毛穴・角栓

ピーリングは毛穴の黒ずみ・角栓除去に効果ある?使い方は?毎日でもOK?

更新日:

Soap
毛穴開きや黒ずみ・角栓の詰まり、たるみなど、毛穴トラブルは幅広い年代で悩みの多い肌トラブルの一つです。

そんな毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりの除去で、ピーリングを試したことがある方は多いのではないでしょうか?

自分で行うのではなく、皮膚科などでやってもらったという方もいるかと思います。

この記事では、ピーリングを行うことで得られるメリット&デメリットについて、あれこれまとめていきたいと思います。

ピーリングによる毛穴の黒ずみ・角栓除去の肌への影響

Woman

ピーリングとは?

ピーリングとは、peel(皮を剥がす)から、肌表面の肥厚化した角質をグリコール酸やサリチル酸などのフルーツ酸の力で分解し、除去するものです。

その恩恵としては、肌表面の角栓の除去により毛穴を目立ちにくくしたり、肌のくすみを除去することや、毛穴を塞ぐことで起こるニキビを予防する効果などがあります。

角質を除去することでターンオーバーが促され、肌内部に溜まったメラニンの排出を促し、シミの改善などが期待できます。

他にも真皮に炎症を起こすことでコラーゲンの産生を促すなどの効果もあるそうです。

つまり、ピーリングを行う意味としては、肥厚した角質を除去すること、そして、それに伴ってターンオーバーを促進させる効果があるのです。

確かに、肌表面の肥厚化した角質を除去できるので、毛穴ケアに効果的に思えますが、必ずしもそうとは言えません。

というのも、それに伴ってターンオーバーの促進が促されてしまうという点です。

ピーリングとはむしろこの点にメリットがあり、毛穴詰まりで悩む人の多くはターンオーバーが遅延しているためにそれが起こっているのではなく、毛穴内部のターンオーバーの亢進状態により引き起こされていることが多いため、それは全く逆のケアになります。

つまり、角質の除去の他に、ターンオーバーを促進させることでもメリットを生むという部分まで考えて行わないと失敗するのです。

皮膚科などでのケミカルピーリングは専門家がその前後のケアも含めて行なってくれますが、自宅でのピーリングは効果が弱いとは言え、それを全て自分で行わなくてはいけないので、器用な人はピーリングのマイナスの部分を上手に扱うことでメリットの部分を大きくできますが、角栓除去にはピーリングがいいみたい♪と軽い気持ちで使うと多くの場合失敗します。

というのも、先ほども申しました通り、効果が弱めですので、そんなに劇的に角栓が取れるというようなことは少ないです。

角栓を取るために行っていますので、取れなければ、元々洗浄力が強いものなのに、それにプラスしてゴシゴシ擦ったり、推奨以上の高頻度で使用するようなことが容易に想像できます。

そして、毛穴トラブルというのは元々ターンオーバーの促進状態が招いているものですので、毛穴トラブルは治らず、次々と生成される汚れを除去し続けるケアばかりをするという悪純化に陥ってしまうのです。

基本的に、角質部分に作用することでケアをする角栓ケアは、使う人の腕次第で毒にも薬にもなるのものが多いです。

多くの場合、過剰に除去してしまってターンオーバーを促進に傾けてしまうのですね。

なので、角栓除去するケアを行う際の注目ポイントとしては、ターンオーバーの周期になるべく干渉しないということです。

それに抵触すればするほど毛穴トラブルは悪化しますので、毛穴の黒ずみ・角栓の除去を行う際はその点をよく考えて行いましょう。

まとめ

というわけで、ピーリングは角質を除去する他にターンオーバーの促進を招くので使う際はよく考えて使おう!という内容でした。

最近流行りの酵素洗顔も同様に酵素の力で角質を溶かすものですので、あれもターンオーバーの促進を招きますので、使う際は注意しましょう。

過度なスキンケアでもそれは起こります。

もしかしたら、今ある毛穴・肌トラブルは自らが招いているものかもしれませんよ?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.