季節の行事 春の行事

旧暦5月・皐月の意味や読み方は?旬の花・食べ物やイベントは?

投稿日:

皐月

今回は「皐月」についてお話しします。

皐月は旧暦の5月のことを指します。

陽暦5月の別名であり、現代も五月と書いて「さつき」と呼ばれることもありますが、この由来とはどのようなものなのでしょうか?

また、異名や皐月の旬な食べ物、花などについても調べてみました。

旧暦5月・皐月の由来や異名

皐月

皐月(さつき)の意味と由来

まずは皐月の意味についてお話しします。

旧暦5月は田植えの時期にあたります。

稲の苗は田植えができる大きさになるまで苗床で育てた後、田んぼに植え替えますが、この田んぼに植え替えることを「早苗」と言います。

そのことから「早苗月(さなえづき)」と言われていますが、これが短く略されて「早月」となった説があります。

早月は五月の異名のひとつではありますが、皐月の『皐』の文字は「神に捧げる稲穂」という意味を持っているため「皐月」となったようです。

次に由来ですが、「さ」一文字で田植えや耕作を意味することから、単に「さ」をくっつけて「さつき」としただけという説や、旧暦の5月にさつきの花が咲くから皐月となったなどと、いろんな由来があると言われます。

皐月の異名とは?

5月は、皐月にはいろんな異名があります。

それぞれ意味も異なってきますので、ご紹介いたします。

月不見月(つきふみつき)・・・雨が多く降り、月が見えない時期をあらわしています。

菖蒲月(しょうぶつき)・・・菖蒲の花が咲く季節から菖蒲月と呼ばれます。

橘月(たちばなつき)・・・時期的に橘の花が咲く頃から、このように呼ばれます。

雨月(うげつ)・・・この時期には雨が多く降るため雨の月、雨月と呼ばれます。

仲夏(ちゅうか)・・・旧暦で、4月〜6月を夏となるため、夏の真ん中という意味からこう呼ばれます。ちなみに、1月〜3月は春、7月〜8月は秋、10月〜12月は冬となります。

五月雨月(さみだれ月)・・・田植えの頃に続く梅雨の様子を表します。

皐月の季語や時候

手紙

ここでは、5月の季語や時候のあいさつをどのように書けば良いのかを例文付きでご説明します。

手紙を書くときに、ぜひ参考にしてみてください。

季語

・晩春(ばんしゅん)・残春(ざんしゅん)・惜春(せきしゅん)・暮春(ぼしゅん)・老春(ろうしゅん)・藤花(投下)・薫風(くんぷう)・陽光(・葉桜(はざくら)・万緑(ばんりょく)・新緑(しんりょく)・青葉(あおば)・立夏(りっか)・若葉(わかば)・青葉(あおば)・梅夏(ばいか)・初夏(しょか)・向暑(こうしょ)・軽暑(けいしょ)・微暑(びしょ)

時候の挨拶

改まった手紙を書く場合

手紙の構成は、時候の挨拶の後に相手型の安否を尋ねる挨拶が続きます。

<時候の挨拶例>
・晩春の一時

・若葉の緑が目にしみる頃

・風薫る五月

・牡丹の花が咲き誇り

・青葉若葉の好季節

<時候の挨拶+安否の挨拶例文>
・晩春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・青葉若葉の好季節、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。

親しい人へ手紙を書く場合

<時候の挨拶例>
・初夏の風が清々しい今日この頃

・風薫る五月となりました

・青田を渡る風も心地よく

・若葉萌える好季節となりました

・吹く風も夏めいて

・牡丹の花が咲き誇り

<時候の挨拶+安否の挨拶例文>
・牡丹の花が咲き誇り、日中は汗ばむ季節となりました。皆さんお元気でいらっしゃいますか。

・若葉萌える好季節となりました。皆さんお変わりございませんか。

五月・皐月の行事・イベント

五月は「吹く風も夏めいて」と言いますね。

春から夏へと季節が移り変わる時期、そんな五月にはどのような行事があるでしょうか。

ゴールデンウィーク(憲法記念日・みどりの日・こどもの日)

carp-pattern

5月3日憲法記念日・4日みどりの日・5日こどもの日となっています。

毎年、ゴールデンウィークは日本全国喜ぶ連休といっていいほど旅行やショッピングにおお賑やかになります。

端午の節句・こどもの日(5月5日)

兜飾り

ゴールデンウィークでもご紹介しましたが、5月5日はこどもの日です。

鯉のぼりや兜などを飾ったり、地域によってはちまきや柏餅を食べたりします。

鯉のぼり
端午の節句の由来!兜や人形などの飾り・ちまきや柏餅などの食べ物の意味とは?

”こどもの日”は、GWを構成する最後の祝日となり、5月5日です。 もうGWも終わりかけで、あぁ〜もう休み終わりだぁ〜とテンション下がっちゃいますよねぇ〜。 子供たちも先生にたくさん出された宿題に追われ ...

続きを見る

鎧兜
端午の節句に兜や人形を飾るしきたりの意味や由来とは?飾る時期や飾り方は?

