毛穴・角栓

鼻の角栓・黒ずみを肌を傷つけずに取る方法!美肌に差が出るコツとは?

更新日:

Flower
毛穴開きや黒ずみ・角栓の詰まりといった毛穴トラブルは、様々な年代で姿形を変えながら、私たちを悩ませます。

Tゾーンは皮脂の分泌が多いため、角栓が詰まりやすいです。

そんな角栓を除去するケアは様々存在しますが、その中には肌を傷めつけるだけでなんの効果のないものも多いです。

この記事では、毛穴の角栓の取り方について、あれこれまとめていきます。

毛穴の黒ずみ・角栓の取り方のコツと除去するだけでは治らない理由

Woman

毛穴の黒ずみ!角栓とは?

まず、角栓とは、ターンオーバーにより、毛穴内部で剥がれた角質と、そこに注ぎ込まれる皮脂とが混ざって出来上がるものです。

一般的にその組成は、角質(70%)と脂質(30%)で構成されると言われます。

そして、この角栓を除去する場合、角質(タンパク質)に作用させるか、脂質(油分)に作用させるか、はたまたそんなものは関係なしに物理的に引っこ抜くか、という3種類の方法があります。

角質に作用させるものとしては、フルーツ酸や酵素などの働きにより古くなった角質を溶かし、除去することで肥厚化した肌を明るい素肌へと導きます。

他にも、スクラブの摩擦で除去するというものもあります。

脂質に作用させるものとしては、オイルやクレンジングなどの油分で脂質を溶かしだすことで汚れを浮かせ、除去するというものです。

物理的な除去は、ピンセットやスティックで引き抜いたり、鼻パックで剥がすことや、圧迫して押し出すなどの方法です。

最近では、オイル&綿棒やオロナインorニベア&毛穴パックなど、合わせ技も効果的だと話題になりました。

これらはどれも一般的な角栓除去方法なので、誰でもこの中のどれかには手を出したことがあるのではないでしょうか。

しかし、その角栓除去方法を実践する場合、何を基準にしてそのケアを行いますか?

ほとんどの方が当然、良く取れる!ごっそり取れる!という、肌状態が綺麗になることが基準だと思います。

しかし、今現在の肌状態はどうでしょうか?

以前と変わらず、毛穴に角栓が詰まったままではないでしょうか?

つまり、なにやら毛穴の角栓というものはただ除去するだけでは、それを治すという点ではあまり意味がないようです。

では、どうして、毛穴に角栓が詰まってしまうのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

毛穴開き・黒ずみ・角栓生成の原因

毛穴開きや黒ずみ・角栓の生成の原因は様々考えられますが、やはり、主な原因とされるのは皮脂です。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

それではこれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

毛穴の開き・黒ずみ・角栓の詰まりと皮脂

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、皮膚常在菌であり、ニキビの原因菌とも言われるアクネ菌の分解酵素リパーゼにより、オレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解されます。

そして、この不飽和脂肪酸が炎症誘発物質として働きます。

具体的には、不飽和脂肪酸が表皮細胞内にカルシウムイオンを誘導させるスイッチをONにすることで、細胞内をプラスの電荷に偏らせます。

この状態がシグナルとなり、免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応へと移行します。

そして、この炎症反応=肌荒れは、表皮細胞の増殖(ターンオーバーの亢進)を促します。

この表皮細胞の増殖は、正常なターンオーバーの周期よりも短いため、セラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞を次々と生み出させることになります。

表皮細胞は元々、最下層の基底層から細胞分裂が行われ、それが上層へと押し上げられると同時に、成熟・分化していき、角質層の手前で細胞核が失われ(脱核)、その際にセラミドやNMFなどの脂質の素となる物質を放出することで、角質層内に水分を保持する能力が付加されます。

そして、角質層は、その脱核した角質細胞とセラミドなどの角質細胞間脂質とがレンガのように積み重なり、水分をサンドイッチすることで、角質層内の水分量を保持するとともに、肌のバリア機能をもたらすのです。

しかし、この肌荒れを起こした部分には、細胞核が残存した細胞が散見され(不全角化)、その細胞核が残存した不全角化の状態では細胞が扁平にならずいびつで、隙間の多い構造をとるため、その隙間から水分が蒸散してしまう=肌のバリア機能の低下を招くのです。

