zelogos

〜ちょっとした暇つぶしやお役に立てれば幸いです〜

紫外線

日焼け止めが服についたときのシミの落とし方!頑固な黄ばみには?

更新日:

Island
紫外線対策として夏に欠かせないアイテムは、やっぱり日焼け止めですよね。

何気なく塗った日焼け止めがうっかり服に付いちゃった!!ということはありませんか?

皮脂汚れ同様、日焼け止めも、普通に洗濯をするだけでは汚れが蓄積してしまい、時間が経つにつれて黄ばみ、そうなると落としにくくなってしまいます。

そして、その蓄積汚れをがっつり落とそうと、強力な塩素系洗剤を使用すると、今度は日焼け止めの成分が塩素と反応し、ピンク色になってしまいます。

こうなってしまった時にも落ち着いて対処できるよう、日焼け止めが服ついた時の対処法をまとめていきます。

日焼け止めが服についた時の落とし方・対処法

Wash

日焼け止めが服についた時の汚れの種類

日焼け止めが服についた時の状態としては、白い汚れ・黄ばみ汚れ・ピンク色に変色した汚れの3種類があります。

しかし、元々ある汚れに塩素系の漂白剤・蛍光剤を使用することで日焼け止め成分が反応してしまい、ピンク色に変色するだけですので、実質的には白い汚れとそれが時間が経ち、酸化した黄ばみ汚れの2種類であると言えます。

そして、その汚れとは、主に皮脂と日焼け止め剤の油分と日焼け止め剤特有の成分です。

ここでは、日焼け止め剤に特化して説明していきます。

日焼け止めで衣服が白くなる・黄ばみ原因

紫外線吸収剤〜黄ばみ原因〜

日焼け止めの紫外線から肌を守る成分として、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤がありますが、服の黄ばみの原因になるのが紫外線吸収剤です。

というのも、紫外線吸収剤は構成する有機化合物がそれぞれの物質が吸収しやすい波長帯の紫外線を取り込み、それにより高エネルギー状態になりますが、それを熱として放出することで肌への紫外線透過を防いでいます。

しかし、この反応を繰り返すと、この基底状態⇆励起状態のサイクルが回らなくなります。

いわゆる、日焼け止めが薄くなるという現象ですね。

そして、その構造が変質した有機化合物が黄ばみの原因になるそうです。

これは肌への影響も大きく、肌荒れの原因であったりもします。

そのため、こいつが衣服に蓄積すると、黄ばみ、その部分に塩素系の漂白剤を使用すると赤〜ピンク色に変色してしまいます。

紫外線散乱剤〜白くなる原因〜

一方の紫外線散乱剤は、無機酸化物の高い屈折率を利用し、紫外線を反射、散乱させ私たちの皮膚を守ってくれる作用があります。

イメージとしては、お肌の上にパウダー状の紫外線カット膜を皮脂に吸着させて、張りついている感じです。

そのため、白色粉末のパウダー状ですので、触ったり服が擦れたりすると簡単に白く服についてしまうため、日焼け止めですぐに白くさせるのはこいつが原因です。

日焼け止め剤や皮脂になどの油分〜黄ばみ原因〜

当然、日焼け止め剤は上の成分だけではなく、保湿成分なども配合されているため、皮脂同様、主に油性の汚れになります。

ありふれた油性の汚れに、それにプラスして日焼け止め特有の成分があるのだ!ということを認識して下さい。

それでは、そんな日焼け止めが付いた時のお洗濯方法をご紹介します♪

日焼け止めが服に付いた時の落とし方&対処法

Wash
大事な衣服に日焼け止めがついてしまった時、焦りすぎてすぐに洗濯機に放り込むことは避け、きちんと洗濯表示を確認しましょう。

もしかしたら、水洗いNGの衣服かもしれません。

そんな時は、自分でどうにかしようとはせずにクリーニングを利用すると安心です。

日焼け止めがついてしまってから長い間時間経過してしまうと、その箇所が変色してしまい特に白色の衣服ですと余計に目立ってしまいますので、早め早めを心がけましょう。

日焼け止めを塗る際にうっかり付いてしまった場合

外出先での場合

外出先で、日焼け止めを塗り直す際にうっかり服に付いてしまったなどの場合、汚れてしまった箇所の下にティッシュをおき、表から濡らしたハンカチでトントンと当てます。

お手洗いの洗面所にはだいたいハンドソープが装着されていますので、ハンドソープを汚れの箇所につけてすすぎます。

もし、直接水で洗えない箇所に関しては、濡らしたハンカチで何度か拭きます。

帰宅してから汚れた箇所に洗浄力の強い洗剤(できればえりそで用の洗剤)をつけてから15分ほど放置。

それからいつも通り洗濯機で洗います。(必ず洗濯表示を見ましょう!)

