春の花

ラベンダーの花言葉(英語版も)と種類を画像付きで詳しく解説!

投稿日:

ラベンダーは地中海原産の低木です。

切り花や鉢植え、地植えにも向いています。

紫色の美しい花と、甘くエレガントな芳香が特徴です。

またラベンダーからはエッセンシャルオイルが抽出でき、ハーブティーやお菓子の香りづけなどに利用されてきました。

今回はそのラベンダーの花言葉をご紹介します。

ラベンダーの英語名や和名などの基本情報

ラベンダーのお花とは?

ラベンダーは5~7月に開花する美しい花で、フランスやオーストラリアなどで生産されています。

日本国内では北海道富良野のラベンダー畑を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

学名はシソ科ラベンダー属(Lavandula angustifolia)です。

シソをはじめミント、バジル、オレガノなどが同じシソ科です。

ラベンダーはこれらハーブの仲間なのですね。ラベンダーは英名・和名ともにLavender(ラベンダー)です。

ラベンダーの原産地は地中海沿岸や北アフリカで後に欧州に伝わり様々な品種改良が行われました。

また古代エジプトではミイラ作成や香水を作るために用いていたことが約2,500年前の記録に残っていると言われます。

ラベンダーの語源はラテン語のlavareやlavo「洗う」が由来だと考えられてますが、定かではありません。

しかしとても古い時代からラベンダーが人と歩みを共にしてきたことは確かです。

昔の人々はラベンダーの効能を知り、生活に取り入れていたのですね。

ラベンダーの花にはどのような言葉があるのでしょうか。

ラベンダーの花言葉

ラベンダーの基本情報をお伝えしましたので、花言葉もご紹介しますね。

あなたを待っています

期待

清潔

優美

疑惑

素敵な言葉とネガティブな言葉が同居しています。

大切な人への気持ちを伝える時に花に託して花言葉を伝えたことを考え合わせると、様々なニュアンスの言葉が花に割り当てられたことは自然なことかも知れません。

とても大切な方やご家族、親友のお誕生日やお祝い事にラベンダーを贈ってみてはいかがでしょうか。

フラワーギフトとして贈る時にはメッセージカードや言葉で、贈る気持ちを伝えることが大切です。

西洋ではラベンダーにはどのような意味があるのでしょうか。

西洋でのラベンダーの意味

西洋ではラベンダーのお花にはどのような意味があるのかみていきましょう。

devotion献身

silence  「沈黙

distrust疑惑

良いイメージの「献身」ニュートラルな「沈黙」意味深な「疑惑」という花言葉があります。

花言葉は欧州で徐々に広がり、19世紀にパリで「Le Langage des Fleurs」(花言葉)という本が出版され、主に上流階級の女性の間で人気を博しました。

人の心の複雑さを考えると1つのお花にいろいろ人がいろいろな感情を込めた花言葉をつけたのは自然なことかも知れません。

ラベンダーの種類

ラベンダーにはたくさん種類があります。

見た目や開花期、香りの有無や暑さ寒さの耐性など特徴などから5つのグループがあります。

そのうち代表的な3種類をご紹介します。

イングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)

イングリッシュラベンダーはコモンラベンダーとも言われ、乾燥した気候を好み5~7月に開花します。

観賞用の鉢植えの他、爽やかで良い香りがするためポプリなどに加工されます。

北海道富良野地方で栽培されている種類のラベンダーです。

早咲きの「濃紫(のうし)3号」やポプリになる遅咲きの「おかむらさき」などが有名です。

その他の品種には「ヒドコート」「ナナアルバ」などがあります。

フレンチラベンダー(ストエカス系)

フレンチラベンダーは樹高が30~60cm、苞(葉が蕾を覆うように変態した部分)が兎の耳に似た可愛いラベンダーで、ローズマリーに似た香りがします

耐暑性がありますから日本の風土にもフィットし、折れにくく切り花としても流通しています。

品種は「ヘルムズデール」「マーシュウッド」などがあります。

レースラベンダー(プロテストエカス系)

レースラベンダーは5~8月に開花し、葉に深い切れ込みがありファーンラベンダー(Fern lavender)とも言います。

Fernとはシダという意味で繊細な葉が特徴です。

葉の表裏に細かく長い毛が生え、背丈が100cmほどに成長します。

鉢植え地植え共に楽しめます。

品種として「ティンカーベル」「オリガノ」などがあります。

このほか花穂が大きく見応えがあり大きく茂る「ラバンディン系」と大型タイプで花期が長く優しい香りの「デンタータ系」があります。

まとめ

ラベンダーの花言葉をご紹介しました。

ラベンダーは何千年も前から栽培されていて、その姿を愛でたり、香りやエッセンシャルオイルとして活用されてきました。

美しく、香りの良い優れもののお花だったのですね。

ラベンダーの花言葉に託して、フラワーギフトを大切な方に贈ってみてはいかがでしょうか。

日本では気候が各地で異なります。

種類の豊富なラベンダーの中から、土地の気候にあったラベンダーを選んで栽培を楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっとラベンダーで心癒される時間となるでしょう。

記事下

記事下

-春の花,

Copyright© zelogos , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.