そして、この不全角化が毛穴の出口(毛孔部)で起こると、毛穴がすり鉢状=円錐状の構造になってしまうようです。

なぜ、毛穴の毛孔部がすり鉢状になるのかは未だ分かっていないようですが、その原因が皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸(オレイン酸・パルミトレイン酸など)が有力であることが、資生堂の研究で明らかになりました。(先述)

資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

さらに、角質層内に水分を保持する能力が落ちると、角質層と角質間細胞脂質との間の結合を解く分解酵素の働きを弱め、加えて、細胞自体が萎縮・硬化していることで、角質のスムーズな排出を阻害します。

すると、毛穴内部に角質が滞留するようになり、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴内部はどんどん狭くなり、いずれ角栓となって毛穴をふさいでしまうと、今度は酸素と触れ合う機会を失った嫌気性のアクネ菌がCAMP因子(Christie-Atkinson-MunchーPeterson factor)という毒素を産生するようになり、これに対して免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂がまず第一にターンオーバーを促進させる因子として、働いているのです。

毛穴の黒ずみ・角栓とターンオーバー

上では、皮脂が炎症を引き起こさせることでターンオーバーの亢進状態を招き、それが角質の滞留を招いているという話をしました。

皮脂の分泌が多いTゾーンに毛穴トラブルが多いのは、なんの不思議でもない、ただの普通のことだったのですね。

ここで改めて、先ほどの角栓除去方法を思い出してみてください。

そのほとんどが角質を剥がすことで除去するというものではないでしょうか。

それもそのはず、剥がしたり、強い洗浄力のものでなければ、タンパク質が主成分の角栓を皮膚から引き離すことができないのです。

しかし、その角質を剥がすという行為は、その剥がした部分にターンオーバーの亢進を招きます。

ターンオーバーの亢進が起これば表皮細胞の増殖が行われ…という上に書いたことをなぞることになります。

つまり、何が言いたいかというと、文字通り角栓を除去するだけなら誰でもできるということです。

しかし、それを肌を傷つけず=ターンオーバーの周期に干渉せずに行うとなると、難易度がグッと上がるのです。

では、どのような角栓除去をすればいいのかという基準ですが、それはターンオーバーの周期に干渉しないという一点です。

しかし、これは角栓除去に限った話ではありません。

普段のスキンケアでもこの周期に干渉してしまう可能性があり、それが様々な肌トラブルの引き金になっている場合が多くあります。

例えば、洗顔やクレンジングは、手や洗浄料が肌に直接触れるため、洗浄力が強すぎたり、泡を乗せている時間が長かったり、ゴシゴシ擦ったりするだけで、肌の内部乾燥やターンオーバーの亢進などが容易に起こり得ます。

むしろ、今ある毛穴トラブルは普段の過度なスキンケアが原因かもしれませんよ。

皮脂が過剰であるから徹底的に除去するのではなく、なぜ皮脂が過剰であるのかを考えなくてはなりません。

皮脂の分泌を司るのは主にホルモンで、特に男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼに還元されたジヒドロテストステロンが皮脂線に働きかけ、皮脂の分泌を促すのです。

また、ストレスを受ければ交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンが分泌、それと同時に副腎皮質由来の男性ホルモンが過剰になります。

男性ホルモンは皮脂の他にも、角質細胞の増殖を促します。

女性であれば生理前の黄体期にプロゲステロンが過剰になり、それが皮脂の分泌を過剰にさせます。

他にも、当然、食事でも高糖質・高脂質食が皮脂の過剰分泌を招きます。

普段の過剰なスキンケアによる肌の内部乾燥状態が皮脂の分泌を過剰にさせるのは上で話した通りです。

このように、皮脂を過剰に分泌させる要素を一つ一つ認識し、その上で自分にはどの要素が強く影響しているのかを、自分で考え、ケアしなくてはなりません。

毛穴トラブルにおいては、基本的に、毛穴の出口(毛孔部)のターンオーバーを正常化すれば、表皮由来の毛穴トラブルは治るはずです。

毛穴の毛孔部の角質層に、脂質や酵素を十分に含んだ細胞を並ばせるのです。

しかし、毛穴だけではなく、私たちの目指す理想の肌状態というものは、角質細胞と細胞間脂質とがガッチリとレンガ構造を組んだ、ちょっとやそっとの刺激ではビクともしない、肌のバリア機能が構築された状態です。

