毛穴・角栓

いちご鼻の黒ずみをオロナインで除去するケアのやり方と驚きの効果

更新日:

oronain
顔の中心付近は皮脂腺が多く分布しているため、毛穴トラブルが起こりやすい部位です。

特に、いちご鼻は目立つため、すぐにでも綺麗にしたいものです。

そんな角栓を除去するケアは様々ありますが、最近話題なのがオロナインを使った角栓のケアです。

この記事では、オロナインを使った角栓の除去のケアのやり方や注意点などをまとめていきます。

いちご鼻の黒ずみをオロナインパックで除去するケアのやり方と効果

woman

オロナインパックのやり方

①:蒸しタオルで毛穴を開かせる

まず、タオルを水で濡らし、レンジで40秒ほどチンして、蒸しタオルを作ります。

ちょうど良い温かさになったら、2〜3分、ぽかぽか蒸気でリラックス♪

熱すぎると肌が乾燥しますので、注意してください。

②:オロナインを塗る

鼻全体に薄く馴染ませるようにして、オロナインを塗ります。

マッサージをしながらよく馴染ませてください。

一通り終わったら、10分ほど放置します。

③:洗顔

塗ったオロナインを洗顔で落とします。

洗顔はモコモコの泡で擦らずに優しく行いましょう。

なお、クレイ洗顔料を使用すると、さらに毛穴除去効果があります。

④:毛穴パックを貼る

普通に毛穴パックをしますので、お使いの使用方法に従って下さい。

⑤:冷水で引き締め&保湿

RED B.A スムージングセラム

最後に、汚れを落とした毛穴を冷水で引き締め、化粧水で保湿します。

なお、この際、毛穴を引き締める、収れん効果のある化粧品を利用すると、より毛穴が目立ちにくくなります。

以上が、基本的な、オロナインパックのやり方です。

普通に毛穴パックを使用するよりも、オロナインを塗った後に使う方がより一層毛穴除去効果が高まるそうで、ネットで話題になりました。

皆さんは試したことはありますか?

試したことがあったり、今からやろうとしている人がいるならば、絶対にやめた方がいいです。

オロナインの効能

オロナインの効能は、主に、殺菌・抗菌作用と保湿作用です。

殺菌・抗菌は、クロルヘキシジングルコン酸塩液とカチオン界面活性剤が担い、保湿はグリセリンやオリーブ油、ワセリンといった油脂などの保湿成分が担います。

そして、この油脂が角栓の脂質部分に作用することで、汚れを浮かせ、その後の洗顔や毛穴パックで取れる可能性が高まるということです。

しかし、美容用に作られているものではないので、その保湿成分が角質層のバリア機能構築をサポートするほどの力はなく、あくまでも、患部の乾燥を防ぐという働きです。

それなら初めからしっかりと保湿成分などを含んだ美容用クリームを塗ればいいんじゃないでしょうか?

しかも、このオロナインパックの一番の弊害は、殺菌・抗菌作用により、肌の常在菌の成育環境が乱されるということです。

もちろん、オロナインはニキビにも効果的なので、アクネ菌が過剰に存在しているニキビにピンポイントで使用する分には問題ありませんが、それを健康な肌にまで塗ったら、その今の健康な肌状態を害する可能性すらあります。

というわけで、オロナインを患部の殺菌・抗菌を前提とした保湿以外に使用するのはやめた方が良いです。

次に、毛穴パックです。

毛穴パックは危険!

毛穴パックはその吸着力により、角栓を無理やり剥がし取るものです。

ほとんどの人が今のブツブツ黒ずみやいちご鼻を綺麗にしたいと思って使用するかと思いますが、綺麗になりましたか?

綺麗になったとしても、それは一時的なもので、1週間もすればリセットされて、また元通りです。

なので、一次的に綺麗にしたいというのであれば、使用しても構いませんが、しっかりと治したいという方は、金輪際使用するのをやめましょう。

もし使うのであれば、角栓を無理やり剥がすタイプではなく、泥などを塗って洗い流すだけのタイプにしましょう。

この角栓を無理やり剥がす系のスキンケアは、角質を剥がすことで、当然その部分をカバーするように、表皮細胞の生成が行われます。

ターンオーバーの亢進状態が引き起こされるのです。

通常、角栓は、角質(70%)と脂質(30%)の比率だと言われますが、このように無理やり除去するようなケアを続けていると、毛穴内部のターンオーバーの亢進状態から表皮細胞がどんどん作られるため、どんどんカチカチの硬化した角栓となります。

そうなってしまうと、上で書いたオイル成分が作用する余地が少なくなっていきますので、オイルを使っても全然取れなくなります。

そうなってしまえば、もう無理やり押し出すか、ピンセットで摘まみ出すぐらいでしか取り除けません。

もし、オイルなどで角栓が全然取れないという方は、過剰な角質の除去により、角栓が硬化している可能性がありますので、スキンケアを一から見直す必要があります。

以上のような理由から、オロナインと毛穴パックを使った角栓のケアは百害あって一利なしですので、やめましょう。

まとめ

というわけで、オロナインと毛穴パックを使ったケア方法についてでした。

オロナインはどの家庭にもある万能軟膏なので、手を出してしまいがちですが、殺菌・抗菌を前提とした保湿以外での使用は控えましょう。

オロナインの使用法などはこちらのサイトをご覧ください。

オロナイン公式

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.