zelogos

〜ちょっとした暇つぶしやお役に立てれば幸いです〜

紫外線

飲む日焼け止めの成分と仕組み!美白に効果ある?市販のおすすめは?

更新日:

Beach
この夏の紫外線は突き刺さるほど強く、日焼け止めは欠かせないですね。

日焼け止めといえば、ジェルタイプやローションタイプ、またはUVカットのファンデーションなど、「塗る」タイプのものが多いですよね。

しかし、最近は塗るタイプだけではなく、「飲む」タイプの日焼け止めがあるのをご存知でしょうか。

飲む日焼け止め、興味はあるけど、どのようなものなのかを知らずにはなかなか手を出しづらいですよね。

ここでは、飲む日焼け止めの仕組みと効果、また、副作用やオススメの商品をお話しします。

是非、ご参考にしてください。

飲む日焼け止めの成分と仕組み

Woman

飲む日焼け止めとは?

日焼け止めクリームなどは、医薬部外品の外用薬で薬剤に分類されますが、飲む日焼け止めはサプリメントの一つに分類されます。

植物から摂取された成分が主な原材料で、ニュートロックスサンフェーンブロックという2種類の成分です。

ニュートロックスサン

ローズマリーのエキスとシトラス系の果実を配合したもので、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。

ニュートロックスサンにはお肌改善効果もあり、お肌の弾力が向上し、シワが浅くなることも示されています。

フェーンブロック

シダ系の植物から摂取されるポリポディウムリュウコトモスエキスを含む成分で、紫外線によりできてしまうシミやシワに効果があると言われています。

飲む日焼け止めの効果と副作用は?

先ほど説明したように、飲む日焼け止めは抗酸化作用が期待できます。

紫外線が肌に照射されると、細胞が紫外線を吸収し、光化学反応が起こり、その過程で発生する活性酸素の影響で、細胞が傷つく、または死滅することが、いわゆるサンバーンと呼ばれる日焼けによる表皮に起こる火傷で、大量のメラニンが生成され、それが排出されないとシミになり、これが真皮に起こることでコラーゲンなどが破壊され、シワやたるみに繋がるのです。

飲む日焼け止めは、その体内に発生する活性酸素を抗酸化作用により除去する働きにより、日焼けによるダメージを軽減するというわけですね。

しかし、活性酸素の影響を完全に無毒化するほどの効果はないため、現実的には塗る日焼け止めとの併用が基本のようで、それによりうっかり日焼けをカバーできます。

飲む日焼け止めの効果をまとめると、まず肌が紫外線に当たることで発生し、シミの元になるメラニンが大量に生成されます。

このメラニン生成を抑制してくれる作用が抗酸化作用のことです。

また、飲む日焼け止めは、肌の回復力を早めてくれる効果もあり、DNAへのダメージを抑えて健康的なお肌を維持できるようになる他、コラーゲンを保護し紫外線による細胞へのダメージを抑制、コラーゲン減少によって起こるお肌の老化も防いでくれる嬉しい効果もあります。

ここで、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めのメリットを照らし合わせてみます。

<飲む日焼け止め>
・汗や皮脂を気にせず使える。
・塗り直しの必要もなし。
・お肌に対する負担がない。
・目の日焼け対策にもなる。
<塗る日焼け止め>
・飲む日焼け止めより安く購入できる。
・長時間紫外線を浴びる場合に飲む日焼け止めより効果がある。
・塗るのが面倒。
・お肌に負担がかかる。
・汗や皮脂で落ちやすい。

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを比較し、お互いの弱点を補強するような使い方をするのがおすすめです。

次に、飲む日焼け止めの副作用についてご説明します。

飲む日焼け止めは、成分によってはアレルギーに注意する必要があります。

フェーンブロックは、シダ科の植物から摂取される成分で、シダ植物はアレルギーを引き起こしやすいこともあり、可能性がゼロではないからです。

また、日本のサプリメントにはエビやカニが含まれていることが多いので、甲殻類のアレルギーを持っている人は原材料や成分表の表示を見るようにして特に注意してください。

他にも、妊娠している方は使用を控える必要があります。

ニュートロックスサンに含まれるローズマリーは子宮を刺激する作用があり、妊娠中や産後の人には悪影響を及ぼします。

お子様に関しては、4歳以下の方はまだ臓器が未発達のため使用を控えたほうがよさそうです。

また、皮膚の弱い方は稀にかゆみを発症することがありますのでお肌に異常を感じたら使用を停止してください。

おすすめの飲む日焼け止め

飲む日焼け止め、どれを購入したら良いかわからないという方におすすめの飲む日焼け止めのご紹介です。

価格帯や、効果と成分であなたに合ったものを選んでみてください。

POLA ホワイトショット インナーロック IX

POLA インナーロック

ベイベリーバークS(ヤマモモの樹脂から抽出されたエキス)は、メラノサイトの移動を抑制する遺伝子メラノサイトABRをセーブする作用があります。

また、ブランノールEXという成分が配合されていることで色素沈着を予防、改善してくれます。

資生堂 ピュアホワイト ドリンクタイプ

紫外線からお肌を守り、高い抗酸化作用のあるクコの実のエキスを日本で抽出しています。

また、アブラ椰子オイルも配合。

このアブラ椰子オイルはスーパービタミンEと呼ばれる抗酸化力の強いトコトリエノール配合。

シワの改善やメラニン色素の生成を抑える働きにより美白効果が期待できます。

サンタンブロック トライアングル 飲む日焼け止め

こちらは、天然由来成分で作られた飲む日焼け止めで、ニュートロックスサンとビタミンDを主成分としています。

国内GMP認定工場で製造されていますので、安全性は抜群です。

DHC スーパーエイチツーサンシトラス

お馴染みDHCです。

どれを選んだら良いかわからない方はDHCから初めてみては?

水素の力をサポートするオレンジエキス末配合で美肌に導きます。

気になる紫外線に、また、生活習慣が気になっている方にもオススメです。

まとめ

飲む日焼け止めは、手軽に簡単に紫外線対策を行うことができます。

特に、メイク崩れが気になる方やよく汗をかく方、時間がない方にオススメです。

できれば、塗る日焼け止めと一緒に使用する方が効き目は絶大かと思います。

ただし、妊娠中の方や産後、アレルギー体質の方の使用は控えるようにしてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事下

記事下

-紫外線,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.