冬の行事 夏の行事 季節の行事 春の行事 秋の行事

【2019年】二十四節気と七十二候とは?読み方や日にち一覧!

更新日:

mt-huji

二十四節気と七十二候という暦を知っていますか?

二十四節気は1年を24等分にしたもので、七十二候は二十四節気をさらに約5日ずつの3つの季節に分け、1年を72等分にした期間のことを言います。

今回は、この七十二候についてどのようなものなのか、2019年の七十二候と踏まえて説明していきます。

二十四節気と七十二候

桜

二十四節気は、半月ごとの季節の変化を示しますが、七十二候はこれをさらに5日ずつ3つの期間(初候次候末候)に分け、気象の動きや動植物の微妙な変化から季節を感じ取る・知らせるもので、古代中国で作られました。

二十四節気は、古代からそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更が重ねられており、日本に伝わってからは日本の気候に合わせた内容となりました。

現在使われているのは、明治時代に改定された「略本暦」です。

ちなみに、『気候』という言葉は、節気と候から来ています。

七十二候は、気候の変化や動植物の様子から表されており、私たちの暮らしでは目にする機会は多くはありませんが、大体はその時期の兆しを伝え、季節の移ろいを感じさせます。

春夏秋冬で分けて説明します。

なお、二十四節気については、こちらに詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

惑星
【2019年】二十四節季とは?読み方や日にち一覧!覚え方も!

皆さんは、季節が太陽の動きに関係していることをご存知でしょうか。 春夏秋冬のように季節が分けられますが、これをさらに細かく分類したものが二十四節気です。 太陽の動きをもとに、二十四節気が暦に導入されま ...

続きを見る

春

二十四節気/立春

初候

・東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日・・・春の風が川などの氷を解かし始める時期で、東風は春風を表している。

次候

・黄鶯睍睆(うぐいすなく)2月9日・・・山郷で鶯が鳴き始める頃で、春の訪れを告げる鶯は春告鳥と呼ばれている。

末候

・魚上氷(うおこおりをいずる)2月14日・・・割れた氷の間から魚が飛び出す

二十四節気/雨水

初候

・土脉潤起(つちのしょううるおいこおる)2月19日・・・雪がしっとりとした春の雨に変わる。そして大地が潤い始める。

次候

・霞始靆(かすみはじめてたなびく)2月24日・・・春霞がたなびき始め、春の霞んだ月を朧月と呼ぶ。

末候

・草木萌動(そうもくめばえいずる)3月1日・・・草木が芽吹きはじめる時期。

二十四節気/啓蟄

初候

・蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)3月6日・・・冬ごもりの虫が出てくる頃。

次候

・桃始笑(ももはじめてさく)3月11日・・・桃の花が咲き始める時期。

末候

・菜虫化蝶(なむしちょうとなる)3月16日・・・青虫が羽化し紋白蝶になる。

二十四節気/春分

初候

・雀初巣(すずめはじめてすくう)3月21日・・・雀が巣を構え始める。

次候

・桜始開(さくらはじめてさく)3月26日・・・桜の花が咲き始める頃。

末候

・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)3月31日・・・遠くで雷の音が聞こえ始める。

二十四節気/清明

初候

・玄鳥至(つばめきたる)4月5日・・・ツバメが南の方から渡って来る頃。

次候

・鴻雁北(こうがんかえる)4月10日・・・雁が来た方向へ帰っていく頃。

末候

・虹始見(にじはじめてあらわれる)4月15日・・・雨上がりに虹が見え始める頃で、淡く消えやすい春の虹もくっきりして来る。

二十四節気/穀雨

初候

・葭始生(あしはじめてしょうず)4月20日・・・水辺の葭が芽吹き始める。

次候

・霜止出苗(しもやみてなえいずる)4月25日・・・霜が降らなくなって苗代で稲の苗が成長する時期。

末候

・牡丹花(ぼたんはなさく)4月30日・・・牡丹が大きな花を咲かせ、豪華で艶やかな牡丹を見ることができる。

sun-flower

二十四節気/立夏

初候

・蛙始鳴(かわずはじめてなく)5月5日・・・蛙が鳴き始める頃で、水田の中を泳ぎ活発に動き始める。

次候

・蚯蚓出(みみずいずる)5月10日・・・みみずが地上に出て来る頃で畑土をほぐしてくれる。

末候

・竹笋生(たけのこしょうず)5月15日・・・竹の子が出て来る時期で、たけのこの成長はとても早く一晩で一節伸びると言われている。

【2019年】立夏とは?意味や読み方は?旬の食べ物や見頃の花は?

