毛穴・角栓

毛穴の開きの原因はクレンジングのやり方と強すぎる洗浄力!?

更新日:

Towel
鼻や頬の辺り、いわゆるTゾーンは皮脂の分泌が過剰になりやすく、毛穴が非常に目立ちやすい部位です。

そんな毛穴トラブルの中でも、鼻の毛穴開きは幅広い年代で悩みの種です。

そんな厄介な毛穴開きですが、実は普段のスキンケアがその毛穴の開きを悪化させ、肌の回復を阻害している可能性もあります。

この記事では、毎日行うクレンジングが肌に与える影響について、考えていきたいと思います。

鼻の毛穴の開きがクレンジングで悪化する原因

Woman

鼻の毛穴開きの原因

鼻の毛穴開きの原因は様々考えられますが、やはり、主な原因とされるのは皮脂です。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

それではこれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

毛穴開きと皮脂

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、ニキビの原因菌と言われるアクネ菌の酵素により、不飽和脂肪酸へと分解されます。

この不飽和脂肪酸が炎症を誘発させる働きがあります。

具体的には、表皮細胞内をプラスの電荷に偏らせることで、免疫系を活性化させ、炎症を引き起こさせます。

そして、この炎症=肌荒れは、表皮細胞の増殖を促します。(ターンオーバー亢進)

この短い周期での細胞の過剰生成は、本来含まれるはずのセラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞を次々と生み出すことになります。

脂質が不足しているため、角質層内に水分を保持する能力が落ちます。

すると、皮脂を過剰に分泌する事で肌表面をコーティングし、角質層の隙間から水分が出ていくことを防ぎますが、これにより毛穴内部の炎症が悪化します。

他にも、肌内部の水分量の低下が分解酵素の働きを弱め、萎縮・硬化した=菲薄化した細胞群は角質のスムーズな排出を阻害します。

以上のことが複合的に絡み合うことで、角質は毛穴内部に滞留するようになり、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴内部はどんどん狭くなり、いずれ角栓となって毛穴を塞ぐと、酸素と触れ合う機会を失ったアクネ菌がCAMP因子という毒素を産生するようになり、今度はこれにより免疫系が活性化され、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂がなによりもまずターンオーバーを促進させる因子として、厄介な働きをしているのです。

以上のようなことに、クレンジングがどのように影響していくのでしょう。

クレジングが肌に与える影響

クレンジングによる肌の乾燥

クレンジングで最も注意しなければならないのは、肌の内部乾燥です。

クレンジングは、化粧品の油分を落とすものなので、当然その力が強ければ肌表面の油分のみならず、肌内部の脂質までも吸着し、洗い流してしまいます。

肌の内部乾燥は、皮脂の過剰分泌を促すので、それが毛穴の炎症を悪化させ、ターンオーバーの促進を招きます。

つまり、毛穴トラブル・肌トラブルを招く原因の一つになり得るスキンケアなのです。

また、多少の肌への摩擦も強いられますので、角質を剥がすこと、それもターンオーバーを促進させてしまう可能性が十分にありますので、クレンジング自体の油分への吸着力と肌への残存の影響、クレンジングのやり方や時間など、さまざまな角度から肌への影響を考え、行わなければなりません。

それぐらい、クレンジングとは肌への負担が大きいものです。

クレンジングは、肌表面の油分を、オイルで落とすか、はたまたオイルと界面活性剤で落とすのか、水に界面活性剤でオイルの性質を付加させたもので落とすのか、さまざまなものが存在します。

基本的には自分の使いたいものを選ぶのが一番かと思いますが、どれを選ぶにせよ、そのオイルと界面活性剤、両方の質にこだわるようにしましょう。

保湿成分などは、洗い流されてほとんど肌に残らないので、基本的にオイルと界面活性剤だけに注目すれば良いと思います。

保湿は、洗顔の後に使う化粧品に役割を回しましょう。

適当にすご落ち!みたいなものを手に取り、毎日使っているとインナードライを招きますので、特に濃いめのメイクをなさる方は注意して選びましょう。

その意味で、油分と水分のバランスが良く、界面活性剤の量も少なく、メイク落ちもまぁまぁなクリームタイプが無難な選択と言えます。

クレンジングの肌への残存

クレンジングや美容オイルを鼻の毛穴汚れや角栓の詰まりの除去に使用するという方も多い方と思いますが、鼻や頬のTゾーンと呼ばれる部位は、皮脂腺が多く分布するため、皮脂が過剰になりやすい部分です。

そこに、クレンジングや美容オイルに含まれる油分が残ると、正常な肌質の方でもニキビなどの肌荒れを招く可能性が高まります。

肌にオイルが残るとは、言ってみれば自らが脂性肌状態を作り出すことになるため、肌質によってはそれが肌荒れの引き金になりかねません。

美容オイルなどの純オイルを肌に塗る美容法は、それが肌に残ったとしても逆にメリットになるという人が行うものであり、オリーブオイルなどを用いた角栓除去も同じです。

特に脂性肌の方は油分が肌に残るとそれがニキビにつながってしまう可能性が高まりますので、注意しましょう。

まとめ

というわけで、クレンジングは毛穴を詰まらせたり、肌の内部乾燥を招き、毛穴開きを悪化させる要因であるという内容でした。

この記事で一番言いたかったことは、自分の手でターンオーバーを促進させてはいけないということです。

そして、クレンジングは、その点に容易に干渉してしまうスキンケアです。

そんな自らが招いている肌の内部乾燥状態にいくら化粧品を塗ってもあまり意味がないです。

肌内部のセラミドを洗い流した後にセラミド配合化粧品を塗るような何をしているのかわからない状態です。

慢性的な肌荒れなどは、実は肌の内部乾燥が原因かもしれませんよ?

セラミドは原価も高いですし、くれぐれも貴重な肌内部の脂質を排水口に流してしまわないように注意しましょう。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.