラブルの中でも、角栓の詰まりによるブツブツ黒ずみでお悩みの方は多いです。

その角栓を除去するケアとして、美容オイル・クレンジングと綿棒を使ったケアが良く取れるとしばしば紹介されています。

しかし、実際には、良く取れる!という人もいれば、あんまり取れない!という人もいます。

この記事では、鼻の角栓をオイルと綿棒を使ったケアがあまり効果がない人の、その原因と対策を探っていきたいと思います。

毛穴の角栓が綿棒とオイルでも取れない原因と対策

woman

綿棒とオイルを使った角栓のケア〜実践編〜

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

タオルを水で濡らし、40秒ほどチンして、蒸しタオルを作ります。

そして、ほどよい温かさになったら、2〜3分、ポカポカ蒸気でリラックスタイム♪

熱すぎたり、何度も行うと乾燥しますので、注意して下さい。

②:美容オイル・クレンジングオイルでマッサージ

マイルドクレンジングオイル

日頃お使いの美容オイルやクレンジングオイルを毛穴の目立つ部分に塗り、馴染ませます。

純オイルを使用する場合は、しっかりと美容用に精製されたものを使用しましょう。

そして、少し置いて馴染ませたら、手や綿棒を使って優しくマッサージしましょう。

綿棒でグリグリほじったり、手でゴシゴシ擦ると肌の炎症を招き、肌荒れや毛穴トラブルが悪化しますので、注意しましょう。

終わったら、ティッシュやキッチンペーパーなどで軽く拭き取りましょう。

③:洗顔&保湿

肌にオイルが残らないよう、オイルでケアした後は洗顔をします。

洗顔はモコモコの泡で擦らずに、優しく洗いましょう。

そして、洗い終えたらすぐに保湿をします。

洗顔で皮脂を除去した状態ですので、そのままでいると肌内部の水分が失われて乾燥しますので、保湿はなる早でお願いします。

というわけで、美容オイル・クレンジングオイルと綿棒を使った角栓除去のやり方は、大体皆さん上に書いたような感じだと思います。

では、なぜみなさん同じようなケアをしているのにも関わらず、効果に差が出てしまうのでしょうか?

それは、毛穴に詰まっている角栓の質に違いがあるからです。

オイルで取れないのはカチカチ角栓が原因?

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成されています。

この脂質に、オイル成分が作用し、溶け出させることで汚れを浮かせ、洗顔やマッサージの際に落ちる確率が高まるということです。

しかし、上記の比率は一般的に言われるもので、実際には人それぞれ異なるようです。

角質が多い人もいれば、脂質が多い人もいるのです。

そして、ここで問題になるのが、角質が上記よりも多い、カチカチ角栓の人です。

単純に、脂質が少ないため、オイル成分が作用しないのです。

では、どうしてこのようなカチカチ角栓になってしまうのかというと、毛穴内部で大量に表皮細胞が生成されているからでしょう。

すなわち、毛穴内部がターンオーバーの亢進状態だということです。

このターンオーバーの亢進状態はどのようにして招かれるのかというと、様々な原因が考えられますが、その中でも過度なスキンケアが原因となることが多いです。

それでは、上に書いたオイルと綿棒を使ったケアを題材に、もう一度詳しく、一つずつ見ていきましょう。

綿棒とオイルを使った角栓のケア〜解説編〜

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

蒸しタオルを使った美容法は、温熱効果で血行を促進させたり、毛穴を開かせるなどの効果がありますが、その効果に付随して肌を乾燥させてしまう可能性もあります。

特に、蒸しタオルを取った後、何もしないでいると一気に乾燥しますので、蒸しタオル洗顔など、蒸しタオルを用いた美容法は様々ありますが、肌の乾燥には十分に注意して行ってください。

②:美容オイル・クレンジングオイルでマッサージ

美容オイルとは、美容用に生成された純オイルのことです。

当然、界面活性剤が含まれていませんので、肌に残存する懸念があります。

乾燥肌の人であれば、肌にオイルが残ったとしても油分を補うメリットになり得ますが、脂性肌の人はそうはいきません。

オイルが残ってしまえば、ニキビなどの肌荒れにつながりますし、毛穴トラブルを悪化させることにもつながります。

そして、オイルが残らないように、強めの洗浄力の洗顔料を使用すると、今度はそれによる肌の乾燥が起こります。

脂性肌の人は、普段使っている洗顔料が皮脂をごっそり落とす系の強めのものを使用している人が多いかと思いますので、マッサージを綿棒でグリグリした後にそれで洗顔すれば、まさにターンオーバーの亢進状態を招きます。

