毛穴・角栓

毛穴を小さくする方法とは?氷・保冷剤・冷水で冷やすのは効果ある?

更新日:

Flower
毛穴開きや黒ずみ・角栓の詰まり、たるみなど、幅広い年代で姿形を変えながら私たちを悩ませるのが毛穴トラブルです。

そんな毛穴を小さくする方法があるなら、一度は試してみたいものですよね。

この記事では、毛穴を小さくする方法を鼻と頬の部位別で考えていきたいと思います。

毛穴を小さくする方法

Woman

鼻の毛穴を小さくするには?

まずは詰まった角栓が毛穴を押し広げている場合、それを除去することで小さくすることができます。

しかし、毛穴からピョンと飛び出ていれば取るのは簡単ですが、まだ毛穴に埋もれているものを取ることは容易ではありませんよね?

そして、それは取るべきではないです。

というのも、角栓は、文字通り毛穴の蓋の役割をし、それにより汚れや細菌の侵入を阻んでいます。

そのため、角栓は詰まっている状態が普通で、それが巨大化することで目立つために除去したいと思ってしまうのですね。

なので、取り除くばかりではなく、その巨大化する原因に対してケアをするべきだと思います。

なぜ、巨大化するのかというと、毛穴内部に角質が滞留してしまうからです。

その角質が滞留する原因は、角質が大量に生成されることと、水分量の低下により角質層が肥厚化すること、これらが同時進行的に起こるためです。

角質が大量に生成される原因は、皮脂の分解生成物である不飽和脂肪酸による微弱な炎症や普段の過度なスキンケアで角質を剥がすことで起こります。

そして、その角質の過剰生成は正常なターンオーバーの周期よりも短いため、NMFやセラミドなどの脂質が不足した、菲薄化した細胞を生み、水分を保持する能力が落ちるため、角質層内の水分量が低下し、それが垢となって剥がれ落ちる際の分解酵素の働きを弱め、角質が肥厚化するのです。

これらの影響が複合的に絡み合い、毛穴内部に角質が滞留するのです。

また、その角質が滞留した状態こそが角栓の詰まりであり、それを無理やり除去することでターンオーバーを一層促進に傾け、角栓の生成を助長するという悪循環に陥ってしまうのです。

一見汚れが詰まってターンオーバーが遅れているように見えても、多くの場合、それはターンオーバーが早すぎることが角質の滞留を招いていることが多いのです。

そして、何もしないでいると顔中が角栓だらけになってしまうような人は、皮脂が過剰であることが原因であると予想され、まずは肌由来の脂性肌状態の要素を潰しましょう。

具体的には、肌の内部乾燥を改善することで、皮脂の分泌を抑えます。

洗顔やクレンジングなどで肌内部の脂質を洗い流すと、肌内部に水分を保持する能力が落ちますので、皮脂を過剰に分泌させることで肌表面をコーティングし、肌内部からの水分の蒸散を防ぐ働きがありますが、この影響による皮脂の過剰分泌を抑えるのです。

インナードライ状態を改善させるのですね。

それでも治らない場合、体質的な内分泌系由来の脂性肌であると考えられ、それに対してはトリグリセリドが細胞内で貯蔵されるのを阻害させたり、トリグリセリドの産生を促すジヒドロテストステロンの生成・活性を抑えたりなど色々やれることはあります。

自分でやってもいいですが、個人的には医師など専門家の指導の下で行うことを強く勧めます。

糖質制限ダイエットなどもそうですが、糖質を制限させれば良いというものではなく、全体のバランスが重要です。

内分泌系もホルモンのバランスが重要ですので、その安全性を担保するために、皮膚科医などと相談しながらやるのが安全です。

頬の毛穴を小さくするには?

頬の毛穴はすり鉢状に窪むことで、それが影になって目立ちます。

これは、上に書いた角化異常により、菲薄化した細胞群が毛穴の毛孔部の角質層を形成することで、毛穴がすり鉢状=円錐状の構造に変質してしまうことが原因です。

なぜ、毛穴の構造がすり鉢状になるのかについては未だ詳しくわかっていないようですが、それが皮脂の分解生成物の不飽和脂肪酸の微弱な炎症が引き金であることが資生堂の研究で明らかになりました。

pores
出典:資生堂、毛穴の皮膚特性を科学的に解明

なので、頬の毛穴の目立ちも皮脂の作用を抑えることが治すという意味では重要になります。

しかし、頬の場合は、これにプラスして真皮の影響も受けやすいです。

具体的には、毛穴を閉じる力がなくなったり、たるむことで、上に書いたような表皮由来の毛穴トラブルを一層目立たせるのです。

そして、真皮の老化は自力での回復は困難で、線維芽細胞を活性化させるなどの特殊な治療を受けない限り、回復は期待できません。

レチノールやビタミンC、プラセンタなどは線維芽細胞を活性化させる働きがあるそうなので、ケアに取り入れて見るのも良いかもしれません。

また、肌のたるみは表情筋衰えや皮下脂肪の増加などでも起こるので、それが原因で起こっているなら、それを改善すれば効果があります。

基本的には、表皮由来の毛穴トラブルを改善することで目立ちにくくさせることはできても、真皮を回復させる方法は現状ないので、いかに紫外線の影響による光老化を防ぐかが重要として言えませんね。

あと、毛穴はその名の通り、毛の穴ですので、そこに生える毛が濃ければ毛穴が目立ちますので、産毛の処理なんかも意外と重要です。

毛穴を氷・保冷剤・冷水で冷やすのは効果ある?

毛穴がすり鉢状に開いているのであれば、構造自体が変質してしまっているのであまり効果はなさそうですね。

また、毛穴の開きが真皮のコラーゲンの減少により起こっている場合も、筋肉の収縮で一時的には効果があっても、すぐに戻ってしまうでしょう。

効果があるとすれば、巨大な角栓を除去した後に冷やすことで毛穴を閉じる立毛筋を刺激し、毛穴を閉じるのを少しサポートしてくれそうな気がします。

しかし、あまり冷やしすぎると血行が悪くなり、あまり良いことがないようなので、冷水や冷やした化粧水などで引き締めるぐらいに止めておいた方が良いと思います。

まとめ

というわけで、鼻・頬の毛穴を小さくする方法についてでした。

小さくすると聞くと角栓の除去方法や毛穴を引き締める方法が連想されますが、角栓を除去したとしても毛穴から大量に角質が生成されること自体を止めない限り、またにょきにょきと生えてきますので、ただ除去するだけではあまり意味がありません。

今日書いたことを一つの参考にして、あれこれ悩みながら、色々と試してみて下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-毛穴・角栓,

Copyright© zelogos , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.