zelogos

〜ちょっとした暇つぶしやお役に立てれば幸いです〜

紫外線

暑い夏!紫外線で絶対に日焼けしない最強の日焼け対策まとめ!

更新日:

Woman
夏の天敵、紫外線は肌の色が黒くなるだけでなくシワやシミ、たるみの原因にもなります。

海や山など、アウトドアが好きな方だけではなく、ちょっとそこまで出かける時でも紫外線はじわじわと私たちのお肌に襲いかかってきます。

気づくとこんなところにシミが・・・なんてこともありえるかもしれません。

そうならないように、完璧な日焼け対策をご紹介しますので今年の夏、お試しください!

紫外線から肌を守る最強の日焼け対策

Woman

最強の日焼け対策、基本は日焼け止め!

少し出かける時でも、レジャーなど炎天下の下長時間いる場合でも、まずは必ず日焼け止めを使用する。

男女関係なく、これは間違いない、基本中の基本です。

日焼け止めには塗るタイプやスプレータイプ、飲むタイプなどいろんな種類がありますが、どれも併用することで効果は高まります。

夏場は特に汗や皮脂が出やすいですので、塗るタイプの日焼け止めはウォータープルーフが良いでしょう。

また、PA・SPFの高い日焼け止めでも強さの数値に関係なく、時間が経てば汗や摩擦などでムラができますので、日焼け止めは2〜3時間でこまめに塗り直すことをおすすめします。

朝に塗ったら、紫外線量のピークになる昼時又は外に出る前に塗り直しましょう。

塗る際は、顔だけでなく、全身念入りに。

髪の毛や頭皮も日焼けをしますので、洗い落とさないトリートメントなどで紫外線対策を忘れずに行いましょう。

注意したいことは、お肌のダメージを考え、薄塗りをする方もいるかと思いますが、薄く塗ると日焼け止めの効果はありません。

日焼け止めによる肌の影響よりも紫外線暴露の方が相対的な肌への影響は後者の方が大きいため、しっかりとお使いのものに記載の使用量を守りましょう。

また、いつのものかわからない残り物の日焼け止めは品質低下により紫外線カット効果がなくなっている可能性がありますので、注意しましょう。

肌の露出を控える

protection
日焼け止めを塗るだけでなく、なるべく紫外線が当たる面積を少なくすることが重要になりますので、お肌の露出は少ない方が良いです。

日傘を活用すること、帽子をかぶるなどは絶対です。

女性の方ですと、紫外線カットをしてくれるツバの長い帽子がオススメです。

顔全体を覆うサンバイザーより見た目も良くおしゃれに見えます。

また、半袖やノースリーブなどの一枚つけは避け、羽織を一枚着用しましょう。

更に、アームカバーを着用するとより効果的です。

運転する場合にもアームカバーは活躍しますので、運転用と外出用と分けておくのも良いかもしれません。

ここで、忘れがちなのが、目からの日焼けです。

目から侵入する紫外線でもシミやシワの原因になりますので、サングラスなど利用し、紫外線をカットする必要があります。

普通のサングラスは効果が薄いので、UVカット機能のサングラスにしましょう。

外出時間と天候を気にかけて!

sun
紫外線対策の衣服着用をした後は、時間と天候にも気をつけて意識してください。

1日のうちで一番紫外線が強くなる時間帯、知っていますか?

それは10時から14時の間なのです。

1日の約50%の紫外線がこの時間帯に降り注いでいますので、できるだけこの時間帯は外出を避けましょう。

しかし、ほかの時間帯であれば大丈夫とはいきません。

ピーク時と比べると紫外線量は少ないですが、紫外線の種類によって降り注ぐ量や時間帯など違いますので、ご注意ください。

UVA・・・UVAは地上に降り注ぎやすい紫外線です。雲や窓ガラスを通り抜けやすいので、曇りの日や室内にいても影響があります。

UVB・・地上に到達する量は少ないのですがエネルギーが強い紫外線です。浴びすぎると肌表面の細胞に傷がつく、炎症を起こすなどのような影響があります。

晴れた日だけが日焼けをするわけではなく、曇りの日も気はぬけませんのでご注意を!

紫外線に強い体質に改善する

Vegetable
紫外線に当たらないようにすることも重要ですが、紫外線に強い体を作ることも最も大切と言えるでしょう。

そこで、紫外線に強くなる体作りに必要な食べ物のご紹介です。

ビタミンE・・・緑黄色野菜・ナッツ類・魚介類など

ビタミンA・・・βカロテン・魚・卵・乳製品など

ビタミンC・・・ゆず果皮・パセリ・赤ピーマンなど

リコピン・・・トマト・グァバ・スイカ・パパイヤなど

しかし、注意点もあります。

柑橘類に含まれるソラレンは、紫外線に反応しやすい成分で、紫外線を吸収し、それ自体が刺激を与えたり、アレルギーを引き起こす可能性があるため、紫外線暴露の前には摂らないようにしましょう。

ソラレンが入っている食べ物・・・レモン、キュウリ、セロリ、グレープフルーツ、オレンジなど

ホルモンバランスと紫外線の関係

woman
紫外線照射により傷ついた細胞が自身を守るためにメラニンを作るメラノサイトに信号を送り、それによりメラニンが生成されます。

しかし、紫外線などの刺激だけでなく、ホルモンもこのメラノサイトを刺激する因子の一つです。

特に、女性の方は、生理前は特に日焼けしやすくなっています。

その原因は女性ホルモンの一つ、プロゲステロンの影響です。

また、妊娠している方や、ピルを服用している方も日焼けしやすくなりますので、意識して日焼け対策を行うようにしてください。

まとめ

絶対に日焼けをしないための対策まとめ、いかがでしたか?

日焼けをしない為に、日焼け止めの塗り方を正しく使い、メイクの順番も大切です。

また、紫外線の強い時間帯を把握しておくことも重要で、その時間帯の外出はできるだけ避けるようにし、曇りの日でも紫外線対策は怠らない、衣服や日傘、サングラスなどを活用して日が当たる面積はできるだけ少なくするなどのちょっとした工夫がとても重要です。

美肌キープのためにも、飲む日焼け止めの併用もおすすめします。

今年は完全防備で日焼け知らずのお肌を目指しましょう!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-紫外線,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.