毛穴・角栓

毛穴の開きの原因は間違った洗顔のやり方と強すぎる洗浄力!?

更新日:

Flower
毛穴トラブルは幅広い年代で、姿形を変えながら私達を悩ませます。

そんな毛穴トラブルの中でも、鼻の毛穴の開きというのは、どの年代でも共通のお悩みではないでしょうか?

そして、それを治りづらくさせているのは意外にも毎日行うスキンケアが原因の一つである可能性があります。

そんなわけでこの記事では、毎日行うスキンケアである洗顔が、鼻の毛穴開き悪化させているかもしれない可能性について、まとめていきます。

鼻の毛穴開きは洗顔が悪化要因である理由

Woman

毛穴開きの原因

毛穴開きの原因は、主に皮脂です。

というのも、皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうことで、毛穴の出口(毛孔部)が顕在化する=開いて見えるのです。

このことについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

毛穴トラブルと皮脂

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、皮膚常在菌のアクネ菌の酵素で、オレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解されます。

そして、この不飽和脂肪酸が炎症を誘発させるのです。

具体的には、表皮細胞内にカルシウムイオンを誘導させることで、細胞内をプラスの電荷に偏らせ、その状態がシグナルとなり、免疫系が活性化し、連鎖的な炎症反応が起こるのです。

そして、炎症=肌荒れが起こると、その部分では表皮細胞の増殖が起こります。

しかし、正常よりも短い周期でのターンオーバーは、セラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞を生むことになります。

当然、それらの細胞群で毛穴の毛孔部が構成されると、それには水分を保持する能力が落ちていますので、皮脂を過剰に分泌させることで肌表面をコーティングし、肌内部からの水分の蒸散を防ぎますが、これは毛穴の炎症を悪化させます。

さらに、肌内部の水分量の低下が分解酵素の働きを弱め、加えて、菲薄化した細胞は、萎縮・硬化していますので、スムーズな角質の排出を阻害し、これらの働きにより角質が毛穴内部に滞留するようになります。

そして、そこに注ぎ込まれる皮脂とで、毛穴内部はどんどんと狭くなり、いずれ角栓となって毛穴を塞ぐと、酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はそれに対し免疫系が活性化し、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂が毛穴内部のターンオーバーを促進させる因子として働いているので、この皮脂の分泌を抑えることが毛穴トラブルを治す上で極めて重要なのです。

それでは、以上のようなことに洗顔がどのように関わるのかを見ていきましょう。

洗顔とターンオーバー

角質の過度な除去

角質は適度に取り除かないと毛穴の詰まりからニキビにつながってしまいます。

もちろん、剥がそうとしなくても自然に剥がれ落ちるというのが理想ですが、それが出来ていないので、今の毛穴トラブルになっているのですね。

しかし、角栓は角質と脂質が合わさったものであるため、普通の洗顔料では落ちません。

酵素や酸の力、スクラブ、泥など、特殊な洗顔料でなければ、基本的に除去できません。

それを通常の洗顔料で落とそうとすればゴシゴシと擦って無理やり掻き出すようにしなければなりませんよね。

そうすれば剥がされた部分にターンオーバーの促進から角質細胞の増殖が促され、元通り、または以前よりも悪化する可能性すらあります。

角質を除去するというのは、その文字通り行うことは容易ですが、それを肌を傷付けずに行うとなると、話は全く違うのです。

肌内部の脂質の除去

肌表面の脂質は酸化の影響を受け、それが肌への害となるため、適度に除去しなければなりません。

しかし、その油汚れを落とす際に、肌内部の脂質をも洗い流してしまう可能性があります。

上で話したようなものもそうですが、強い洗浄力のものを使用する際には、特に注意が必要です。

肌の上に泡を乗せている時間が長過ぎると肌内部の脂質をも吸着してしまい、肌の乾燥を招きます。

洗顔をする際は、泡を乗せている時間をカウントし、長くても30秒ですすぎに入るようにしましょう。

肌の内部乾燥は皮脂を過剰に分泌させ、毛穴の炎症を悪化させます。

つまり、洗顔自体に毛穴トラブルを悪化させてしまう要素を十分に含んでいるのです。

具体的には、角質を無理やり剥がすことと、肌内部の脂質を洗い流すことで、自らがターンオーバーの周期に干渉してしまうのです。

これを防ぐことが、普段のスキンケアでは大切なことです。

肌の皮脂や角質を除去する際には、いかに肌へのリスクなしに行うかが重要なのです。

まとめ

というわけで、鼻の毛穴開きは、実は普段行う洗顔が悪化させているかも!という内容でした。

肌の角質や皮脂の除去を文字通り行うことは容易です。

しかし、ターンオーバーの周期に干渉せずに行うとなると、グッと難易度が上がります。

ですが、それを私たちは行わなくてはならないのです。

そんなことを考えながら、普段のスキンケアは行って下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.