純オイルでの美容法は、それが肌に残ってもそれが逆にメリットとなるような肌質の人が行うということが大前提ですので、脂性肌の人が行うメリットはあまりないです。

やるのであれば、クレンジングオイルなどの界面活性剤が含まれているもので行いましょう。

しかし、このクレンジングオイルというのも肌の乾燥を招くものなのですよね笑

クレンジングオイル=乾燥というぐらい、悪者扱いされています笑

特に、鉱物油石油系のオイルは、直鎖状で不飽和結合を持たず、反応性が低いため、極めて安全なオイルではありますが、その性質が逆に分子群の強固な結合をもたらし、それにより、化粧の油分や皮脂、肌内部の脂質などを強く吸着させてしまう働きがあります。

それを肌から引き離すために、大量の界面活性剤が必要になるのです。

鉱物油石油系のオイルは安価なため、何か適当に安いクレンジングオイルを薬局で買ってくると、この鉱物油石油系のオイルにぶち当たる可能性が高いので、使うのであればオイルの質をしっかりと見極めて買いましょう。

まぁ、使うオイルは人それぞれお気に入りのものを使えば、基本的には良いと思います。

次に、マッサージですが、マッサージは直接肌に手が触れますので、角質を剥がしてしまう可能性があります。

オイルを塗ることが緩衝作用になるので、そこまで大きな影響はないとは思いますが、綿棒でグリグリするのは危険なのでやめましょう。

特に、角栓を取ろうとしてこのケアを行なっていますので、取れなければ無理やり取ろうとゴシゴシやってしまいがちです。

この項をまとめると、オイル自体に肌を乾燥させたり、ニキビや毛穴トラブルを招く可能性、マッサージには角質を剥がしてしまう可能性、どちらもターンオーバーを促進させてしまう危険性をはらんでいるということですね。

③:洗顔&保湿

洗顔で重要なことは、肌内部の脂質を洗い流さないこと、これに尽きます。

肌内部の脂質を洗い流すと、肌内部に水分を保持する能力が欠落しますので、皮脂を過剰に分泌させることで、肌表面をコーティングし、これ以上の水分の蒸散を防ぎます。

そして、その皮脂が毛穴トラブルとニキビを悪化させるのです。

そもそも自分のことを脂性肌だと認識している人は、実は肌の内部乾燥により脂性肌状態になっている可能性もあります。

肌の汚れを完全に綺麗にしようとすると、間違いなく肌は乾燥しますので、多少残ったとしても肌荒れを起こさない、そのギリギリの近傍を日頃のスキンケアをしながら探りましょう。

保湿に関しては、ご自身の肌の弱点にあったものをお使いになれば良いかと思います。

しかし、毛穴の開きなどに収れん化粧品が良いと言われますが、収れん化粧品は揮発性の高い液体の気化熱を利用して肌を引き締めますので、その気化する際に水分を道連れにして、肌の乾燥を招きますので、乾燥肌の人は使われている成分などに注意を払いましょう。

以上より、このオイルと綿棒での角栓ケアで一番最悪なケースは、石油鉱物油系のオイルを使用し、綿棒でゴリゴリほじくった後に、角栓を除去する系の強い洗浄力の洗顔料で洗顔し、最後に、収れん化粧品で仕上げ!

というように、オイルと綿棒を用いた角栓を除去するケアでさえも、これだけ様々な部分で落とし穴があり、何も考えずに、効果があるみたいだから!みたいな軽い気持ちで行うと、ターンオーバーを促進させ、肌荒れや毛穴トラブルの悪化を招きかねません。

そもそも、ターンオーバーの周期は最短でも28日ほどかかるので、肌トラブルがそんなに早く治るはずがそもそもないのです。

しかも、現在の肌状態とは、何年もかけて、今のそのような状態になっています。

ターンオーバーの周期を意識しながら、少しずつ、しかし着実に、治していくようなケアを心がけましょう。

まとめ

というわけで、鼻の角栓を綿棒とオイルを使ったケアで取れない原因についてでした。

オイルが効かない角栓は角質重視のカチカチ角栓である可能性が高いので、洗顔やクレンジングをまずは見直しましょう。

洗顔やクレンジングは肌に直接手や洗浄料が触れるため、ターンオーバーの周期に干渉してしまう可能性が高いスキンケアです。

角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点が極めて重要です。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.