毛穴・角栓

鼻の毛穴の黒ずみ原因は過剰な皮脂と過度なスキンケア!

更新日:

strawberry
鼻・頬周辺、いわゆるTゾーンと呼ばれる部位は、皮脂腺が多く分布するため、皮脂が過剰になりやすく、肌トラブルが起こりやすい部位です。

その肌トラブルの中でも悩みが多いのは、毛穴の黒ずみです。

角栓は取っても取っても次々と生えてくるし、もうお手上げだという人も多いでしょう。

そんなわけでこの記事では、鼻の毛穴の黒ずみの原因や対策、治す方法などについて、あれこれまとめていきたいと思います。

鼻の毛穴の黒ずみの原因と対策!綺麗に治す方法!

woman

鼻の毛穴の黒ずみ

鼻の黒ずみで一番多い悩みは、角栓が詰まって、それが酸化して黒くなった状態でしょう。

一番オーソドックスな悩みでありながら、毛穴トラブルとしては割と重症であります。

では、どうして、毛穴に角栓が詰まるのでしょうか?

それでは次に、毛穴に角栓が詰まり、黒ずむまでの一連の流れを説明していきます。

毛穴の角栓が詰まり・黒ずみの原因

まず、鼻は皮脂が過剰になりやすい部位です。

そして、その皮脂がターンオーバーを亢進状態にさせるのです。

具体的には、皮脂の主成分であるトリグリセリドの分解生成物である高級脂肪酸が免疫系を活性化させる働きがあり、それによる連鎖的な炎症反応が起こり、その部分に表皮細胞の増殖=ターンオーバーの亢進が起こるのです。

ターンオーバーを亢進させ、角質層を肥厚化させることで炎症部位をカバーしようとするのです。

しかし、これらの細胞群は、セラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞です。

それらの細胞は萎縮・硬化しているため、角質のスムーズな排出を阻害します。

また、角質層には水分を保持する能力が不足するため、皮脂を過剰に分泌させることで、肌内部からの水分の蒸散を防ぎます。

この皮脂過剰が肌の炎症をより悪化させます。

また、肌内部に水分が不足した状態は、角質細胞と細胞間脂質との間の結合を解く分解酵素の働きを弱めます。

以上により、毛穴内部には角質が滞留するようになり、そこに注ぎ込まれる皮脂とで、毛穴内部はどんどん狭くなり、この毛穴内部に詰まった角質と皮脂の混合物が角栓です。

それが酸化されることで黒ずみ、鼻の黒ずみの出来上がりです。

そして、この毛穴が塞がれた状態は、いつニキビになってもおかしくない状態です。

というのも、角栓が毛穴を塞ぐと、酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はこれに対する免疫反応からの連鎖的な炎症からニキビへとつながってしまうのです。

以上が毛穴の黒ずみ・ニキビまでの簡単な流れになります。

毛穴の黒ずみを治すには?

毛穴の黒ずみを治すには、皮脂の分泌をコントロールすることも大事ですが、これは体質などもあり、治すにはかなり骨が折れるものです。

しかし、普段のスキンケアでも上に説明した状況は簡単に起こります。

例えば、ゴシゴシと角質を無理やり剥がすような洗顔をすれば、その部分をカバーするために表皮細胞の増殖が起こりますし、強い洗浄力で肌内部の脂質まで洗い流してしまえば、皮脂を過剰分泌させ、炎症を悪化させます。

というように、使うものややり方次第で、容易にターンオーバーの周期に干渉し得るという事です。

まずは、このターンオーバーの周期に自らが干渉しないという事が極めて重要な事です。

そもそも私たちの目指すべき肌状態というのは明確で、角質層に脂質や酵素などを十分に含んだ細胞群を並べる事です。

言い換えれば、肌のバリア機能を構築する事です。

そのためには、正常なターンオーバーが欠かせません。

それなのに、その周期に自らが干渉していては、お話になりません。

ゴールが見えているのですから、普段やらなければいけないこともある程度明確になると思います。

というわけで、普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさない、肌内部の脂質を洗い流さない、この2点が重要です。

しかし、体質的に皮脂の分泌が過剰な人は、上の肌に優しいケアをしていると、だんだんと角栓が肌に溜まってしまいます。

その角栓を除去するにはどのような点に注意した方が良いのでしょうか?

