毛穴・角栓

角栓が黒い原因は白い角栓に混ざった大量の産毛!酸化やメラニンじゃない!

更新日:

Flower
頬や鼻など、皮脂の分泌が過剰であるTゾーンは、毛穴の黒ずみ・角栓が詰まりやすい部位です。

そして、それは取っても取っても次々と生えてくるのでキリがなく、そして、詰まっているのを除去するだけでは何の改善もなく、どうすれば治るのかお手上げ状態という方も多いでしょう。

この記事では、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりの原因や除去する方法について、あれこれまとめていきたいと思います。

角栓が黒い原因と詰まりを除去する方法

Woman

角栓の除去方法

角栓とは、毛穴内部の角質がターンオーバーの果てに剥がれ落ち、そこに注ぎ込まれる皮脂とが合わさることで出来ます。

その組成は、一般的に、角質(70%)・脂質(30%)と言われています。

そして、その角栓は、空気に触れることで酸化され、黒くなるとよく言われますが、実は角栓を詳しく観察してみると、角質と皮脂が年輪のように積み重なった中に、大量の産毛が散見されるようです。

そして、これが角栓が黒ずむ主原因であるようです。

毛穴の黒ずみの正体は産毛と影!?資生堂研究員が解く毛穴問題

つまらない博士の、つまらないお話。

そして、そんな角栓の除去方法は、角質部分に作用させることで除去するケア、脂質部分に作用させることで除去するケア、物理的に除去するケアの、3種類が存在します。

角質部分に作用させるケアとは、グリコール酸やサリチル酸などのフルーツ酸や酵素の力でタンパク質を分解し、除去するというものです。

脂質部分に作用させるケアとは、美容オイルやクレンジングのオイル成分を脂質部分に作用させることで汚れを浮かせ、除去するというものです。

物理的に除去するケアとは、上に書いたことなど御構い無しに、ピンセットや毛穴パックなどで力技で引っこ抜くものです。

皆さんはどのようなケアを行い、角栓を除去していますか?

ここで角栓がなぜ詰まってしまうのか、その生成原理についてまとめたいと思います。

毛穴の開きや黒ずみ・角栓の詰まりの原因

毛穴開きトラブルの原因は様々考えられますが、やはり、主な原因とされるのは皮脂です。

皮脂の分解生成物である高級脂肪酸には免疫系を活性化させる働きがあり、これによる毛穴内部の炎症=肌荒れが毛穴の出口(毛孔部)をすり鉢状=円錐状の毛穴構造にしてしまうのです。

つまり、皮脂がもたらす毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が角質の過剰生成、角質の滞留を生むのです。

それではこれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

毛穴の開き・黒ずみ・角栓の詰まりと皮脂

皮脂の主成分であるトリグリセリドは、皮膚常在菌であり、ニキビの原因菌とも言われるアクネ菌の分解酵素リパーゼにより、オレイン酸などの不飽和脂肪酸へと分解されます。

そして、この不飽和脂肪酸が炎症誘発物質の働きをします。

具体的には、不飽和脂肪酸が表皮細胞内にカルシウムイオンを誘導させるスイッチをONにすることで、細胞内をプラスの電荷に偏らせます。

この状態がシグナルとなり、免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応へと移行します。

そして、この炎症反応=肌荒れは、表皮細胞の増殖(ターンオーバーの亢進)を促します。

この表皮細胞の増殖は、正常なターンオーバーの周期よりも短いため、セラミドやNMFなどの脂質や垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素が不足した、菲薄化した細胞を次々と生み出させることになります。

表皮細胞は元々、最下層の基底層から細胞分裂が行われ、それが上層へと押し上げられると同時に、成熟・分化していき、角質層の手前で細胞核が失われ(脱核)、その際にセラミドやNMFなどの脂質の素となる物質を放出することで、角質層内に水分を保持する能力が付加されます。

そして、角質層は、その脱核した角質細胞とセラミドなどの角質細胞間脂質とがレンガのように積み重なり、水分をサンドイッチすることで、角質層内の水分量を保持するとともに、肌のバリア機能をもたらすのです。

しかし、この肌荒れを起こした部分には、細胞核が残存した細胞が散見され(不全角化)、その細胞核が残存した不全角化の状態では、細胞が扁平にならずいびつで、隙間の多い構造をとるため、その隙間から水分が蒸散してしまう=肌のバリア機能の低下を招くのです。

そして、この不全角化が毛穴の出口(毛孔部)で起こると、毛穴がすり鉢状=円錐状の構造になってしまうようです。

なぜ、毛穴の毛孔部がすり鉢状になるのかは未だ分かっていないようですが、その原因が皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸(オレイン酸・パルミトレイン酸など)が有力であることが、資生堂の研究で明らかになりました。

