毛穴・角栓

鼻の角栓をにゅるにゅる押し出すと毛穴が開く!ではなく毛穴が終わる!

更新日:

Iris
毛穴の開きや黒ずみ・角栓の詰まりなどの毛穴トラブルは、幅広い年代で姿形を変えながら私たちを悩ませます。

そんな毛穴トラブルに対し、押し出すことで毛穴の角栓を除去するケア方法は、誰でも一度はやったことがあるのではないでしょうか?

にゅるにゅるが快感でついついやってしまうという方もいるかもしれません。

この記事では、そんな毛穴の角栓を押し出すことで除去するケア方法について、あれこれまとめていきます。

毛穴の角栓を押し出すことの肌への影響

Woman

角栓の役割とは?

skin
角栓とは、毛穴内部のターンオーバーの果てに角質が剥がれ、それと皮脂とが合わさることで出来ます。

その組成は一般的に、角質(70%)と脂質(30%)です。

それはたしかにただのゴミではあるのですが、外部刺激から肌を守る役割の一部を担います。

具体的には、毛穴とは皮膚の表皮から真皮を貫いている穴で、それが顕になるというのは大問題ですが、角栓が文字通り毛穴に蓋をする事で、外から汚れや細菌の侵入を阻害し、皮膚は外敵から体を守る第一防衛ラインとしての役割を発揮するのです。

しかし、その蓋が完全に毛穴を塞いでしまうと嫌気性のアクネ菌が毒素を出し、それに対する炎症からニキビになってしまいます。

さらに、角栓は見た目の悪さから、目立つとすぐに除去してしまいます。

ですが、防御能の一端を担う角栓を除去するということは、大なり小なり肌へ負担のかかるケアでもあります。

具体的には、除去するケア自体で肌を傷つける可能性は当然ですが、蓋を失うことで細菌の侵入を許し、それらは肌の炎症の悪化やその危険性を高めます。

それは毛穴トラブルだけでなく、あらゆる肌トラブルを悪化させ、表皮だけでなく、自力での回復が困難な真皮・皮下組織にまで影響する可能性もあります。

ニキビを触って悪化したなども同じようなことで、今のクレーターやケロイド隆起は過度なケアによるものかもしれません。

肌の正常な機能が破綻している部位を触ることは絶対にNGです。

話を戻しまして、では、角栓を押し出して除去するケアはどうでしょう。

角栓を押し出しすケアの肌への影響

毛穴内部を横から圧迫させることで押し出す角栓ケアは、通常の毛穴ケアのすり鉢状の毛穴に溜まった角栓のみを除去する事とは違い、毛穴内部の角栓を根こそぎ除去するに等しい行為です。

外敵からの防御機能を自ら損なわせるもので、それは体への危険信号であることから、ターンオーバーを促進させ、表皮細胞の増殖、新たなる角栓の生成を促します。

そして、それが生成されるまでは、炎症などの危険性に常にさらされます。

押し出すケア自体が肌を傷つけ炎症を引き起こすというようなことも容易に考えられるので、まさに角栓を押し出して除去するケアは百害あって一利なしです。

同時に、角栓の除去はらっきょうの皮剥きと一緒で、剥いても剥いても新しい皮が出てくるんですよ。

なにせ、それは肌にとって必要なものだからです。

そして、そのような除去を繰り返すことはターンオーバーの促進を繰り返すことでもあるため、慢性的な角質の過剰生成が角質含有量の比率が高いカチカチ角栓を生み出し、何をしても取れないという最強の角栓を生み出してしまう可能性もあります。

なので、なぜ自分の毛穴には角栓が溜まるのかという根本の部分について考えなければなりません。

そもそもなぜ毛穴に角栓が溜まってしまうのかというと、主な原因とされるのは皮脂です。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

なので、毛穴のターンオーバーを正常化させることが毛穴トラブル改善の重要ポイントであり、それなのに自らがその周期に干渉していては治るはずがないのです。

角栓はただ除去するだけでは意味はなく、なぜ毛穴に角栓が詰まるのか、その原因に対してケアをしないと毛穴トラブルを治すという点では意味がないのです。

まとめ

というわけで、毛穴の角栓を押し出すのは百害あって一利なしという内容でした。

一利あるとすれば毛穴が綺麗になるということですが、無理な除去は表皮細胞の増殖を促しますから、結果的に意味がないですね。

日頃のスキンケアでは、洗顔とクレンジングがターンオーバーの周期に干渉しやすく、肌に最も負担のかかるケアですので、慢性的な毛穴・肌トラブルでお悩みの方は洗顔とクレンジングをまずは見直しましょう。

それと同時に、皮脂の分泌を抑える努力も重要です。

皮脂の分泌を司るのは主にホルモンです。

他にも高脂質・糖質食なども影響しますので、脂性肌状態を引き起こす原因をひとつひとつ認識し、自分の脂性肌状態は何が一番の原因で引き起こされているのかを自分で探し、ケアすることが重要です。

ターンオーバーを正常化すること、皮脂の分泌を抑えること、この2点が毛穴トラブル改善には極めて重要なことです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.