皆さんもお分かりかと思いますが、暦の上で夏を告げる日、「立夏」ですが、どのような由来があるかご存知ですか? また、日本には季節ごとに様々な行事がありますね。 立夏には古く昔から伝わる行事などはあるので ...

続きを見る

二十四節気/小満

初候

・蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)5月21日・・・かいこが桑の葉を食べだす頃。

次候

・紅花栄(べにばなさかう)5月26日・・・紅花の花が咲き誇る頃。

末候

・麦秋至(むぎのときいたる)5月31日・・・麦の穂が実り始める頃。

野ウサギ
【2019年】小満とは?意味や読み方は?旬の食べ物や見頃の花は?

「小満」と聞いても、なんのこと?と思う方は多いかと思います。 または、暦で見かけたことある!という方もいらっしゃるでしょうか。 二十四節気のひとつ、立夏が終わり、この小満が来ます。 今回は、この「小満 ...

続きを見る

二十四節気/芒種

初候

・蟷螂生(かまきりしょうず)6月5日・・・かまきりが卵からかえる頃で、ピンポン玉ほどの卵から数百匹の子が誕生する。

次候

・腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)6月10日・・・草の中から蛍が舞い、光を放ち始める。昔は腐った草が蛍になると考えられていた。

末候

・梅子黄(うめのみきばむ)6月15日・・・うめのみが黄ばんで熟して来る頃。

二十四節気/夏至

初候

・乃東枯(なつかれくさかるる)6月21日・・・夏枯れ草の花が黒ずんで枯れたように見える時期に入る。

次候

・菖蒲華(あやめはなさく)6月27日・・・あやめの花が咲きだす頃。

末候

・半夏生(はんげしょうず)7月2日・・・半夏が生え始める頃で、田植えを終える目安になっていた。

二十四節気/小暑

初候

・温風至(あつかぜいたる)7月7日・・・暖かい風が吹いて来る頃。

次候

・蓮始開(はすはじめてひらく)7月13日・・・蓮の花が咲き始める時期。

末候

・鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)7月18日・・・鷹の子供が飛ぶ技を覚え、巣立つ時
期。

二十四節気/大暑

初候

・桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)7月23日・・・桐の花が身を結び始める頃。

次候

・土潤溽暑(つちうるおうてむしあつい)7月28日・・・土が湿り、蒸し暑くなる。

末候

・大雨時行(たいうときどきにふる)8月2日・・・時々大雨が降る頃で入道曇が夕立になり乾いた土を潤す。

秋

二十四節気/立秋

初候

・涼風至(すずかぜいたる)8月8日・・・涼しい風が吹き始める頃。

次候

・寒蝉鳴(ひぐらしなく)8月13日・・・甲高くひぐらしが鳴き始める頃。

末候

・蒙霧升降(ふかききりまとう)8月17日・・・深い霧がまとわりつくよう立ち込める頃。

二十四節気/処暑

初候

・綿柎開(わたのはなしべひらく)8月23日・・・綿を包むガクが開き始め白いフワフワがのぞく。

次候

・天地始粛(てんちはじめてさむし)8月28日・・・暑さがようやくおさまる時期。

末候

・禾乃登(こくものすなわちみのる)9月3日・・・稲が実り、穂を垂らす頃で禾は稲穂が実ったところを表現。

二十四節気/白露

初候

・草露白(くさのつゆ白し)9月8日・・・草に降りた露が白く光って見える頃で、朝と夕方の涼しさが際立って来る。

次候

・鶺鴒鳴(せきれいなく)9月13日・・・鶺鴒が鳴き始める。

末候

・玄鳥去(つばめさる)9月18日・・・ツバメが子育てを終え南の方へと帰っていく時期。

二十四節気/秋分

初候

・雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)9月23日・・・雷がなり響かなくなる。

次候

・蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)9月28日・・・虫たちが土に潜って入り口の戸をふさぐ。

