毛穴・角栓

角栓の吸引の効果とやり方!肌に負担が大きくて逆に悪化する?

更新日:

Flower
若い頃の毛穴の開き・黒ずみから歳を重ねてのたるみ毛穴まで、様々な年代で毛穴トラブルの悩みは尽きません。

その中で、毛穴の黒ずみ・角栓でお悩みの方は多いかと思います。

その黒ずみ・角栓ケアとして、吸引器による除去を試したことはありますか?

よく取れてお気に入り♪という方も、肌が傷ついて逆に荒れた⤵︎という方もいるかと思います。

この記事では、毛穴の黒ずみ・角栓を吸引して除去するケアについて、あれこれまとめていきます。

毛穴の黒ずみ・角栓の吸引器での除去の肌への影響

Woman

角栓とは?

角栓とは、毛穴内部の角質がターンオーバーの果てに剥がれ落ち、そこに注ぎ込まれる皮脂とが合わさってできたものです。

その組成は一般的に、角質(70%)と脂質(30%)と言われています。

そして、この角栓の除去の方法は大きく分けて3種類存在します。

具体的には、角質部分に作用することで除去するケア、脂質部分に作用することで除去するケア、物理的に除去するケアです。

角質部分に作用するケアは、酵素や酸がタンパク質に作用することで溶かし出し、除去するものが主流ですね!

脂質部分に作用するケアは、美容オイルやクレンジングなどの油分が脂質部分に作用することで汚れを浮かせ、洗い流しやすくするというものが主流です。

綿棒&オイルやオロナイン、ニベアなどが良く取れると話題になりましたね!

そして、最後に、物理的に除去するケアは、ピンセットや剥がすタイプの毛穴パックなど、なんでも御構い無しに引っこ抜くというものです。

そして、吸引は最後の物理的な除去に当てはまります。

毛穴の除去では肌に負担の大きい最悪の除去方法になります。

具体的に見ていきましょう。

角栓の吸引除去の肌への影響

毛穴の吸引をする場合、吸引器を買って自分で除去するというのが一般的かと思います。

エステにわざわざ行って行うよりもリーズナブルですしね。

そして、その毛穴吸引器は、吸引力で毛穴の角栓を吸い取るものですが、どうしてもその吸引の際に周りの肌を傷つけてしまう懸念があります。

小さい頃に掃除機などを肌にくっつけたことは誰しも一度は経験があるかと思いますが(ない?)、すると丸い内出血の跡が残りますよね?

まさにその丸い部分には相当の負担がかかっているのですよ。

肌が傷つけば炎症を引き起こす可能性があり、そうなれば表皮細胞の増殖が促され、毛穴トラブルを悪化させます。

仮に上手く大きな角栓が取れたとしても、その部分にはぽっかりと穴が開いたままです。

毛穴の開きの多くは毛穴が開くわけではなく、すり鉢状=円錐状の構造になっていることが多く、多少の毛穴の縮小はあってもそれが完全に閉じることは少ないのです。

そして、毛穴にぽっかり穴が開いている状態というのは、皮膚の持つ体への外的刺激からの第一防衛ラインとしての役割が破綻しているため、その危険信号を察知すると新たな角栓を生成しようと表皮細胞の増殖が促されます。

しかし、それが生成されるまでは、常に外的刺激にさらされることになります。

表皮・真皮を貫く毛穴に炎症が起これば、自力での改善が困難なクレーターやケロイド隆起などを引き起こす可能性もあるのです。

つまり、角栓を除去するということは、大なり小なり肌へ負担のかかることなのです。

エステなどで行えば、その前後のケアも充実しているかもしれませんが、それを全て自分で行うとなるとさすがに無理や落ちが出てくるでしょう。

そもそも、市販の吸引器はエステなどのものより吸引力が低いですから、最低限のものしか取れませんし、その最低限の角栓を見抜く目をまずは養わなくてはなりませんので練習が必要ですが、その練習が自分の肌を生贄に行われるのですからね。

周りの肌を傷つけながら行うケアが肌に良いわけありませんので、使おうとしている方がいたらやめた方が良いです。

まとめ

というわけで、毛穴の黒ずみ・角栓を吸引により除去するケアは危険!という内容でした。

角栓は除去しても次々と生えてくるもので、一生懸命除去してもかえってそれを助長するだけですので、なぜ角栓が生えてくるんだろうと考え、その部分に対してケアを行わないと改善されません。

そして、毛穴の開きや角栓の詰まりは、多くが皮脂により引き起こされ、皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

毛穴のターンオーバーを正常化させることが毛穴トラブル改善の肝であり、それなのにその周期に自らが干渉していては意味がないのです。

角質に作用するケアや物理的に除去するケアは往々にして肌に負担となりますから、脂質部分に作用するケアが肌に負担が少なく、個人的にはおすすめです。

まぁ、これも使うものややり方次第では負担になりますけどね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.