自宅での場合

朝、日焼け止めを塗る際にうっかりつけてしまった際は、男性の場合、なかなか自宅にないかもしれませんが、クレンジングオイルと食器洗剤を1:1で混合させます。

クレンジングオイルで日焼け止めのシミが取れるの??と疑問に思われる方もいるかと思いますが、そもそも日焼け止めの成分はファンデーションや口紅と同じ油性のものがほとんどであるため、意外にも油溶性のシミや汚れを落とすにはもってこいなのです。

最近の日焼け止めは、ウォータープルーフになっているものが多いため、洋服に付いた日焼け止めを落とすには、まずはクレンジングオイルで油性の汚れを浮かせ、そんでもって中性洗剤でとどめを刺すというイメージです。

やり方としては、汚れた箇所の下にタオルを置き、使わなくなった歯ブラシに作ったシミ取り剤をつけ、汚れに塗り軽くブラッシングをします。

強くゴシゴシこすると衣服の繊維が傷みますのでご注意ください。

下においているタオルに汚れが移ったのを確認したら、水洗いをします。

時間が経ってしまったシミ・黄ばみ

日焼け止めによるシミ抜きはスピード勝負ですが、気づくのが遅かったなど、時間が経過してしまった場合、かなり頑固な汚れとなっています。

そこで使用するのがベンジンです。

ベンジンは、オイルを分解する作用があります。

しかし、とても強力ですので素手で触ることのないようにゴム手袋などを使い取り掛かります。

まず、タオルを汚れた箇所の下に敷き、綿棒のベンジンを付着させ汚れに塗り、敷いたタオルに汚れを写すような感覚で衣服を軽く揉みます。

汚れが取れていたら水洗いします。

また、酸素系漂白剤も有効です。

上で書いた通り、ベンジンは強力で使えるものも限られますので、お気に入りのものはおとなしくクリーニングに出すことをおすすめします。

塩素系漂白剤を使用してしまったピンクシミ

日焼け止めがついてしまっている、またはそれが日焼け止めによるシミであることに気づかずに塩素系の漂白剤を使ってしまい、その箇所が赤色に変色してしまったという場合にも、上記で述べた自宅でのシミ取りと同じ方法で落とすことができます。

ここで注意したいのが、その赤〜ピンク色は塩素により日焼け止め剤が変色しているだけで、服自体がそうなっているわけではないため、上記で述べた方法で落とすことが可能なのです。

頑固な変色の場合はケイ酸塩入りの固形石鹸を使用してみてください。(ただし、お湯を使用すると定着してしまいますのでご注意!)

その場合は、洗面器などにぬるま湯をはり固形石鹸をすり込んでもみ洗いをします。

この際、生地同士を強くこすり合わせないようにしてください。

その後、シミが消えるまで浸け置きし、普通に洗濯にかけて完了です。

日焼け止めが衣服につくのを避けたいなら

日焼け止めが衣服についてしまうのを気にしてしまい、日焼け止めを使用することが億劫になってしまうなんてこともあるかもしれません。

そんな方には、いくつかオススメの方法がありますのでご紹介します。

①:日焼け止めを塗ってから衣服を着るようにする

これが一番の予防になるかもです。

外出着に着替えてから日焼け止めを塗る方が多いかもしれませんが、日焼け止めを塗ってから着替えることをオススメします。

着替えた後に塗ると、日焼け止めが衣服に飛び跳ねてしまったなんてこともあります。

衣服を着る前に日焼け止めを塗り、日焼け止めが乾くまで待ち、それから衣服を着るようにすると良いでしょう。

さらに、ベビーパウダーをお持ちの方なら日焼け止めを塗った上からベビーパウダーをはたくことで日焼け止めを吸収してくれますので、衣服に日焼け止めがつきにくくなります。

②:紫外線散乱剤ノンケミカル日焼け止めを使用する

紫外線吸収剤は肌への影響も強いため、避けている人も多いかもしれませんが、黄ばみを防ぐという意味では、紫外線散乱剤ノンケミカル日焼け止めが良いかもしれません。

③:油分の少ない日焼け止めを試してみる

ジェルタイプの日焼け止めは、衣服移りしにくいので試してみる価値ありかもです。

肌に馴染みやすくつけ心地も良いものが多いです。

全く衣服に移らないとは限りませんので、もしものことも頭に入れてウォータープルーフタイプは避けましょう。

ウォータープルーフタイプだと、汚れてしまって場合落ちにくくなってしまいますし、その落としにくいことが肌荒れの引き金になったりします。
  

まとめ

衣服に日焼け止めがついてしまった時には、早急に対処するようにしましょう。

早ければ早いほど落ちやすいです、時間が勝負!

外出先でも簡単に対処することができますので、諦めずに応急処置をお勧めします。

もし、対処が苦手な方はクリーニングをうまく利用するのも一つの手です。

日焼け止めで紫外線を防ぎ、衣服のシミもうまく防ぎ夏を思い切り楽しんじゃいましょう!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-紫外線,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.