お祭り

博多どんたく港まつり2019〜どんたく隊によるパレードは必見!〜

更新日:

Shiro
起源はお城への町人たちの行列。

絢爛豪華なパレードが春の博多を練り歩き、いまや世界中から200万人の見物客が集まる国内最大級のお祭り

この記事では、そもそも「どんたく」ってどんな意味?といった祭りに関する豆知識や見所を見逃さない!ためのアクセス情報などをご紹介します。

博多どんたく港まつりの由来や2019年の見所・日程や交通規制

Hakatadontaku

博多どんたくの歴史や由来とは?

青森県弘前市の「弘前さくらまつり」や広島県広島市の「ひろしまフラワーフェスティバル」にならび、観客動員数で国内最大級の規模とされる博多どんたく(正式名称は「福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり」)。

その歴史は江戸時代(文禄年間)、関ヶ原の合戦で有名な(あまりよい意味での知名度ではないですが)小早川秀秋の居城に博多の町人たちが年賀のお祝いに行ったことに由来します。

その行列で舞われた博多松囃子の歴史はさらに古く、平安末期、博多の港の造営などに尽力した平重盛に対し、死後功績に感謝するために始まったとされています。(諸説あり)

明治以降、博多松囃子は「金銭を浪費し、かつ文明開化にそぐわない」との理由で中断された時期などありましたが、戦後(1946年5月)「博多復興祭」として復活。

そのお祭りこそが今に伝わる博多どんたく。

どんたくとは?

「どんたく」とはオランダ語で日曜日(zondag)が訛ったもの

その呼び名は太陽暦7曜日暦とともに明治初期に使われ始めたのですが、曜日自体が普及していなかったため、単に休日を意味するようになりました。

明治期に一時、博多松囃子が復活したことがあったのですが、休日に行われたため、博多松囃子を含む催しを「どんたく」と名づけられたそうです。

博多どんたくの日程

5月2日

前夜祭 16:30~20:00 福岡国際センター

5月3日

開会式 10:00~ 中央埠頭イベントバース​

どんたく隊パレード 10:00~11:30 博多駅前通り

どんたく隊パレード 13:00~19:00 明治通り

5月4日

どんたく隊パレード 10:00~13:00 博多駅前通り

どんたく隊パレード 15:00~20:00 明治通り

総おどり 18:50~19:20​ 明治通り

※ほか期間中、市内30ヶ所以上の特設演舞台でどんたく隊パフォーマンスやゲスト歌謡ショーが開催されます。

最新情報はこちらでご確認下さい。

博多どんたく

博多どんたくの見所


博多どんたくの見所はいたってシンプル「どんたく隊」というグループによるパフォーマンスで、5月3日と4日の2日間にわたり、どんたく広場(パレード)や市内2ヶ所の舞台で繰り広げられます。

「どんたく隊」についてはよくある地方祭りのように各町内による...といった括りはなく、町内会はもちろん、企業や学校といった団体、また最近では全国各地から観光PRのためのチームなどによって構成され、港町のお祭りにふさわしく、自由で開放的な祭りの雰囲気を盛り上げています。

それぞれのチームが「お祝いの気持ちを表現したもの」「ユーモアに満ち溢れているもの」「話題性に富むもの」といった7つあるテーマに沿ったパフォーマンスを行います。

パフォーマンスのなかでも中心となる無形民俗文化財の博多松囃子は、パレードの幕開けを飾るほか、期間中市内をめぐります(9:00~17:00)。

福神・恵比須・大黒の三福神ならびに稚児からなるこの行列は、それぞれ豊臣秀吉の博多復興(太閤町割り)以来の博多の自治組織である流(ながれ)によって役割がきめられています。

アクセス方法や交通規制

どんたく広場


明治通り(呉服町交差点~福岡市役所)

福岡市博多区綱場町2~福岡市中央区天神1-8-1

博多区演舞台


博多区保健福祉センター駐車場

福岡市博多区博多駅前2-19-24

お祭り本舞台


福岡市役所前広場ほか。

福岡市中央区天神1-8-1

交通規制

<明治通り>

・5月3日:13:00~19:00

・5月4日:15:00~20:00

<博多駅前通り>

・5月3日:10:00~11:30

・5月4日:10:00~13:00

※お祭りの期間中は、交通規制のない近辺の道路(国体道路、渡辺通り、昭和通り等)でも混雑が予想されます。また近隣駐車場も限られおり、また交通規制のため、出庫できない可能性もあります。お越しの際は公共交通機関をおすすめします。

まとめ

水中翼船に乗れば数時間で韓国へ着いてしまうというロケーションにあり、長崎とともに古くから海の玄関口として栄えた博多。

「博多どんたく」では、その歴史を感じさせる開放的な雰囲気を存分に味わうことができます。

博多といえば、なんといっても屋台。

その一見さんでもおひとり様でも馴染んでしまえ、どっちが主人でどっちがお客かわからないような席に何度かお邪魔させていただいたことがあります。

お祭り好き、人との語らいや集いが好き、なんでもウエルカムで太っ腹な博多っこの気質はとても居心地がよく、お祭りを理由にもういちど、かの地を訪れてみようと思案中です。

記事下

記事下

-お祭り

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.