国民の祝日 季節の行事 春の行事

【2019年】こどもの日の内飾りと外飾り!飾る時期はいつからいつまで?

投稿日:

Child
今年もこどもの日がやってきますね!

毎年楽しみにしているゴールデンウィークの5月5日は、子供達にとって、とてもワクワクするでしょう♪

ところで、こどもの日といえば何をイメージしますか?

鯉のぼり五月人形などを思い浮かべている人が多いかと思います。

この、こどもの日のお飾り、内飾りと外飾りにはどのような意味があるのか知っていますか?

今回は、こどもの日に飾るものの意味や由来などについてお話ししたいと思います。

こどもの日の内飾り〜五月人形〜

gogatuninngyou

五月人形を飾る意味や由来

5月5日、端午の節句に飾られる五月人形は、子供の身代わりとなり災厄を受けると言われています。

この五月人形が飾られるようになったのは、江戸時代の初期でもともと奈良時代に宮中で行われていた厄除けの行事が、時代が移るにつれ、武勇を尊ぶお祝いに形を変えていきました。

飾る意味としては、「男の子の誕生と成長、出世を願う」ことです。

五月人形には4つの種類があり、鎧飾り兜飾り武者人形つるし飾りです。

それぞれどのようなものなのかを説明します。

鎧飾り

yoroi
胴部分をまもる鎧と、頭部を守る兜からなる甲冑の飾りで、五月飾りには具足(草摺が5枚以上)と大鎧(草摺が4枚)があります。

兜飾り

kabuto
平安時代以降の頭に被る兜を1/5サイズ〜1/2サイズで模写したもの。

屏風や弓太刀で飾りたてるものが多いです。

武者人形


金太郎や桃太郎、牛若丸や弁慶など歴史上の人物など様々です。優しくたくましく育ってほしいという意味を込めて飾ります。

つるし飾り

Tsurusu-Hina
子供が健やかに育ってほしいという願いを込め、飾ります。

つるし飾りを飾るようになったのは、江戸時代後半で手作りのでんでん太鼓や鯉、まりなどを吊るし、息子や孫の初節句を祝っていました。

このように五月人形には種類があり、どれもたくましく健やかに育ってほしいという親の思いが込められています。

内飾りを飾る時期と片付ける時期

五月人形を飾る時期は、一般的に4月中旬には飾りましょう。

片付ける時期に関しては、5月5日が終わればなるべく早めに片付けます

遅くても5月下旬。

ここで注意することは、五月人形は引き継ぐのは避けた方が良いということです。

子供に降りかかる厄を身代わりになって引き受けてくれる形代ですので、五月人形を引き継ぐということは厄を引き継ぐのと同じことになってしまいます。

兄弟がいてもお下がりとして使用せずに、子供一人につき一つの人形を用意してくださいね。

鎧兜
端午の節句に兜や人形を飾るしきたりの意味や由来とは?飾る時期や飾り方は?

こどもの日(端午の節句)が近づいてくると、とりあえず押入れから出して飾り、終わればすぐ片づけていることと思います。 そういう風にするものだということで、みなさん鎧兜や五月人形を飾っていると思いますが、 ...

続きを見る

五月人形の供養の仕方

役目を終えた五月人形は、神社に持ち込み供養してもらいましょう。

供養料初穂料で大体3000円〜1万円ほどです。

事前に問い合わせをしてから申し込みをしてください。

こどもの日の外飾り〜鯉のぼり〜

carp-streamer

鯉のぼりを揚げる意味や由来

こどもの日に鯉のぼりを飾る理由として、滝を登って竜になった鯉と同じようにたくましく元気に立身出世をしますようにという願いが込められています。

江戸中期に武家の風習が庶民にも広がり、豪華な武具の模造品を飾り旗指物(のぼり)の代わりに吹流し(一番上にひらひらしている物。魔除けを意味します)を飾るようになったことが始まりで、この吹き流しに滝を登り竜になった鯉を描くようになったのが鯉のぼりです。

鯉は、池や川などあらゆる場所で生きられる生命力の強い魚ですので、そのことからもたくましく成長しますようにという願いを込めたのでしょう。

現在の鯉のぼりは黒鯉(父親)・赤鯉(母親)・青鯉、緑鯉(子供)となりますが、元々は黒鯉のみが飾られており、子供の立身出世を願うものとされていました。

その後、黒鯉・赤鯉・青鯉の3色になり、現在の4色となりました。

外飾りを飾る時期と片付ける時期

鯉のぼりの飾る時期についてですが、春分の日が過ぎたらいつから飾っても良いでしょう。

一般的には3月下旬から4月上旬ごろが良いとされています。

片付ける時期は、端午の節句が終わってから5月中旬までには片付けるようにします。

尚、旧暦の端午の節句は1ヶ月遅れになりますので、6月上旬まで飾っている家庭もあります。

こいのぼり
鯉のぼりの由来!一番上の吹き流しの意味とは?飾る時期はいつからいつまで?有名イベントは?

”こどもの日”には、鯉のぼりを飾るお家が多いと思います。 最近は、アパートの人もベランダに飾れるようなコンパクトで小さめの鯉のぼりも売られているので、庭がなくても飾れるのはうれしいことですね。 うちも ...

続きを見る

鯉のぼりの歌詞と意味

有名な鯉のぼりの歌がありますよね!

みなさんもご存知かと思いますが、意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

やねよりたかいこいのぼり
おおきいまごいはおとうさん
ちいさいひごいはこどもたち
おもしろそうにおよいでる

江戸時代は武家社会だったため、お家存続と発展のため長男の健やかな成長が重視され、鯉のぼりの文化も長男の誕生や成長を祝うためのもので、長男を表す真鯉1匹のみでしたが、その後の明治から昭和にかけては真鯉と緋鯉で父子を表す親子の鯉のぼりが定着しました。

真鯉が父になった理由は、江戸時代に比べ子供の生存率が上がり、子供をメインに据える必要性が低くなったことが挙げられます。

また、家父長制のもとで父権が最重視されたことです。

鯉のぼりの歌詞に象徴されているのもこの当時の強い父権のためのようです。

では、お母さんはいつから赤鯉になったのかと言いますと、戦後になってからです。

1964年の東京オリンピックに赤や青、緑が反映されるようになりました。

carp-pattern
こいのぼりの歌の歌詞にお母さんがいない理由や意味とは?幻の三番?

この時期になると、5月5日の子どもの日に向けて鯉のぼりを出している家が多くなります。 風にたなびく鯉のぼりを眺めていると、つい「こいのぼり」の歌を口ずさんでしまうこともあるのではないでしょうか? 実は ...

続きを見る

まとめ

5月5日のこどもの日は、うち飾り・外飾りの両方を飾ると賑やかで良いですね。

兜や鎧はとても格好良いですので、お子様も喜ぶことでしょう。

特に人気の戦国武将ものは、大人でも欲しいものです。笑

どちらの飾りも、子供の健やかでたくましく育ちますようにという願いが込められており、とても心温まりました。

まだ飾ったことがないという方はぜひ、飾ってみてくださいね!

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.