毛穴・角栓

いちご鼻の黒ずみ・角栓除去にはがすパックはいい加減やめよう!

更新日:

Flower
開き毛穴や黒ずみ・角栓の詰まりによるいちご鼻、たるみ毛穴など、毛穴トラブルは幅広い年代で姿形を変えながら、私たちを悩ませます。

特に、皮脂の分泌が過剰な若い世代では、いちご鼻や黒ずみが目立ち、すぐにでも綺麗にしたいものです。

そんないちご鼻・黒ずみに対し、誰しも一度は剥がすタイプの毛穴パックを使用したことがあるかと思います。

びっしり取れるのが快感!という方や、逆に肌荒れした⤵︎という方もいるかもしれません。

この記事では、剥がすタイプの毛穴パックの肌への影響について、あれこれまとめていきます。

いちご鼻の黒ずみ・角栓除去に剥がすタイプの毛穴パックは肌に悪い?

Woman

角栓とは?

角栓とは、毛穴内部の角質がターンオーバーの果てに剥がれ落ち、そこに注ぎ込まれる皮脂とが合わさることで出来るものです。

一般的にその組成は、角質(70%)・脂質(30%)と言われています。

そして、その本来白いはずの角栓に、大量の産毛が混ざることで黒ずみます。

酸化やメラニンの影響で黒ずむとよく言われますが、角栓を詳しく観察してみると、角質と脂質が年輪のように積み重なった中に、大量の産毛が散見され、これが黒ずみの主原因なのだそうです。

毛穴の黒ずみの正体は産毛と影!?資生堂研究員が解く毛穴問題

つまらない博士の、つまらないお話。

そして、その角栓を除去するケア方法としては、角質部分に作用させることで除去するケア、脂質部分に作用させることで除去するケア、物理的に除去するケアと、3種類存在します。

角質部分に作用することで除去するケアには、酸や酵素などの成分がタンパク質を溶かし出すことで除去するものが主流です。

脂質部分に作用させることで除去するケアは、美容オイルやクレンジングなどの油分が脂質部分に作用することで除去するものが主流です。

物理的に除去するケアは、角質や脂質など関係なしに、ピンセットやスティックなどで物理的に引き抜く除去方法です。

角質に作用させるケアや物理的に除去するケアは、基本的にそれを使う・行う人の腕次第で毒にも薬にもなります。

それに比べ、脂質に作用させて除去するケアは、比較的肌を傷つけずに除去するのが容易なので、個人的におすすめです。

そして、毛穴パックは、物理的に除去するケアのひとつです。

剥がすタイプの毛穴パックの原理と肌への影響

剥がすタイプの毛穴パックはケミカルピンセットとも呼ばれ、シートがピンセットの取っ手、シート上のポリマーがピンセットの先端の役割を果たし、ポリマーが水で溶解することで角栓を包み、乾燥と同時にそれが硬化し、パックを剥がすことで角栓が除去できるというものです。

まず問題点として、乾燥させすぎると、吸着しすぎて必要以上に角栓を除去しすぎてしまうということです。

しかし、角栓を取るためにやっていますので、逆に角栓がよく取れるというのはメリットでしかなく、いけないとは分かっていても推奨時間以上乾燥させてから取るという使い方をする人もいるかもしれません。

というように、何よりもまず使い方が間違っていることで肌への負担が大きくなってしまうという懸念点がひとつ。

次に、水で溶解したポリマーが不必要な角栓のみに作用するものなのかという点です。

もうすぐ取れそうな、不必要な角栓のみを選択的に除去してくれるというなら便利ですが、毛穴パックを貼り付けた部分に一様に作用するのであれば、必要な角栓をも除去してしまい、ターンオーバーの促進を招いてしまう可能性があります。

角栓とは、文字通り毛穴の蓋で、それがあるから汚れや細菌の侵入を阻害し、体への第一防衛ラインの役割(の一部)を発揮するのですが、それが除去されてしまうということは体が外部刺激への危機にさらされることで、それは危険信号であり、ターンオーバーを促進させることで表皮細胞を増殖させ、角栓の生成を促すということも考えられます。

つまり、毛穴パックに限らず、毛穴に詰まった角栓を除去するという行為は、大なり小なり負担のかかる行為なのです。

先に角質に作用させるケアや物理的に除去するケアは使う人によると言ったのは、その負担の部分が使う人に委ねられる部分が大きいため、その要素を器用に扱えることでメリットを生み出せる人が使えば…という意味です。

しかし、多くの場合、剥がすタイプの毛穴パックは、肌への負担が大きいと言わざるを得ないでしょう。

毛穴に詰まった角栓を綺麗に除去し、その後に収れん化粧品で毛穴を引き締めれば毛穴が閉じるほど単純なものではなく、毛穴の多くは“開く”のではなく、ターンオーバーの亢進状態によりすり鉢状=円錐状に“陥没”している場合が多いので、汚れを取ったところで多少縮小することはあっても、毛穴がなくなるほど閉じるということは少ないのです。

総合的に考えて、角栓を除去することに一生懸命になるよりも、なぜ角栓が詰まるのかに対してケアをする方が得られる効果は大きいと思われます。

毛穴パックを使うなら、クレイなどの泥系パックや保湿重視のシートパックを使用するようにしましょう。

まとめ

というわけで、角栓除去に剥がすタイプの毛穴パックはどうなの?という内容でした。

毛穴トラブルの主な原因は皮脂と言われています。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

その皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むことで角栓が詰まり、巨大化するのです。

その毛穴内部のターンオーバーを正常化させることが治すのには重要ですが、その周期を自らが促進させてしまっては毛穴トラブルを悪化させます。

その意味で、角栓を一生懸命除去することはあまり意味がないのです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.