お祭り

熱田神宮・熱田まつり2019の日程や見所

更新日:

Atuta-Jinja
創建1900年、伊勢神宮に次ぐ社格にして三種の神器のひとつ「草薙神剣」をお祀りする熱田神宮。

そのお社で催される行事のなかで最も重要な神事を含む熱田まつり

記事では天皇の勅使もいらっしゃる!!...という「熱田まつり」の見所をご紹介します。

熱田神宮・熱田まつりの歴史や2019年の日程や見所

Atuta-Jinja

熱田まつりの歴史

6月5日は熱田神宮の境内にある摂社(本社祭神と縁の深い神を祭ったお社)の熱田天王祭とよばれる祭事がおこなわれる日でした。

熱田天王祭の起原は、いまから約1000年前の平安時代。

当時、流行した疫病を「旗鉾」とよばれる神具で祓い清めたのが始まりとされています(当時は熱田天王祭とよばれていた)。

室町時代に入ると「旗鉾」が「山車」に、明治時代には町に電線がひかれたため「山車」は使われなくなり、かわりに「巻藁船」という船を出すようになりました(当時の熱田神宮は海に面していた)。

「巻藁船」は1973年まで続けられましたが、1973年に廃止。

現在では「献灯まきわら」(多くの提灯が屋根のような形に吊るされた神輿)が境内に奉納されています。

疫病を祓ったという由来はいまに引き継がれ、現在も「疫病除け」と祈願されています。

ちなみに、献灯まきわらには中央の竿に12張り、屋根の部分に365張りの提灯がつけられており、これは12ヶ月と365日を意味し、1年間の無病息災という祈りが込められているそうです。

熱田まつりの日程

6月5日

10:00
 本宮例祭神事

15:00
 南新宮社祭(旧熱海天王祭)

17:30~20:30
 献灯まきわら(提灯点灯)※雨天順延

19:20~20:20
 花火大会 ※雨天順延。翌日も雨天の場合は中止

詳細・最新情報は以下でご確認ください。

熱田神宮〜熱田まつり〜

熱田まつりの見所

見所は本宮で開催される「例祭」と夜に開催される「花火大会」です。

本宮の神事は皇室の安全と国家の安寧を祈願するもので、「宮司による祝詞の奏上」「勅使(天皇の使い)による御弊物(神様に捧げる進物)の奉納」「勅使による御祭文の奏上」がとりおこなわれます。

残念ながら一般の参拝者はこれら神事を見学することはできませんが、10:00頃から神事に参加する古式ゆかしい正装をした神主さんや勅使の方の行列を見ることができます。

「花火大会」は約1000発の花火が6月の夜空を彩ります。

名古屋ではそのシーズンの浴衣はじめは「熱田まつり」から、といわれているように、浴衣を着てでかけることがスタンダードです。

花火の打ち上げ場所となる神宮公園は立ち入り禁止となるので、堀川を挟んで向かい側の白鳥庭園が見学場所としておすすめです。

白鳥庭園:愛知県名古屋市熱田区熱田西町2−2−5

なお、花火は熱田神宮の境内からはほどんど見えないのでご注意ください!!

花火大会とスケジュール的に重なってしまうのですが、由来のところで述べた「献灯まきわら」も見所のひとつ。

その他、熱田神宮境内では終日、各種武道大会、演舞、熱田神楽や尾張新次郎太鼓、「棒の手」とよばれる日本武術を踊りにした伝統芸能など、各種武道や芸能の奉納が行われます。

アクセス方法

熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1

<アクセス>
電車
 名鉄本線「神宮前」駅下車 徒歩3分


 名古屋高速「呼続」「堀田」「白川」出口より

 ※祭り期間中、熱田神宮駐車場は利用できません。また周辺道路も交通規制が予定され大変混雑します。お越しの際は公共交通機関のご利用をおすすめします。

熱田神宮〜熱田まつり〜

まとめ

3つある神器のなかで天皇の武力を象徴してたという「草薙神剣」をお祀りしているからか、織田信長が桶狭間の合戦前に必勝祈願したり、史上初めて武家の政府を開いた源頼朝の母が宮司の娘さんだったなど、なにかと武に関する逸話の多い熱田神宮。

その昔、ほぼ毎週、仕事で名古屋におとずれていた時期があるのですが、ここいちばんのふんばりどころには熱田神宮にお参りしていました(わりとご武運ありましたよ)。

劣勢の信長を歴史的勝利に導いた...そんな由緒正しく、歴史的実証性を持ち(?)勝負事全般にご利益のある「勝守」、仕事に特化し「仕事で勝つ」だけでなく「仕事がみつかる」にもご加護がある「仕事お守り」や、女性を守れるような知恵と勇気を併せ持つ、古来のたくましい日本男子の「大和魂」を発揮できるように...祈願されたその名も「ますらお・男守り」(いずれのお守りも1000円非課税)といった、お守りを御札所でお授かり(購入)できます。

お祭り見学の際に、お買いあげ、もしくは買ってあげられる(進呈、もしくは与えて持たせる)というのはいかかでしょう。

記事下

記事下

-お祭り

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.