角栓の除去方法

角栓を除去する際には、いかに周りの健康な肌を傷つけずに除去するかが重要です。

酵素洗顔やピーリングは、この周りの健康な肌を傷つけずに除去するという点に疑念が残ります。

まぁ、これも使う人次第と言われればそうなのですが、泡を乗せた部分には一様に成分が作用しますので、健康な肌に影響を与える懸念が拭えないので、個人的には使いたくないです。

ではどのように除去するのかというと、角栓の脂質成分に着目します。

角栓は、基本的に、角質(70%)と脂質(30%)なので、この脂質部分に油分を作用させることで汚れを浮かせて落とすという方法です。

巷で話題の、ニベアパックもこのニベアに含まれる油分が脂質部分に作用することで洗顔などで落としやすくするというものです。

しかし、ニベアの油分は肌に残存する懸念がありますので、脂性肌の人はそれが残るとニキビになる可能性が高まるので、クレンジングクリームやクレンジングオイルなどを利用するのが良いと思います。

クレンジングは界面活性剤が含まれていますので、水で洗い流しやすいものです。

まぁ、当然のことながら、オイルと界面活性剤の質を精査する必要がありますが。

普段メイクを落とすのに使っているのであればそれを使えば良いです。

クレイ洗顔料も角栓除去に良いと言われますが、これは泥の吸着力を利用して皮脂や汚れを吸着しますので、常用は肌の乾燥を招く恐れがあります。

汚れが溜まった時のオプションとして使うのが良いでしょう。

また、入浴や蒸しタオルなどで毛穴を開かせることで、洗顔の時に角栓が取れやすくするような工夫も大切です。

角栓を除去するのは簡単ですが、肌を傷つけずに除去するとなると話は別です。

やり方や使うものをしっかりと考えて、選び、行うようにしましょう。

皮脂の分泌をコントロールする

上に書いた、普段のスキンケアではターンオーバーの周期に干渉しないこと、角栓を除去する際には健康な肌を決して傷つけないこと、これらを守れば肌はかなり綺麗になると思われます。

もちろん、しっかりと行われていればの話ですが。

最初に書きました通り、皮脂がターンオーバーの亢進状態を招いており、それは免疫反応であることから、体質によりある程度決まってしまうと思います。

しかし、皮脂の分泌を抑える努力は、その影響を減らす上で重要なことです。

皮脂の分泌は、主にホルモンが担っています。

男性ホルモンのテストステロンは、表皮細胞を増殖させ、皮脂を過剰分泌させます。

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)は、皮脂を過剰にさせます。

これは生理の前に過剰に分泌されるので、女性の方は生理周期に合わせてスキンケアを変えることも、肌トラブルを防ぐという意味で重要かもしれません。

また、対ストレスホルモン(グルココルチコイド)は、皮脂過剰を起こさせ、男性ホルモンを過剰にします。

皮脂が過剰に分泌されやすい体質の方は、これらのホルモンバランスを正常に保つ、そして、それに対して自分に何ができるのかをしっかりと考える事が重要です。

他にも、高糖質食が脂質の吸収を助け、高脂質食は言わずもがなです。

食事の際には、黒烏龍茶を飲みましょう。

食事と一緒に飲まなきゃ意味がないので、気を付けて下さい。

例えば、飯をたらふく食った後に、黒烏龍茶を飲むというのは効果半減です。

また、黒烏龍茶飲むから飯を増やすのも意味ないです。

当たり前ですが笑

まとめ

というわけで、鼻の黒ずみの原因と対策についての内容でした。

普段のスキンケアでは、角質を無理やり剥がさないこと、肌内部の脂質を洗い流さないこと、この2点が重要です。

しかし、肌に優しいケアだけだと、角栓が肌に溜まってしまいます。

角栓を単純に除去することはとても簡単ですが、肌を傷つけずに行うとなると話は別です。

ここがあなたの今後を左右する、差が出るポイントです。

そして、それと合わせて、皮脂の分泌を抑える努力もしましょう。

あと、毛穴の黒ずみは、シミである可能性もあります。

黒ずみ部分を触ってブツブツしていないならば、それはメラニン毛穴である可能性が高いです。

メラニン毛穴はシミですので、基本的には、シミと同じ対策を取ることになります。

しかし、上に書いてきた慢性的な毛穴の毛孔部の炎症がメラノサイトを刺激することも原因のひとつなので、予防という観点では、毛穴の炎症を抑える事が重要でもあります。

一番の予防は、シミ同様、紫外線対策ですけどね。

紫外線は本当に肌に害ですので、紫外線対策は万全に!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.