資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

さらに、角質層内に水分を保持する能力が落ちると、角質層と角質間細胞脂質との間の結合を解く分解酵素の働きを弱め、加えて、細胞自体が萎縮・硬化していることで、角質のスムーズな排出を阻害します。

すると、毛穴内部に角質が滞留するようになり、そこに注ぎ込まれる皮脂とで毛穴内部はどんどん狭くなり、いずれ角栓となって毛穴をふさいでしまうと、今度は酸素と触れ合う機会を失った嫌気性のアクネ菌がCAMP因子(Christie-Atkinson-MunchーPeterson factor)という毒素を産生するようになり、これに対して免疫系が活性化、連鎖的な炎症反応からニキビへとつながっていくのです。

つまり、皮脂がまず第一にターンオーバーを促進させる因子として、働いているのです。

そして、角栓を除去する際にも、このターンオーバーが促進へと傾いてしまう可能性があります。

角栓除去とターンオーバー

例えば、酵素洗顔やケミカルピーリングは、肥厚化した角質を酸や酵素の力で分解することで除去し、毛穴の詰まりやそれによりできるニキビなどを予防する効果があります。

と、一見、毛穴ケアにはもってこいのケア用品に見えますが、それに伴ってターンオーバーの促進が行われます。

これは必ずしも悪いことではなく、ターンオーバーを促進させることで、肌内部のメラニンを排出し、シミを改善させるなどの効果があります。

しかし、上で話したように、毛穴トラブルの多くが毛穴内部のターンオーバーの亢進状態が原因で起こっているので、それをより加速させるようなケアは毛穴トラブルを悪化させます。

なので、角栓を除去する際は常にターンオーバーを乱してしまう可能性があり、ケア用品を使用することにより得られるメリットとデメリットをしっかりと天秤にかけ、結果的にプラスに働くもののみを使用しなくてはなりません。

しかし、上に書いた角質に作用させるケアと、物理的に除去するケアは、それを行う・使う人により、その効果と影響が大きく左右されます。

器用な人ならば上手に扱うことでそれによる負担を軽減し、メリットの部分を大きくさせることができるのです。

その意味で、素人でも比較的簡単に肌を傷つけずに除去できる、脂質部分に作用させるケアが個人的にはオススメです。

具体的にはクレンジングを用いた角栓除去です。

毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使えるクレンジング

角栓は、角質(70%)と脂質(30%)で構成され、このどちらに作用させるかで、さまざまな毛穴ケアが存在します。

その中で、オイルやクレンジングの油分を脂質に作用されることで、汚れを溶かし出すというケア方法が、比較的、肌を傷つけずにできるのでおすすめです。

しかし、美容オイルなどのピュアオイルをそのまま肌に塗るのは、特に皮脂の過剰であるTゾーンに塗るのは、ニキビなどの肌荒れや毛穴トラブルを悪化させる危険性があるので、水でも流しやすいクレンジングがおすすめです。

なので、毛穴の黒ずみ・角栓ケアに使える評判のクレンジングをご紹介します。

1.アテニア スキンクリア クレンズ オイル

アテニアのスキンクリア クレンズ オイルは、オイルクレンジングなので、毛穴の黒ずみ・角栓の除去に効果的なのは言うまでもありませんが、肌のくすみ(肌ステイン)を落とすことで美白効果も見込めます。

肌ステインとは、紫外線や外的ストレスにより過剰に生成される活性酸素が角質のタンパク質に付着することで起こる、肌の黄ばみです。

美白ケアをしても肌のくすみ・明るみが改善しないという方は、実は肌ステインの蓄積によるものかもしれません。

そして、その肌ステインを除去&予防するのが、ロックローズオイルとイモーテルオイルです。

具体的には、ロックローズオイルが肌ステインを緩めて切り離す除去効果、イモーテルオイルが活性酸素にアプローチし、肌ステインの発生を防ぐ予防効果をもたらします。

他にも、アルガンオイルが毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去し、バオバブオイルがクレンジングで失われがちな肌の水分をしっかりキープします。

また、レモングラスやベルガモットをベースにブレンドしたアロマの香りがクレンジングをしながら癒されると評判です!

そんな、アテニアのスキンクリア クレンズ オイルが、公式からの購入で、スキンクリア クレンズ オイル 175ml(たっぷり2ヶ月分)にプラスして、人気商品「ドレスリフト ローション」のミニボトル30ml(14日分)がセットになり、送料も無料でかなりお得です!

<商品内容>

・スキンクリア クレンズ オイル <アロマタイプ>(175ml:約2ヶ月分)

・ドレスリフト ローション」のミニボトル(30ml:14日分)

1836円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓



【スキンクリア クレンズ オイル】詳細はこちら

2.ファンケル マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル

4秒に一本売れている!売り上げ7200本突破!使用感満足度91%!