こどもの日(端午の節句)が近づいてくると、とりあえず押入れから出して飾り、終わればすぐ片づけていることと思います。 そういう風にするものだということで、みなさん鎧兜や五月人形を飾っていると思いますが、 ...

続きを見る

メイストームデー(5月13日)

別れ

初めて聞く方も多いかもしれません。

バレンタインデーから、88日目のこの日は「八十八夜の別れ霜」という言葉に由来し、別れ話をするのに適している日とされ、日本人が作った日のようです。

竹酔日(旧暦の5月13日)

旧暦の5月13日は、竹が酔っていて移植に気づかないという理由から竹を移植する最適な日とされています。

母の日(第二日曜日)

母の日

1年に一度の母に感謝をする大切な日です。

カーネーションやプレゼント、感謝の言葉などを日頃のありがとうを込めてお母さんに送ります。

母の日
母の日とは?2019年はいつ?由来や意味は?日本の母の日の起源は?

”母の日”と言えば、時期が近付くとお店ではお母さんが喜びそうなプレゼントが並び、何となく赤いカーネーションが並べられていて…とりあえず、お母さんに感謝すればいい日、そんな風になんとなく思っていませんか ...

続きを見る

五月・皐月のお花

次に、五月といえばこのお花!

あなたはいくつ知っていますか?

初夏の5月にはこのような花が楽しませてくれます。

あやめ

あやめ

濃い紫色をしたあやめは、剣の形をした葉がきれいに並んでいることから、文目あやめ(筋道のこと)と名がついたそうです。

菖蒲
菖蒲湯の作り方と効能は?かきつばたとあやめとしょうぶの違いは?

”端午の節句”には菖蒲湯に入るというのは有名かと思います。 ゴールデンウィークに温泉などに行くと、だいたい菖蒲湯が準備されていますね。 しかし、なぜ、”こどもの日”に菖蒲湯に入るのでしょう? 本日は、 ...

続きを見る

浜昼顔

浜昼顔

砂浜で朝顔のようなお花を見かけたことはありませんか?

それが浜昼顔です。

暖かくなってくると砂浜に咲き、海辺を散歩しているときなどに見かけると、もうすぐ夏がやってくるのだなと思ったりします。

水芭蕉

水芭蕉

「水芭蕉は白い花」と思われがちですが、実は花ではなく中心にある黄色いところが花です。

ツツジ・サツキ・アザレア

ツツジ科のツツジ・サツキ・アザレアは色鮮やかで印象的なお花で、日本全国で生け垣などとしてよく使われている花木です。

ツツジ

ツツジ

サツキ

サツキ

アザレア

アゼリア

咲き方に違いがあり、ツツジとアザレアは花が一斉に咲きますが、サツキは1週間ほどかけ順々に咲きます。

五月・皐月の食べ物

5月の代表的な食べ物としては、端午の節句こどもの日に食べられる、ちまきや柏餅が有名ですがこの他にも旬な食べ物があります。

鰹

3月〜5月は初鰹の時期です。

初鰹は脂がほとんど乗っていないため、薬味やポン酢などで味を付けて食べる鰹たたきが適しているようです。

一方、戻り鰹はしっかり脂が乗っていますので、わさび醤油で味付けをする刺身が適しています

春キャベツ

キャベツ

春キャベツは、冬キャベツより巻きが緩いのが特徴です。

葉が柔らかいことを生かし、サラダに向いています。

タケノコ

タケノコ

タケノコが比較的安価で美味しい旬の時期が5月なのです。

地面に出るか出ないかのところを収穫しますので時間勝負な食べ物です。

ちまき

Timaki

こどもの日端午の節句に食べる縁起の良いものとされており、もともと中国で作られていたものが日本に伝わったとされています。

もち米をチガヤの葉で包み蒸したもの。

チガヤは中国では邪気払いの植物とされていることから、こどもの日に子供の健康と成長を願って食べられています。

柏餅

柏餅

柏餅もちまきと同様、こどもの日端午の節句に食べられるもので、江戸時代からの習慣ととても古い歴史を持っています。

柏の葉で餅を巻いたもので、この柏の葉は新芽が出るまで葉が落ちないということから「家系が絶えない」という子孫繁栄の願いが込められています。

主に、関東地方を中心に端午の節句に食べる習慣があります。

柏餅
端午の節句の食べ物・行事食といえば?ちまきや柏餅だけじゃない?

”端午の節句”と言えば何を食べますか? 正解は柏餅ですね! 私も大好きです。 断然、こしあん派ですけどね(笑) もう1つはちまきです。 なぜ、”端午の節句”には、柏餅やちまきを食べることになったのでし ...

続きを見る

まとめ

皐月・五月には田植えとの関係があること、また、五月の季語や挨拶の書き方などもとても綺麗なものばかりでした。

行事は、有名なゴールデンウィーク、母の日の他にあまり知られていないメイストームデーなど、日本独自の面白い行事もあります。

そんな5月(皐月)、秋に収穫を迎える稲がすくすくと成長していきますようにと願いつつ、連休も思う存分楽しんでください。

記事下

記事下

-季節の行事, 春の行事

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.