正常な周期による細胞を生み出すためにも、自らがその周期に干渉してはならないのです。

美肌を目指すならば、そのことを頭に入れながら、普段のスキンケアなどは行わなければなりません。

その点で、個人的なおすすめの角栓除去方法は、クレンジングを用いたもので、肌への刺激が比較的少ないと思われるのが、この毛穴ケアです。

しかし、その刺激を大きく左右する、やり方やオイルと界面活性剤の質には徹底的にこだわりましょう。

ポイントとしては、クレンジングの際に落とすのではなく、あくまでも(必要に応じて蒸しタオル〜)クレンジング〜洗顔の一連の流れで除去するということを意識するのが肌に負担がかからないと思いますので、それぞれ考えながら行ってください。

また、クレンジングオイルではなく、オリーブオイルなどのピュアオイルをそのまま顔に塗る人がいますが、それはオイルが肌に残っても逆にそれがメリットとなる人が行うケアであり、皮脂の分泌が過剰であるTゾーンに塗るのは使い方が間違っています。

乾燥肌の方ならメリットがあるのですが、そもそも皮脂が過剰であることで問題になることの多い毛穴トラブルには、特に脂性肌の方にはメリットは皆無だと思われます。

最後に、評判のクレンジングをご紹介しますので、参考にしてみてください。

毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使えるクレンジング

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、このどちらに作用させるかで、さまざまな毛穴ケアが存在します。

その中で、オイルやクレンジングの油分を脂質に作用されることで、汚れを溶かし出すというケア方法が、比較的、肌を傷つけずにできるのでおすすめです。

しかし、美容オイルなどのピュアオイルをそのまま肌に塗るのは、特に皮脂の過剰であるTゾーンに塗るのは、ニキビなどの肌荒れや毛穴トラブルを悪化させる危険性があるので、水でも流しやすいクレンジングがおすすめです。

なので、毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使える評判のクレンジングをご紹介します。

1.アテニア スキンクリア クレンズ オイル

アテニアのスキンクリア クレンズ オイルは、オイルクレンジングなので、毛穴の黒ずみ・角栓の除去に効果的なのは言うまでもありませんが、肌のくすみ(肌ステイン)を落とすことで美白効果も見込めます。

肌ステインとは、紫外線や外的ストレスにより過剰に生成される活性酸素が角質のタンパク質に付着することで起こる、肌の黄ばみです。

美白ケアをしても肌のくすみ・明るみが改善しないという方は、実は肌ステインの蓄積によるものかもしれません。

そして、その肌ステインを除去&予防するのが、ロックローズオイルとイモーテルオイルです。

具体的には、ロックローズオイルが肌ステインを緩めて切り離す除去効果、イモーテルオイルが活性酸素にアプローチし、肌ステインの発生を防ぐ予防効果をもたらします。

他にも、アルガンオイルが毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去し、バオバブオイルがクレンジングで失われがちな肌の水分をしっかりキープします。

また、レモングラスやベルガモットをベースにブレンドしたアロマの香りがクレンジングをしながら癒されると評判です!

そんな、アテニアのスキンクリア クレンズ オイルが、公式からの購入で、スキンクリア クレンズ オイル 175ml(たっぷり2ヶ月分)にプラスして、人気商品「ドレスリフト ローション」のミニボトル30ml(14日分)がセットになり、送料も無料でかなりお得です!

<商品内容>

・スキンクリア クレンズ オイル <アロマタイプ>(175ml:約2ヶ月分)

・ドレスリフト ローション」のミニボトル(30ml:14日分)

1836円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【スキンクリア クレンズ オイル】詳細はこちら

2.ファンケル マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル

4秒に一本売れている!売り上げ7200本突破!使用感満足度91%!