と、最強のクレンジングオイルとの呼び声の高い、ファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など、肌にとってマイナスとなる添加物を使用しないのは、ファンケルのこだわりでもあります。

メイク・ざらつき・毛穴づまりを肌に負担をかけずに落とし、なおかつクレンジングオイルで失いがちな肌の潤いもキープし、乾燥小じわを防ぎます。

マツエクにも使えるのも嬉しいポイントです!

是非とも、メイク・ざらつき・毛穴づまりの三段落ち!を実際に自ら体感してみて下さい!

<商品内容>

・マイルドクレンジングオイル トライアルボトル (60ml:約1ヶ月分)

500円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マイルドクレンジングオイル

【ファンケル マイルドクレンジングオイル 】詳細はこちら

3.DUO ザ クレンジングバーム クリア

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

DUO ザ クレンジングバーム クリアは、毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりをケアしながら潤いを与えるクレンジングで、最近人気急上昇中のクレンジングバームです。

固形状のバームが肌に乗せると体温でトロリと溶け、肌になじみ、24種類の植物エキスの他、ナノコラーゲン、ナノセラミド、ナノヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、メイクを落とすと同時に毛穴ケアを行い、さらにお肌に透明感やハリを与えることで、肌本来の力を呼び覚まし、使うほどに年齢を重ねた肌が磨かれていきます。

W洗顔不要で、肌への負担が減らせるのもプラスポイントですね♪

<商品内容>

・DUO ザ クレンジングバーム クリア (90g:約1ヶ月分)

※定期購入はなんと初回半額の1,800円!

1800円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム クリア

【DUO ザ クレンジングバーム クリア】詳細はこちら

4.リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、なんと美容液成分99.3%とほぼ美容液成分でできているクレンジングです。

この美容液成分とプニプニの感触がたまらないと評判のこんにゃくスクラブが、メイクと毛穴汚れをすっきり落とします。

こちらもW洗顔不要で、肌への負担が少ないです。

初回購入特典として、1個買うともう1個プレゼント!でたっぷり2か月分と、初回はかなりお得になっております!

<商品内容>

・モイストゲルクレンジング (150g×2:約2ヶ月分)

※初回限定特典として、もう一本プレゼント!

3076円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

【リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング】詳細はこちら

5.フルリ クリアゲルクレンズ

マギー起用バナー

美容皮膚科クリニック・エステサロンより誕生した毛穴ケアに最適なドクターコスメとして、使用者のなんと93.6%が「毛穴の変化を感じた」と回答するなど、非常に高い効果を得られるプロも納得のクレンジングです。

「本当に綺麗になる為には、毎日のホームケアを変えるしかない」 そんな思いで開発した『フルリゲルクレンズ』は、お肌のことを徹底的に考え、ノンオイル、ノンアルコールはもちろんのこと、ゲルの粘性を利用することで汚れを吸着しやすい仕様になっています。

<商品内容>

・クリアゲルクレンズ (150g)

2000円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

マギー起用バナー

【クリアゲルクレンズ】詳細はこちら

6.maNara ホットクレンジングゲル

ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは、なんと91.3%が美容液成分!

その美容成分がメイクや古い角質、毛穴の溜まった汚れを浮かせ、それを温感作用のあるゲルが吸着させることで、きちんと落とす&潤いを守るというクレンジング本来の肌への負担を最小限に抑えます。

また、ダブル洗顔不要で手間いらず、洗いすぎによる肌の乾燥も防げる優れもの。

一度使ったらやめられない!と、毛穴トラブルや乾燥肌で悩む女性の間で密かなブームとなってます。

<商品内容>

・ホットクレンジングゲル (200g:約2ヶ月分)

・スキンケアサンプル6点セット

2990円で今すぐ始める

↓↓↓↓↓

ホットクレンジングゲル

【maNara ホットクレンジングゲル】詳細はこちら

まとめ

というわけで、角栓の除去にはクレンジングがおすすめ!という内容でした。

ターンオーバーの促進は、洗顔やクレンジングでも容易に引き起こされます。

具体的には、擦ることで角質を剥がしたり、強い洗浄力のものの使用で肌内部の脂質までも洗い流し、その肌の内部乾燥が皮脂の分泌を過剰にし、毛穴の炎症を悪化させるなどです。

毛穴トラブル改善には毛穴内部のターンオーバーを正常化させることですので、皮脂の分泌を抑えることと、ターンオーバーの周期に干渉しないこと、この2点が重要です。

これらを心掛けながら普段のスキンケアは行なって下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.