毛穴・角栓

角栓が何をやっても取れない!実は角栓の質が原因かも!?

更新日:

Flower
毛穴の開きや黒ずみ・角栓の詰まりなどの毛穴トラブルは、幅広い年代で姿形を変えながら私たちを悩ませます。

特に角栓が詰まって酸化すると黒ずみ、とても目立つため、すぐにでも綺麗にしたいものですよね。

しかし、そんな角栓が何をしても取れず、お手上げ状態という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、角栓がなぜ取れないのかについて、あれこれまとめていきたいと思います。

毛穴の角栓が取れない原因と対策

Woman

角栓とは?

角栓とは、肌のターンオーバーの果てに剥がれ落ちた角質が皮脂と合わさることで出来ます。

その組成は、一般的には、角質(70%)と脂質(30%)で構成されると言われています。

そして、角栓を除去する場合、角質に作用させるか、脂質に作用させるか、はたまた物理的に除去するか、いずれかのケアで除去することになります。

角質に作用させるケアは、酸や酵素の働きでタンパク質を分解するようなものが主流ですね。

脂質に作用させるケアは、美容オイルやクレンジングなどの油分を脂質に作用させることで、汚れを浮かせ、除去するというものです。

物理的な除去は、上に書いたものは関係なしに、ピンセットや毛穴パックなどで角栓を剥がし取るものです。

そして、角栓が取れないという場合、角質に作用させるケアでも脂質に作用させるケアでも取れないというケースでしょう。

それは角栓の硬化が原因かもしれません。

その話の前に、角栓生成の原理について、お話ししましょう。

毛穴開きや黒ずみ・角栓の原因

鼻の毛穴開きの原因は様々考えられますが、やはり、主な原因とされるのは皮脂です。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

それではこれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

毛穴の開き・黒ずみ・角栓の詰まりと皮脂

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、皮膚常在菌であり、ニキビの原因菌とも言われるアクネ菌の分解酵素リパーゼにより、オレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解されます。

そして、この不飽和脂肪酸が炎症誘発物質の働きをします。

具体的には、不飽和脂肪酸が表皮細胞内にカルシウムイオンを誘導させるスイッチをONにすることで、細胞内をプラスの電荷に偏らせます。

この状態がシグナルとなり、免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応へと移行します。

そして、この炎症反応=肌荒れは、表皮細胞の増殖(ターンオーバーの亢進)を促します。

この表皮細胞の増殖は、正常なターンオーバーの周期よりも短いため、セラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞を次々と生み出させることになります。

表皮細胞は元々、最下層の基底層から細胞分裂が行われ、それが上層へと押し上げられると同時に、成熟・分化していき、角質層の手前で細胞核が失われ(脱核)、その際にセラミドやNMFなどの脂質の素となる物質を放出することで、角質層内に水分を保持する能力が付加されます。

そして、角質層は、その脱核した角質細胞とセラミドなどの角質細胞間脂質とがレンガのように積み重なり、水分をサンドイッチすることで、角質層内の水分量を保持するとともに、肌のバリア機能をもたらすのです。

しかし、この肌荒れを起こした部分には、細胞核が残存した細胞が散見され(不全角化)、その細胞核が残存した不全角化の状態では、細胞が扁平にならずいびつで、隙間の多い構造をとるため、その隙間から水分が蒸散してしまう=肌のバリア機能の低下を招くのです。

そして、この不全角化が毛穴の出口(毛孔部)で起こると、毛穴がすり鉢状=円錐状の構造になってしまうようです。

なぜ、毛穴の毛孔部がすり鉢状になるのかは未だ分かっていないようですが、その原因が皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸(オレイン酸・パルミトレイン酸など)が有力であることが、資生堂の研究で明らかになりました。

資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

さらに、角質層内に水分を保持する能力が落ちると、角質層と角質間細胞脂質との間の結合を解く分解酵素の働きを弱め、加えて、細胞自体が萎縮・硬化していることで、角質のスムーズな排出を阻害します。

すると、毛穴内部に角質が滞留するようになり、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴内部はどんどん狭くなり、いずれ角栓となって毛穴をふさいでしまうと、今度は酸素と触れ合う機会を失った嫌気性のアクネ菌がCAMP因子(Christie-Atkinson-MunchーPeterson factor)という毒素を産生するようになり、これに対して免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂がまず第一にターンオーバーを促進させる因子として働き、毛穴をすり鉢状にしているのです。

もちろん、この皮脂の厄介な働きを克服することが毛穴トラブルの改善には必要不可欠ですが、ターンオーバーの促進はなにも皮脂だけで引き起こされるわけではありません。

過度なスキンケアによるターンオーバーの促進

普段の過度なスキンケアがターンオーバーを促進させてしまうケースが多くあります。

例えば、先述の角栓除去の角質作用させるケアの多くは、角質を無理やり剥がすようなものが多く、角質を剥がせばその部分では表皮細胞の増殖が起こりますので、ターンオーバーを促進させます。

他にも、洗顔やクレンジングは、手や洗浄料が肌に直接触れるので、ゴシゴシ擦ったり、洗浄力が強いものを使用したりすることで、容易にターンオーバーの周期に干渉します。

そして、そのようなことが毎日行われ、同時に角栓が取れないと無理やり除去することを繰り返すと、慢性的なターンオーバーの亢進状態から一般的な比率の70%を超える角質含有量のカチカチ角栓が生成される可能性があります。

それには油分が作用する余地が少ないので取れません。

取れたとしてもターンオーバーの亢進から、すぐにまた再セットされるという繰り返しです。

つまり、角栓はどうやら除去するだけではあまり意味がないのです。

ではどうすれば良いのかというと、毛穴のターンオーバーの周期を正常化させるのです。

というのも、毛穴の出口のターンオーバーの亢進状態がすり鉢状の毛穴構造を生むので、それを改善させるにはターンオーバーを正常化させるしかないのです。

ターンオーバーを正常化させなければならないのに、その周期に自らが干渉していては意味がありません。

なので、毛穴トラブルでお悩みの方は、まずは最も肌に負担をかける洗顔とクレンジングを見直すことから始めましょう。

そして、それと同時に、皮脂の分泌を抑えるような処置もしながら行うと効果が出やすいと思われます。

皮脂の分泌を司るのは主にホルモンで、特に男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼに還元されたジヒドロテストステロンが皮脂線に働きかけ、皮脂の分泌を促すのです。

また、ストレスを受ければ交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンが分泌、それと同時に副腎皮質由来の男性ホルモンが過剰になります。

男性ホルモンは皮脂の他にも、角質細胞の増殖を促します。

女性であれば生理前の黄体期にプロゲステロンが過剰になり、それが皮脂の分泌を過剰にさせます。

他にも、当然、食事でも高糖質・高脂質食が皮脂の過剰分泌を招きます。

普段の過剰なスキンケアによる肌の内部乾燥状態が皮脂の分泌を過剰にさせるのは上で話した通りです。

このように、皮脂を過剰に分泌させる要素を一つ一つ認識し、その上で自分にはどの要素が強く影響しているのかを、自分で考え、ケアしなくてはなりません。

まとめ

というわけで、角栓が取れないのはカチカチ角栓が原因かも?という内容でした。

角栓は取っても取っても次々と生えてきますので、それを取るだけではあまり意味がなく、その次々と生えてくる原因に対してケアをしないと毛穴トラブル改善にはつながりません。

角栓が取れないと悩むのではなく、取れない原因はなんなのかを考えるのが重要です。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.