未分類

顔の毛穴のブツブツ原因と対策!詰まりは除去するだけではダメ!

更新日:

Flower
顔は、特に中心部分には皮脂腺が多く分布するため、皮脂が過剰になりやすく、それに伴い、自然とニキビなどの肌荒れや毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりも目立ちやすくなります。

しかし、なぜ皮脂が過剰であると、毛穴が黒ずんでしまうのでしょうか?

その原因を知ることで、適切な毛穴ケアを自分である程度選べるようになります。

そんなわけでこの記事では、毛穴のブツブツの原因と対策について、あれこれまとめていきます。

顔の毛穴の黒ずみ・角栓の詰まりの原因と改善方法

Woman

毛穴のブツブツの原因は?

毛穴のブツブツは、角栓といい、毛穴内部から剥がれ落ちた角質とそこに注ぎ込まれる皮脂とが混ざることでできます。

この角栓の役割は、文字通り毛穴に蓋をすることで、汚れや細菌の侵入を阻害し、外部刺激からは体を守る、肌の第一防衛ラインの役割の一部を担っています。

なので、毛穴レスと呼ばれる人にも存在し、それが大きかったり、黒ずむことで目立つのです。

では、なぜ、角栓が巨大化するのでしょうか?

それは、毛穴の出口が刺激され、角質が大量に生成されることで、毛穴の出口が硬化・閉塞するためです。

もっと詳しく話すと、皮脂の分解生成物である高級脂肪酸が毛穴の出口に微弱な炎症を招き、それが表皮細胞の増殖を促します。

その正常な周期よりも短いターンオーバーで生成される細胞はセラミドやNMFなどの脂質が不足した、菲薄化した細胞で、それらは水分を保持する能力が落ちているので、肌内部の水分量が低下しますが、それが垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素の働きを弱め、それにより角質が肥厚化し、毛穴内部に角質が滞留してしまうのです。

そして、本来白いはずの角栓に、大量の産毛が混ざることで黒ずむのです。

毛穴の黒ずみの正体は産毛と影!?資生堂研究員が解く毛穴問題

つまらない博士の、つまらないお話。

つまり、皮脂の引き起こす毛穴内部のターンオーバーの亢進が毛穴のブツブツの原因なのです。

毛穴のブツブツの対策

毛穴のブツブツの原因がターンオーバーの亢進なので、それを正常化することが改善につながります。

具体的には、皮脂自体の量を減らすことと、自らがターンオーバーのリズムに強く影響しないことです。

皮脂の量を減らすには?

皮脂の分泌を司るのは、ホルモン、主に男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンが皮脂腺内の1型5αリアクターゼに還元され、ジヒドロテストステロンになりますが、これが皮脂腺を刺激し、トリグリセリドの産生を促します。

また、毛乳頭内の2型5αリアクターゼによるジヒドロテストステロンは、毛髪周期を短くし、薄毛を引き起こします。

このトリグリセリドは血中のものが利用されるため、高脂質・高糖質食は皮脂過剰に直結します。

また、ストレスを受けると対ストレスホルモンが分泌されますが、その際に副腎由来の男性ホルモン、アンドロゲンが副産物として分泌されます。

男性ホルモンは皮脂の分泌だけでなく、表皮細胞の増殖も促すので、これが過剰なだけで毛穴トラブルとニキビができます。

女性であれば、生理前の黄体期にプロゲステロンが過剰になりますが、これは男性ホルモン的な性質を持つため、相対的に男性ホルモンが過剰になり、皮脂も過剰になります。

他にも、睡眠の質の低下がホルモンバランスを崩し、加えて、成長ホルモンの分泌を弱め、肌細胞の回復が遅くなります。

皮脂の過剰分泌が体質的な問題ならば、上に書いた内分泌系に対してのケアが必要になりますが、肌の内部乾燥でも皮脂は過剰になりますので、そちらが原因であるかどうかを探ることから始めるのが良いかと思います。

これはターンオーバーのリズムに干渉しないこととも関わっています。

ターンオーバーの周期に干渉しないとは?

そもそもの原因が毛穴内部のターンオーバーの乱れなので、それ自体に自分が関わっていては意味がありません。

そして、毛穴のブツブツを過剰に除去したり、洗浄力の強い洗顔やクレンジングでゴシゴシ行ったりすると、容易にその周期に干渉してしまいます。

なので、まずは周期に干渉してしまうほどの過度なスキンケアを徹底的に排除していくことから始めましょう。

具体的には、洗顔とクレンジングが最も負担となるスキンケアなので、これを使うものからやり方まで徹底的に見直すことから始めるのが良いと思います。

洗顔後などにつける化粧品を一生懸命何が良いかと選びがちですが、もちろんそれも重要ではあるのですが、洗顔とクレンジングで肌内部の脂質を洗い流した後に潤いを補給しても全然意味がないので、まずは洗顔とクレンジングを見直しましょう。

肌に溜まってしまう毛穴のブツブツの除去は、それを毎日行ったとしても肌に負担があまりないということを基準にして選ぶと失敗が減ると思います。

個人的なおすすめはクレンジングによる除去ですね。

以上が、顔の毛穴のブツブツの原因と対策です。

最後に、顔以外にできる毛穴のブツブツについても、簡単にまとめておきます。

顔以外にできる毛穴ブツブツの原因と対策

顔以外の二の腕などの毛穴のブツブツは、毛孔性苔癬と呼ばれるものです。

これも毛穴の出口が刺激されることで角化異常が起こり、毛穴が閉塞するもので、思春期に多く、加齢とともに自然に治っていくことが多いようです。

特徴としては、皮膚の乾燥している部分に起こりやすく、その原因は遺伝的な要因が強いようです。

ビタミンA代謝異常、ホルモン代謝異常、脂腺機能異常などが関与している可能性があるとされていますが、詳しいことは分かっていないようです。

対策としては、原因がわかっていないため、対症療法中心の治療で、ピーリングや保湿が主です。

しかし、放っておいても特に問題となることはないため、気になる人は上に書いたケアをするような形となります。

まとめ

というわけで、顔の毛穴のブツブツの原因と対策についてでした。

毛穴内部のターンオーバーの乱れが毛穴のブツブツを生む原因ですので、それを乱す要素を徹底的に排除し、残ったものでケアをしていくのが毛穴トラブルの正攻法の治し方です。

今日書いたことを一つの参考に、色々と悩みながら、あれこれ試してみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-未分類

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.