と、最強のクレンジングオイルとの呼び声の高い、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など、肌にとってマイナスとなる添加物を使用しないのは、ファンケルのこだわりでもあります。

メイク・ざらつき・毛穴づまりを肌に負担をかけずに落とし、なおかつクレンジングオイルで失いがちな肌の潤いもキープし、乾燥小じわを防ぎます。

マツエクにも使えるのも嬉しいポイントです!

是非とも、メイク・ざらつき・毛穴づまりの三段落ち!を実際に自ら体感してみて下さい!

<商品内容>

・マイルドクレンジングオイル トライアルボトル (60ml:約1ヶ月分)

500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マイルドクレンジングオイル

【ファンケル マイルドクレンジングオイル 】詳細はこちら

3.DUO ザ クレンジングバーム クリア

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

DUO ザ クレンジングバーム クリアは、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりをケアしながら潤いを与えるクレンジングで、最近人気急上昇中のクレンジングバームです。

固形状のバームが肌に乗せると体温でトロリと溶け、肌になじみ、24種類の植物エキスの他、ナノコラーゲン、ナノセラミド、ナノヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、メイクを落とすと同時に毛穴ケアを行い、さらにお肌に透明感やハリを与えることで、肌本来の力を呼び覚まし、使うほどに年齢を重ねた肌が磨かれていきます。

W洗顔不要で、肌への負担が減らせるのもプラスポイントですね♪

<商品内容>

・DUO ザ クレンジングバーム クリア (90g:約1ヶ月分)

※定期購入はなんと初回半額の1,800円!

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

【DUO ザ クレンジングバーム クリア】詳細はこちら

4.リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、なんと美容液成分99.3%とほぼ美容液成分でできているクレンジングです。

この美容液成分とプニプニの感触がたまらないと評判のこんにゃくスクラブが、メイクと毛穴汚れをすっきり落とします。

こちらもW洗顔不要で、肌への負担が少ないです。

初回購入特典として、1個買うともう1個プレゼント!でたっぷり2か月分と、初回はかなりお得になっております!

<商品内容>

・モイストゲルクレンジング (150g×2:約2ヶ月分)

※初回限定特典として、もう一本プレゼント!

3076円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

【リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング】詳細はこちら

5.フルリ クリアゲルクレンズ

マギー起用バナー

美容皮膚科クリニック・エステサロンより誕生した毛穴ケアに最適なドクターコスメとして、使用者のなんと93.6%が「毛穴の変化を感じた」と回答するなど、非常に高い効果を得られるプロも納得のクレンジングです。

「本当に綺麗になる為には、毎日のホームケアを変えるしかない」 そんな思いで開発した『フルリゲルクレンズ』は、お肌のことを徹底的に考え、ノンオイル、ノンアルコールはもちろんのこと、ゲルの粘性を利用することで汚れを吸着しやすい仕様になっています。

<商品内容>

・クリアゲルクレンズ (150g)

2000円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マギー起用バナー

【クリアゲルクレンズ】詳細はこちら

6.maNara ホットクレンジングゲル

ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは、なんと91.3%が美容液成分!

その美容成分がメイクや古い角質、毛穴の溜まった汚れを浮かせ、それを温感作用のあるゲルが吸着させることで、きちんと落とす&潤いを守るというクレンジング本来の肌への負担を最小限に抑えます。

また、ダブル洗顔不要で手間いらず、洗いすぎによる肌の乾燥も防げる優れもの。

一度使ったらやめられない!と、毛穴トラブルや乾燥肌で悩む女性の間で密かなブームとなってます。

<商品内容>

・ホットクレンジングゲル (200g:約2ヶ月分)

・スキンケアサンプル6点セット

2990円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

ホットクレンジングゲル

【maNara ホットクレンジングゲル】詳細はこちら

まとめ

というわけで、角栓は文字通りに取るのは簡単だけど取ろうとせずに取るのはとても難しいという話でした。

角栓の詰まりは特に酸化されると黒ずんでとても目立ち、すぐにでも綺麗にしたいものです。

しかし、その今の状態を綺麗にするのは意外と簡単なのですが、治すのが目的であるならば、それがかえって逆効果になることが多いです。

そのジレンマの中でいかに毛穴トラブルを引き起こしている主原因に肉薄できるかが毛穴トラブル解決の鍵です。

あれこれ悩みながら、色々試してみて下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.