国民の祝日 季節の行事 春の行事

こどもの日の定番の食べ物や料理といえば?なぜ柏餅やちまき?

投稿日:

Child
春の大型連休、ゴールデンウィーク中にあるでもあり、5月5日こどもの日端午の節句でもあり、『子供の健やかな成長をお祝いする日、子供の人格を重んじて、子供の幸せをはかるとともに、母親に感謝する日』です。

そして、端午の節句は『男の子の成長を祝う日』として、江戸時代以降に古代中国の暦をもとに広まった行事です。

みなさんは、この日に代表する料理や欠かせない食べ物があることを知っていますか?

こどもの日には何を準備したら良いのかわからない方にぜひ参考にしていただきたいです。

食を通して、日本文化を味わっていただくために簡単にできるレシピなどもご紹介いたします。

こどもの日の食べ物

Meal
こどもの日に食べるものとして定着しているのが、柏餅ちまきです。

元は、端午の節句に食べるものですが、5月5日に食べることで、こどもの日=柏餅・ちまきというイメージがつきました。

柏餅は関東の方でよく食べられ、ちまきは関西地方と地方によって異なります。

柏餅

柏餅
柏餅を5月5日に食べるようになったのは、江戸時代からだと言われています。

柏餅は、上新粉で作る平たく丸めたお餅に餡を挟み、柏の葉で包んだ和菓子です。

この柏餅をこどもの日に食べる理由として、柏が関係しています。

柏餅を包む柏の葉は、神が宿る木として縁起の良い木だと言われています。

最初、サルトリイバラという葉をつかっていましたが、江戸時代では手に入りにくいため、柏の葉を使うようになりました。(地域によっては朴の木やナラガシワ、コナラなど柏以外の葉っぱを使うこともあります。)

その縁起を担ぎ、こどもの日の行事食として食べるようになりました。

ちなみに、柏の葉が表(光沢がありサラサラしています)を向いているものは小豆あん、裏(ツヤがなくザラザラしています)を向いているのが味噌餡です。

見た目で確認できますので、それぞれのお好みで選ぶことができます。

柏餅を食べる由来として、柏餅に巻かれている柏の葉は春に新しい芽が出るまで、古い葉を落とさないことから、『子供が成長するまで親が生きている』という意味があり、家系が絶えないといいます。

ちなみに、関西地方では「柏の木が育ちにくい」「伝統を重んじる情報文化が栄えた」などの理由で柏餅ではなく、ちまきを食べる習慣があります。

<柏の葉の効果>

抗菌作用・・・オクゲノールという殺菌効果がありますので餅を包むことにより菌から守ります。

保湿・・・お餅がパサパサにならないようにするためです。

香り・・・柏餅を食べる時のふわっとした癒される木の良い香りも柏の葉っぱの効果で、フィトンチッドと呼ばれる揮発性物質によるものです。

食べやすい・・・柏の葉で包まれていますので、手を汚さずに食べられますので子供向きだとえます。

ちまき

Timaki
ちまきもこどもの日には欠かせない食べ物の一つで、無病息災・災厄を除ける願いが込められています。

元々は奈良時代に中国から伝わり、由来として、中国で水神様への供物を捧げていた行事が、屈原という楚時代の政治家の命日5月5日を弔う際にお米を筒に入れたり、笹の葉に包み汨羅の淵に投げ込んだ故事と結びついたのが始まりとされています。

神様を祀る行事と邪気払いのいわれがあるちまきで巻いたことで、邪気を払うと言われるようになったかもしれませんね。

もともとちまきは、お米やもち米を葉で三角や円錐形に包んで蒸したもので、白色のものがほとんどでした。

中国は三角形で野菜やお肉を混ぜ込んだり、甘い餡を入れたりしています。

日本では、三角形の系統を保持しているところがありますが、ちまきといえば円錐型に包まれているものが一般的です。

先の尖った円錐形が邪気払いをする刀のように見えるからかもしれません。

基本的な作り方は、米粉にもち米粉を混ぜ、葦(よし)の串につけて菰の葉で包んで蒸します。

蒸しあがったら、砂糖や蜜などをつけて食べます。

また、茅(ちがや)の葉で巻いていることもあり、茅巻きと呼ばれることもあります。

茅は邪気を払ってくれる植物だと考えられていることからだそうです。

その他のこどもの日を祝う代表的な食べ物は?

こどもの日に食べると縁起の良いものとして、柏餅やちまきの他にも代表的な食べ物があります。

例えば、ブリは、成長するごとに名前が変化する出世魚ですので立身出世の象徴とされています。

この他、カツオ勝男にあてて端午の節句の代表的な食べ物です。

これらの魚を使った料理のレシピも載せますので、ご参考になればと思います。

ブリを使った料理:大根とブリの照り焼き

①:大根を2cm輪切りにし皮は厚めにむきます。両面を1cm間隔で格子状に浅く切目を入れ、塩を少々振り小麦粉を薄くまぶします。

②:フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱します。そこに大根を並べフタをし、両面を4分ずつこんがりと焼きます。

③:大根を取り出し、続けてサラダ油大さじ1を加え熱し、ブリを並べます。熱している最中に出てくる脂はキッチンタオルなどで拭きながら両面3分ずつ焼き、大根を戻し、醤油・みりん・酒を各大さじ2を加え絡め出来上がりです。

カツオを使った料理:カツオの漬け丼

①:刺身用のカツオ1作を適当に切り合わせ調味料(醤油大さじ1と1/2・酒大さじ1・みりん大さじ1)漬けラップをかけて20分ほどおきます。

②:器に温かいご飯を盛り、1のカツオを均等に並べます。生姜のすりおろし1かけ、生姜のみじん切り1/2かけ分、アサツキの小口切り1本分、青紫蘇葉の千切りを2枚分乗せ出来上がりです。

まとめ

こどもの日は、鯉のぼりや五月人形を飾るだけでなく、縁起の良い食べ物も食べながら子供の成長を祝福すると、よりお祝い感が出ますね。

いつもはお母さんが料理をするというご家庭では、お子様も一緒に作ることでまた違うこどもの日の過ごし方にもなり、思い出作りの一つとしてもとても素晴らしいと思います。

ぜひ御家族みんなで楽しいこどもの日をお迎えください!

記事下

記事下

-国民の祝日, 季節の行事, 春の行事

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.