末候

・水始涸(みずはじめてかるる)10月3日・・・田んぼの水を抜いて稲刈りの準備をする時期。

二十四節気/寒露

初候

・鴻雁来(こうがんきたる)10月8日・・・雁が飛来し始める時期。

次候

・菊花開(きくのはなひらく)10月14日・・・菊の花が咲く時期。

末候

・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10月19日・・・戸口で秋の虫が鳴く頃。昔はこおろぎを、きりぎりすと呼んでいた。

二十四節気/霜降

初候

・霜始降花(しもはじめてふる)10月24日・・・山里に霜が降り始める頃で、草木や作物な戸を枯らす霜を警戒。

次候

・霎時施(こさめときどきふる)10月28日・・・時々小雨が降る頃でひと雨ごとに気温も下がる。

末候

・楓蔦黄(もみじつたきばむ)11月3日・・・楓や蔦の葉が色づき、山々は赤や黄に彩られる。

冬

二十四節気/立冬

初候

・山茶始会(つばきはじめてひらく)11月8日・・・山茶花の花が咲き始める時期。

次候

・地始凍(地はじめてこおる)11月13日・・・大地が凍り始めるころ。

末候

・金盞香(きんせんかさく)11月18日・・・水仙が咲き、芳香を放つ頃。

二十四節気/小雪

初候

・虹蔵不見(にじかくれてみえず)11月22日・・・虹を見かけなくなる。

次候

・朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)11月27日・・・朔風は北風という意味を持ち、きたか
ぜが木の葉を吹き払う頃という意味。

末候

・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)12月2日・・・橘の実が黄色くなり始める頃。

二十四節気/大雪

初候

・閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)12月7日・・・空が閉ざされ真冬になり、重苦しい冬空が広がる。

次候

・熊蟄穴(くまあなにこもる)12月12日・・・熊が穴に入り冬ごもりする時期。

末候

・鱖魚群(さけのうおむらがる)12月17日・・・川で生まれた鮭が海を回避し群がり、川をのぼる時期。

二十四節気/冬至

初候

・乃東生(なつかれくさしょうず)12月22日・・・夏枯れ草が芽を出すころ。

次候

麋角解(さわしかのつのおつる)12月27日・・・鹿の角が落ちる頃。麋は大鹿のこと。

末候

・雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)1月1日・・・雪の下で麦が芽を出す。

二十四節気/小寒

初候

・芹乃栄(せりすなわちさかう)1月6日・・・本格的にさむくなる時期。

次候

・水泉動(しみずあたたかをふくむ)1月10日・・・地中で凍った泉が動き始める。

末候

・雉始雊(きじはじめてなく)1月15日・・・雉が鳴き始める頃、雄が高い声で求愛をする。

二十四節気/大寒

初候

・款冬華(ふきのはなさく)1月20日・・・雪の下から蕗の薹が顔を出す時期。

次候

・水沢腹堅(さわみずこおりつめる)1月25日・・・沢に氷が厚く張り詰める。

末候

・鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)1月30日・・・鶏が鳥屋に入り卵を産み始める頃で、本来は冬は産卵せず春が近づくと卵を産んだ。

まとめ

中国から伝わった七十二候は、農事暦であり季節の移り変わりを示すものであるとわかりました。

ただ、春夏秋冬と一言では言い表せられないほどに季節美を感じませんか?

二十四節気や七十二候を理解した上で日常を過ごすと、農業などに携わっていない方達もこれまで以上に季節感を感じ取れるかもしれません。

記事下

記事下

-冬の行事, 夏の行事, 季節の行事, 春の行事, 秋の行事

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.