生活 紫外線・日焼け

頭皮の日焼けがヒリヒリ痛い時のケア!皮むけでフケやかさぶたが目立つ時の対処法も!

投稿日:

Woman
夏の日差しがサンサン照りつけるこの季節、日焼けを気にしている方は多いでしょう。

日焼けは主にお肌に気を使っている方がほとんどかと思います。

しかし、実は頭皮の方が日に焼けやすいこと、知っていましたか?

体の部位で一番高い位置にある頭、頭皮は太陽からの紫外線を受けやすく、知らぬうちにダメージを受けてしまっているなんてことも少なくないのです。

ここでは、頭皮へのダメージとその影響について正しいケアの方法、防ぐ方法をふまえてお話しします。

頭皮の日焼けの特徴・症状

Woman

頭皮も日焼けをする!

あまり気にしていない人も多いかと思いますが、紫外線を浴びることで頭皮も日焼けをします。

紫外線を浴びるとメラニン生成が過剰になり、シミやシワなどのお肌トラブルが生じてしまうこのような紫外線が与えるダメージは体だけではなく、頭皮にも及ぼすことを覚えておいてください。

紫外線が頭皮に与えるダメージとは?

紫外線が頭皮に与えるダメージは、次のようなものです。

①:頭皮のたるみが起きる

紫外線を浴び続けることでお肌にたるみが生じますが、これと同じように頭皮もたるみが出てしまいます。

これは、頭皮のハリを保つコラーゲンが紫外線によって破壊されることが原因です。

②:毛母細胞へのダメージ

毛母細胞とは、髪の毛を作る細胞のことで、紫外線は、この毛母細胞にダメージを与えます。

そうすると、毛母細胞の働きが弱くなってしまい、育毛・発毛機能が低下します。

育毛機能が低下してしまうと、抜け毛や薄毛が促進されてしまいます。

③:頭皮が剥がれフケが目立ってしまう

日焼けにより皮膚が剥がれてしまった経験がある人は多いでしょう。

これと同じように、頭皮も皮がむけてしまい、パラパラとした細かい皮膚(フケ)が落ちてきます。

気になって自分で無理に剥がしたくなるかもしれませんが、自然に剥がれてくるのを待ちましょう。

④頭皮の乾燥

日焼けをしたお肌と同じように、頭皮も日焼けをすると水分不足になりとても乾燥しています。

乾燥した状態で頭(頭皮)を掻いてしまうと、弱っている頭皮に傷がつき、痛みが生じてしまいます。

⑤色素沈着が起きる

日に長い間当たった頭皮は赤〜茶色くなってしまい、色素沈着が起こることもあります。

ぱっと見はわかりにくいので気づいていない人が多いです。

頭皮が日焼けした時の対処法

Woman
では、実際に頭皮が日焼けをした場合にはどのような方法で対処をするのが望ましいのでしょうか。

なるべく早めに対処することが大切です。

頭皮が赤くなりヒリヒリしている場合

頭皮が赤くヒリヒリとした痛みがある場合には、とにかく冷やすことが大切です。

冷水に浸したタオルを患部に当てて冷やしたり、保冷剤を使用して冷やしましょう。

入浴の際には、シャンプーは優しく行い頭皮を傷つけないようにしましょう。

シャンプーの量を減らすことも大切です。

かゆみが生じた場合

頭皮の炎症が収まると、今度はかゆみが現れるようになります。

これは、頭皮に微弱炎症が起きていることが原因です。

対処法としては、低刺激のシャンプーを使用します。

抗炎作用成分が配合されているものが多いです。

皮むけが生じた場合

炎症やかゆみが治まったころ、頭皮の皮が剥がれてきます。

これは、炎症による一時的な新陳代謝の異常と考えて良いでしょう。

このような症状には、保湿がとても大切です。

なるべく、EPC(アスコルビル・トコフェリル)配合の化粧水を使うことにより、ターンオーバーを正常化してくれます。

頭皮に膿を持ってしまった場合

この場合は、ご自身での対処は避け医療機関に診てもらうようにしましょう。

膿は、傷口が細菌に感染し、炎症が起きているサインです。

頭皮の日焼けを予防方法

Woman
以上のように、頭皮の日焼けは炎症やかゆみ、頭皮の剥がれなどを起こしてしまいます。

このようなことにならないためにはきちんと対策しなければなりません。

日焼け止めを塗る

お肌に塗るように、頭皮にも日焼け止めを塗りましょう。

分け目が一番日焼けしやすいので、分け目部分には特に注意して塗布してください。

スプレータイプの日焼け止めを利用するとやりやすいです。

UVカットグッズの使用

帽子や日傘などの紫外線カットのグッズを使うことでかなりの効果があります。

しかし、帽子は汗をかき蒸れてしまいがちですので、洗えるタイプのものが良いでしょう。

サンバイザーは、頭部が開いた状態で頭皮に紫外線が降り注ぎますので、紫外線対策になりません。

このほか、日傘を使うのも効果的で、最近では男性も日傘をさす人が増え、抵抗なく日傘を使える時代になりつつあります。

分け目を変える

ずっと同じ方向の分け目ですと、紫外線がずっとそこに当たってしまいます。

そうすると、色素沈着も起きやすくなってしまいますので、頻繁に分け目を変える方法も効果的だそうです。

まとめ

日焼けは体だけでなく、頭皮にも起こりやすいことがよくわかったかと思います。

頭皮の日焼けは気づかれにくく、見落としやすい場所ですのでより注意をし、紫外線対策をする必要があります。

頭皮の日焼けは抜け毛やフケ(頭皮の剥がれ)なども招いてしまいます。

そうならないように、日頃から日焼け対策をし、長時間紫外線に当たらないようにしてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-生活, 紫外線・日焼け,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.